▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

M男なら誰もが気になる女王様からされるかもと考えるハードプレイとは?

SMを楽しむための情報

SMといえばかつては人知れずこっそり楽しむプレイでしたが、今では誰もが当たり前のように楽しめるプレイにまで市民権を得ました。
それに伴い今まで一括りにされていたSMはソフトSMやハードSM、フェチプレイなど、その度合いや内容によって細分化されるように。

そこで気になるのが、どこまでがソフトプレイでどこからがハードプレイか、という事。

自分はM男だと自覚しているものの、ソフト寄りのMなのか、ハード寄りのMなのか、線引きが難しいと感じる男性も少なくないと思います。
中には自分ではハードプレイが好きなタイプだと思って経験豊富な女王様と出会ってみたけれど、女王様の求めるハードプレイのハードルが高すぎた、なんて人もいるかもしれません。

今回は200人のM男性に“貴方の考えるハードプレイとは?”というテーマでアンケートを取り、その結果をまとめてみました。そこから見えてきたハードプレイの定義や内容にご注目ください!

ハードプレイというとどんなイメージ?

Sexy blonde woman in underwear bite whip

まず、世のM男性達はハードプレイに対してどのようなイメージがあるのかについて聞いてみたのでランキング形式で紹介したいと思います。

第1位:耐えがたい苦痛を伴う

『痛い=ハードプレイというイメージがあります』

『ソフトプレイというと気持ちよさだけ味わうイメージなので、その虐で苦痛を味わうプレイはハードだと思います』

ハードプレイに対するイメージを聞いたところ、最も多かった意見が“苦痛を伴う”というものでした。
特に肉体的苦痛を挙げる男性が多く、体に何かしらのダメージを与えるものはハードプレイだと捉えられているようです。

第2位:技術がないと出来ない

『ソフトプレイは誰でも簡単に出来るイメージだけどハードプレイは技術がある人でないと出来ないという印象がある』

『ハードプレイは高度なテクニックを要するプレイだと思います』

次に多かった意見は技術が必要というもの。誰でも簡単に出来るものではなく、たくさん経験を積んだ人達だけが行えるもの、という認識があるのかもしれませんね。

第3位:調教の痕跡が長期間残る

『SM調教に痕が残るのは珍しくはないけれど大抵は数日で消えてしまう。長期間消えない痕が残るのはハードプレイだと思う』

『一生モノの傷が残ったらそれはもうハードプレイ』

SM調教において何かしらの痕が残るのはよくある事ですが、体に強い負荷を与えれば与えるほど痕は長く残るようになります。
それだけに長きにわたって残るような痕となるとハードプレイだと認識する人が多くなるようです。

第4位:リスキー

『SMプレイで病院送りになった人の話を聞いた事があるけれど、かなりのハードプレイだなと感じました』

『ハードプレイというと危険と隣り合わせなイメージがあるので病院沙汰、警察沙汰になりかねない』

SMプレイではスリルを楽しむという人も少なくありません。そしてそれが度を超してしまうと思わぬアクシデントに繋がる事も。
それだけにリスキーなプレイになるとハードプレイだと判断する男性が多いようですね。

第5位:ノーマルな第三者が見て不快に感じる

『ハードプレイというとグロテスクなものが多いイメージなのでSMに大して興味のない人から見て不快に感じるようなプレイがハードプレイになると思います』

『ハードプレイはほとんどの人には受け入れられるものではないので、普通の人の多数が見るだけでも拒否反応を示すようなプレイはハードプレイになるんじゃないかなと考えます』

今や市民権を得ているSMといってもそれは表面的なものであり、普通の人は見るだけで嫌悪感を感じるものこそが本当のSMだという意見も少なくありませんでした。
それゆえに一般人に受け入れられるかどうかがハードプレイか否かの境界線になるのでは、と考えられるのかもしれません。

ハードプレイに対するイメージを第5位まで紹介しましたがどれも頷ける意見ばかりでした。
それだけにこれらは全てハードプレイの定義と言えるかもしれませんね。

ハードプレイと聞いて思い浮かべるプレイは?

pn064_210115_002

M男性によるハードプレイのイメージについて紹介しました。では、実際にハードプレイと位置づけられるプレイにはどのようなものがあるのか。

続いては“ハードプレイと聞いて思い浮かべるプレイは?”というアンケート結果を基に、先で紹介したランキングによるハードプレイのイメージに沿ったものをピックアップして紹介したいと思います。

鞭責め

『ハードプレイと聞いて一番に思い浮かべたのは鞭責めです。SMの女王様と言えば鞭を片手にM男を虐げているイメージがあります。自分はSかMで言うとM寄りかなって思いますが、エロいお姉さんに気持ちいい事をされたいタイプのMなので、鞭を持った女王様に調教をお願いするのはちょっと痛そうで怖いです』

『ハードプレイというと乗馬鞭、もしくは一本鞭を用いてのウィッピングプレイだと思います。僕自身が好きだというのもありますが、痛みは強烈なのに何度も打たれ続けると徐々に高揚感を得られ恍惚状態に。ここまでに達する過程が快感です。そんな僕にとっては痛みをほとんど感じないバラ鞭やラケットを用いてのウィッピングはソフトプレイです。やっぱり強烈な痛みがあり、なおかつ皮膚を裂く鞭痕が残るようなウィッピングこそがハードプレイだと思います』

ハードプレイと聞いて鞭責めを連想するM男性は多くいました。女王様=鞭を持っているというイメージが強いせいかもしれませんね。
けれど経験者にとっては鞭は鞭でも乗馬鞭や一本鞭を用いての鞭責めでなければハードプレイにはならないよう。
痛みを伴い、なおかつ傷として残るような鞭痕が刻まれてこそハードプレイと言えるもののようです。

金蹴り・玉潰し

『怖いもの見たさでつい金蹴り動画を見てしまうけれど何度見ても痛そう。金蹴りされているM男が苦悶の表情を浮かべながら耐えているM男を見て思わず自分も顔をしかめてしまう。特にM男が痛がるのを心配する様子もなく、何度も連続して金蹴りするのは完全にハードプレイの部類』

『男の象徴でもあるチンコや金玉を蹴られたり、ハンマーや万力で潰されたりして使い物にならない程嬲られるというのはハードプレイ以外の何物でもありません。まず、シンプルに痛いし恐怖しかありません。なおかつ嬲られ方によっては再起不能になる可能性だってあります』

ハードプレイに金蹴りや玉潰しを挙げたM男性も多数いました。
M男性の声にもあった通り、チンコや金玉は男性の象徴でもあるのでこれらを痛めつけられる行為は肉体的だけでなく精神的にも苦痛を強いられるもの。下手をすれば一生使い物にならなくなる可能性もあるだけに、ハードプレイだと捉える人が多いのかもしれません。
これに似たプレイでチンコや金玉を切除する去勢プレイを挙げたM男性も数名いましたが強制的に男性の機能を奪ってしまうわけですからハード中のハードプレイだと言えそうですね。

ニードルプレイ

『針を乳首やチンポに刺すプレイってありますよね。こういうのがハードプレイって言うのだと思います。針なんか刺したら流血間違いなしだし、針を貫通させたら傷だって長く残ってしまいます。ニードルプレイからのピアッシングなら一生の調教痕にもなりえるだけに、それなりの覚悟も必要なんじゃないでしょうか』

『針を皮膚に刺すという行為が痛々しい。僕は痛いプレイは嫌いなタイプのMなのでそういう内容のDVDを見てしまうと、気持ち悪くなってしまう』

皮膚に針を刺す、と聞いただけでも思わず身震いしてしまう人も多いはずです。ですがそういった行為に歓びや興奮を覚え、乳首やチンコを針で貫いて欲しいと懇願するM男性が少なからず存在する事も確か。
苦痛を伴う、そしてグロテスクで第三者に不快感を与えてしまうというハードプレイの定義を満たしているだけにニードルプレイはハードプレイだと言わざるを得ないでしょう。

吊り緊縛

『その辺にある紐で手足を簡単に縛るくらいなら誰でもできるのでソフトプレイだと思うけれど、吊りを含めた本格的な緊縛はちゃんと練習を積んだ経験豊富な女王様にしか頼めないしハードプレイだと思う』

『ハードプレイで思い浮かべるプレイとなると吊りですね。SMといえば緊縛は代表的なプレイですが、その中でも吊りは下手をしたら大事な血管や筋を痛めて病院のお世話になりかねないプレイです。それだけに知識と技術が必要ですし、おいそれと気軽に行ってはいけないプレイだとも考えます』

SMの定番プレイと言えば緊縛ですが吊り緊縛はハードプレイだと考えるM男性はたくさんいるようです。
やはり一歩間違えば危険を伴う行為なだけに知識と技術を兼ね備えた女王様にお願いするべきもの。そういった点がハードプレイだと捉えられる理由だと言えるでしょう。

アナルフィスト

『前立腺開発だけならソフトプレイ。でもアナルフィストとなるとハードプレイかな。フィストが出来るまで拡張したらもう元のアナルには戻せないし、一生ゆるゆるアナルで生きていかないといけないから。僕はアナルプレイが好きなので普通サイズのバイブでオナニーはするけれどフィストとなるとハードルが高すぎてできません』

『アナルで気持ちよくなりたいからアナルオナニーくらいなら誰でも気軽にできるけど、アナルフィストとなるとそうはいきません。何年もの年月をかけて拡張しなくてはならず、時には流血も伴います。それでも拡張したい、拳まで入れたいというその根性も含めてハードプレイではないかなと感じました』

アナルフィストは正しい知識をもってすればさほど苦痛は伴いませんが、拳が入るまで拡張してしまうとそう簡単には元に戻りません。長期間調教の痕跡が残るという意味では充分にハードプレイだと言えそうです。
特にアナルプレイが好きなM男性を中心にハードなプレイとしてアナルフィストを挙げる人が多かったように見受けられます。

全裸散歩

『ちょっとチンコを出す程度ならすぐに隠して逃げると事もできるけど、全裸となると勇気も覚悟も必要になる。当然リスクも高くなるのでハードプレイに認定。俺としては一度はやってみたいけれど、捕まるリスクを考えるとちょっと出来そうにない』

『昔全裸散歩をした事があります。全裸で散歩といっても自分から志願したんじゃなくて、女王様の命令に絶対服従しなければならないという背景があっての事でした。その時はもう、誰かに見つかったら…通報されたら…という恐怖でいっぱいでした。肉体的な痛みのようなものはなかったですが、精神的にはかなり苦痛でした』

露出では誰かに見つかるかもしれないというスリルを楽しむというM男性も少なくありません。
そんな男性達にとって全裸散歩はかなり大胆で、警察沙汰になるというリスクも高まる事からハードプレイだと認識されているようです。
ちなみにほぼ確実に人が来ないであろう山中などでの全裸露出はただの変態プレイ。ある程度人気がありそうな場所で行う全裸散歩こそがハードプレイだという位置づけをしているM男性が多いようでした。

スカトロプレイ

『ウンコ塗れになったり食べたりするなんて一般的な常識では考えられないハードプレイ。聖水を飲ませてもらうのは好きだけどウンコはやっぱり無理』

『見た目からハードプレイですね、スカトロは。排泄物を食べたり塗ったりする行為に快感を覚えるなんてやっぱりまともじゃないと思います。でもそんな動画を見て憧れる自分もいるので、僕はハードプレイに足を踏み入れきれないソフトMなのかもしれません』

大便を体に塗りつけたり食べたりする行為は常人では考えられません。見るだけでも不快に感じる人はたくさんいるでしょう。
そんなスカトロプレイは文句なしのハードプレイです。
スカトロプレイは出来ないけれど聖水プレイは好き、というM男性は多いだけに、同じ排泄物を体に浴びたり口にしたりするプレイでもこちらはソフトプレイと考える人が多いように感じられました。

貴方はソフト派?ハード派?自分を見つめて女王様へアピールを!

M男性が考えるハードプレイについてまとめてみました。
自分がソフト派なのかハード派なのか迷っていた人もある程度の指標となったのではないでしょうか。

もしかすると今回の記事を読んで自分はソフトプレイ嗜好のM男性みたいだから未熟だと思われてS女性に相手にされないのではないか、なんて思う人もいるかもしれませんが、女王様やS女性だってソフトプレイが好きな人はたくさんいるので心配ありません。

ソフト嗜好かハード嗜好か、自分のレベルを見つめてそれに合った女王様やS女性を見つける事が理想の女性と出会える近道です!

Posted by mazotown