緊縛しやすい体作り!柔軟体操ストレッチで様々な羞恥ポーズを楽しもう!

緊縛拘束プレイで様々な姿勢、体制をとって丸見えのエッチなポーズだけでなく通常だとあんまりしないような姿勢でプレイでハードな緊縛プレイを楽しみたい!もっと刺激的に楽しみたいので新しいポーズに挑戦したい!

というような野望欲望をかなえるべく緊縛しやすい体作りを目指す柔軟体操について解説していこうと思います。

そもそも柔軟ってどういうこと?

SMプレイをする事とあまり関係がなさそうな柔軟性についてですが柔軟な体を作るために軽く知識として知っておいてもらってもいいでしょう。普段一人エッチはしてもストレッチはしない、なんて人も多いでしょうし。

柔軟性、柔軟な体については実際には2種類あり、ゆっくりと体を伸ばして姿勢を変えていく静的柔軟性、そして動きの中で大きな動き、幅広い動きのできる動的柔軟性です。

動的柔軟性はいわゆるバレエダンサーのような激しい動きの中で大きく関節を動かせることなので今回はポーズ的に体を大きく変化させられる静的柔軟性のほうを重視して、柔らかくて無茶なポーズでも問題ない体を作っていきたいと思います。

緊縛しやすくなる柔軟体操

さて、実際に柔軟体操を行い関節・体を柔らかくしていきたいと思います。

それぞれ紹介するものを1日2回、1つにつき3~5分ほど行ってください。1回にたくさんの時間をやっても逆効果です。別にそれですぐに柔軟性が得られるわけではなくむしろ体を痛めてしまいます。そして必ず継続して行ってください。やはり続けないと柔軟性が得られません。せっかく目的があるんですから頑張って続けていきましょう。今までできなかったポーズがだんだんできそうなところまで体が動くようになるとプレイが楽しみになってくると思います。

股関節の柔軟体操ストレッチ

やっぱりまずは股関節、足が大きく開くようになればそれだけで羞恥ポーズもできますから股関節のストレッチは欠かせません。

股関節の柔軟体操ストレッチには下記のようなものがあります。

・【片足前屈】…あぐらをかいて床に座り、膝を曲げないようにして右足を斜め前方につきだします。両手を太ももに添えゆっくりと上体を倒していき、両手も前方へとスライドさせていきます。限界まで伸ばしたら3秒キープし、ゆっくりと元の状態に戻します。これを5回繰り返し、逆側も同じように行います。

・【あぐらストレッチ】…床に座ってあぐらをかくように足裏同士を合わせます。このときつま先が持てる人は両手で包むように持ちましょう。持てない人は膝の上に腕を置いておきます。そうしたら自然に呼吸をしながら膝を軽く上下に揺らします。振れ幅は10cm程度で痛みを感じない程度に揺らしていきましょう。約30秒間揺らします。次に腰をまっすぐに立たせるようにしっかりと背筋を伸ばします。その状態をキープしながら上半身を前に倒します。無理をせずに自分の倒せるところまで前傾したら、その状態で約10秒間保ちます。

呼吸を止めないように注意して行うようにしてください。息をゆっくりと吐き出しながら脱力します。背中を丸めてお腹をのぞき込むような姿勢になるように意識してください。しっかり脱力したら最初の姿勢に戻ります。これを5回繰り返してください。

・【大殿筋ストレッチ】…仰向けに寝て左足首を右脚の太ももにのせます。その状態のまま右脚の太ももを両手で抱えて持ちます。ゆっくりと息を吐き出しながら脚の太ももを体のほうへ引き寄せていきます。引き寄せた状態で約20秒間キープします。このときも呼吸は止めないように注意しましょう。4までを脚を入れ替えて同じように繰り返します。左右交互に5セット繰り返します。もしお尻が痛い場合は無理せずそこで止めてください。

・【ゴロゴロ体操】…仰向けになって両足をガニ股に開き足首をつかみます。そのまま前後にゆっくりと10回体を揺らします。次に左右に同じようにゆっくりと体を10回ゆらします。この動作を1分程度行うと効果的です。

TVで紹介されたものなのでご存知の方もいるでしょうがこちらも股関節のストレッチに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA