女王様に性欲はあるのか?という疑問から分かること

SMを楽しむための情報

マゾカスタム

女性に対して夢を見たり、理想の女性像に憧れたりすることは男性であれば思春期などによく経験することだと思います。
片思いの女性の生活や性格などを妄想したり、愛の告白を考えたりするなどは典型的な青春時代のイベントだと思います。

しかし、そのような純粋な気持ちを大人になってもまだ持っている人というのは、まともな社会人であれば基本的にはほとんど居ないと言えるでしょう。
実際のところ、自分自身が考えているほどひとめぼれしたような女性の性格や生活は大して良いものではありませんし、自分自身の価値も社会的には下の下に位置していることを誰もが大人になれば気づくものです。

そして逆に言えば、そういった現実の厳しさ、現実のグロテスクな部分をまったく自覚せずにずっと異性に対して夢を見たり理想を追い求めているだけの人は、自然と人生そのものや恋愛に対してゆがみが生じてくるものです。
これはたとえばSM業界においても同じことが言えて、驚くことにSM業界にも異性を神格化しすぎている人や、官能小説の中の出来事を現実の中の出来事と錯覚しているような人が多数居ます。

一例を挙げれば私の友人などは、女王様は自分を含めた一般人よりも上の世界で生きているから、性欲なんて一つも持っていないんじゃないか?と疑問に思うと言っている人が居ました。
女王様に性欲などない、と言ったらとてもセンセーショナルな響きがありますが、実際そんなあり得ないことを妄信しているマゾヒストも居るのかもしれませんね。

女王様だって人間です

女王様を神格化して、その権威を崇めることはSM調教を本気で楽しむ上ではとても大切なことなのかもしれません。
しかしそれはあくまでプレイであって、それを本気で心の底から信じ切ってしまうのは、もはやプレイの域を超えてしまっていると言えるでしょう。

たとえばマナーを守ることができない迷惑なSMマニアの中には、まだ一度も挨拶を交わしたことがないのに、いきなり自分が全裸で土下座しているような写真を素人女王様に送り付ける輩が居たりするらしいです。
こういったことは分かりやすい例ですが、社会人として当たり前の挨拶や空気を読むという行為ができないまま、いきなり素人女王様にプレイの延長線上のように声をかけてしまう輩が他にも多く居るようです。

このての勘違いしたSMマニアたちにとっては、女王様とは自分たちマゾ男のことを何でも知っている完全無欠な存在のように映っているのかもしれません。
ただ実際のところ女王様はただの人間であり、女性として気分やノリ次第では怒ったり興奮したり冷静さを失ったりするものです。

先に挙げた女王様の性欲に対する疑問についても同じことが言えますが、マゾ男性がサド女性に抱く理想や夢は度を超すと多くの支障を生んでしまう危険なものだと言えるかもしれません。

自己防衛できない危険性

女王様を特別視しすぎてしまうことは、女性側に対して迷惑をかけることになるだけでなく、マゾ男性にとっても様々な危険を誘発してしまうことになります。
たとえば女王様を完全無欠の存在として信頼しきった結果、あり得ないような事故に遭ってしまうこともあり得るでしょう。

緊縛プレイでは首に縄をかけるなんてことは絶対にあり得ないことだと初心者でも分かりそうなことですが、本当に馬鹿または悪意を持った女王様がマゾ男の首に縄をかけた場合、それに抗議や抵抗する能力をM男側が持っているか否かはとても重要な点です。
にも関わらず女王様をただただ妄信しているだけの男性であれば、最悪の場合は首に縄がかかった状態でも緊縛調教を続行するようにお願いしてしまうかもしれません。

そのような危険な行為は絶対にしてはいけないことなのにも関わらず、根拠のない妄想で女王様を完全無欠、性欲も迷いも感じない選ばれしものなどと考えている男性は、そのような危険な行為及んで重大な事故に遭ってしまうかもしれません。
こういった風にSMパートナー同士がまともな信頼関係を築けないまま、片方がもう一方を根拠なしに妄信している場合などは、極めて危険な事態に遭遇してしまうかもしれない点には十分注意しておいてください。

マナー云々だけでなく自分の健康を守るためにも、過度な女王様への期待や盲目的な信頼、崇拝などは出来る限りしないように気を付けていきましょう。
根拠のない信頼ではなく地道に築いた信頼、見せかけだけの権威ではなく実経験に基づいた権威を見定めて、本当に信頼できる相手とだけ楽しむのがSM調教であることを忘れないで居てください。