SM専門ラブホテル情報!一度は言ってみたいSMラブホテルとは?

SMを楽しむための情報

マゾカスタム

【調教プレイグッズも完備!必読SMラブホテル情報】

こんにちは。みなさんはSとMについて考えたことはありますか?
自分はS?M?それともどっちもイケちゃう?
自分が望む最高のセックスの引き金にもなるSMはきっと刺激的な夜にしてくれること間違い無しです。
パートナーと最近マンネリなんてあるかもしれません。
自分の真の性癖を見つけたい…パートナーとのマンネリを解消したい…

そんなときにオススメなのがSMホテルです。

SMホテルとは普通のラブホテルとは少し違った刺激的なホテルのことです。
きっとみなさんも一度は目にしたことがあるであろう「鞭」「磔台」「X字架」「なんだこれ!?」となるような「拘束台」や「様々な道具」があります。
今日はそんなSMホテルについて様々な部屋の紹介とともにお話ししていきたいと思います。

まず今回紹介するホテルはこちら

「愛愛賓館」です。

横浜市栄区に位置するこのホテルは、外観はいたって普通の建物で少しシャイな方でもお誘いする勇気さえあればSMホテルだとは外からは気づきにくいので、デート後の自然なドロップインが可能だと思います。
湘南や鎌倉、横須賀方面からのドライブ帰りなどでアクセスがいい場所となっています。
料金に関しても「SMホテルなんだから高いんじゃないの?」と思う方に必見!
通常のホテルと同等料金で利用できるため、ちょっと興味があるSM初心者カップルも挑戦しやすいホテルとなっています。

「お部屋について」

やはりみなさま気になるのがお部屋ですよね。
それではお部屋の紹介をしていきたいと思います。

「Room401」

r401_02
こちらに設置されている3台の椅子は大型拘束什器という拘束椅子でかなりの存在感があります。
これぞSMと言っていいほどの拘束什器でソフトなプレイからハードなプレイまで1台でなんでもできてしまうSM診察台やX字架の作りは木造になっていて床面をみると鏡があったり…
そして金色に輝くゼウスは通常に拘束して鞭を使うも良し、拘束しているバートナーに玩具攻めや羞恥プレイ、放置プレイするのも興奮するかもしれません。

「Room405」

r405_01

シックな雰囲気の高級感のあるお部屋です。
広めのお部屋で身も心もゆっくり安らぐことができます。
エロチェア・ディープインパクトという珍しい椅子が…!
座面は前後にスライドでき、固定したディルドがピストンするというエロさを隠しきれない椅子となっているので是非ご堪能してみてください。
またポールダンスを連想させるポールやX字架などを使ってポールやX字架に拘束したりしてお互いの興奮を高めること間違い無しです!

「Room501」

r501_01

こちらのホテル一押しのSMに特化してしているお部屋です。
こちらのお部屋にはベッドが二つ用意されているようで最大4人でのプレイも可能!パートナー同士の交換も良し、お互いのプレイを見ながらの淫猥なプレイも良し!
なんと広いお部屋の中には大型拘束什器が2台も設置されています。
エクストリームと言う椅子ではSMを熟知している方はもちろん、SM初心者でもオススメな一台です。
上部に角度調整可能な鏡も付いているので興奮すること間違い無しです。
拘束ギロチンはこのホテルがイチオシし、人気No.1の実績を誇るそうで数個の手枷足枷で拘束しパートナーをとことん犯すことが可能です。
また本物のギロチンのように首まで挟み、プレイするいことにより、相手が視界に入らないため次にどんな攻めがくるのかはMさんもドキドキ…。
このように広いスペースを使ってのダイナミックなプレイをしてもいいのではないでしょうか。

「Room201」

r201_02
r201_03

ミラールームをコンセプトに作られた一室で中は全面鏡!
浴室や1部の床なども鏡になっていてMなアナタ(パートナー)にぴったりのお部屋です!
ベッドパネルにあるスイッチの切り替えで一瞬にして部屋の雰囲気がピンクの卑猥な色に大変身しちゃいます。女性は思わず感動してしまうかもしれません。
浴室はイルミネーション付きの大きめなお風呂…もちろんこちらも鏡張りとなっています。
いつもとは違った角度から自分を見て犯されている姿にMなアナタ(パートナー)は犯されている自分お姿を間近に感じてきっと羞恥でたまらく快感を得ることができるかもしれません。

「Room206」

r206_01

こちらのお部屋はズバリオフィスがコンセプト!
黒を基調とした壁や床の中に映えるピンク色のロッカー…
その中には無数の鏡が備え付けられているのでロッカールームを題材に本格的なシチュエーションプレイも可能で変態な上司や部下を演じてみるのも楽しいと思います。
ランクは低めなものの、小型の拘束什器もあり、SMビギナーにはちょうどいいお部屋になっています。
手足を拘束され下から覗く鏡に誰かに見られている感覚になるので羞恥心を感じずにはいられない一部屋です!

「Room301」

r301_01

こちらのお部屋は取調室やお仕置き部屋をコンセプトにしたSのアナタ(パートナー)にはたまらないお部屋の一つになっています!
黒と赤で彩られた部屋はまさにSMそのものを象徴するカラーだと思います。
赤色の壁に黒色の檻…そして中にはベッド…
十字拘束器具も完備で裏メニューの販売の鞭や低温蝋燭などを使って行うプレイはまさに淫猥。
きっとお互いのSっ気やMっ気を極限まで引き出し、文字通り最高のプレイができるお部屋ではないでしょうか?

「Room303」

r303_01

みなさまは露出願望はありますか?
でもなかなか露出をしてのプレイなんてできるものではありませんよね。
こちらのお部屋はそんな露出願望を見出し、満たしてくれるお部屋になっています。
部屋の中に設置されているブランコは密かに人気の様で使用方法は様々ですが筆者はブランコに拘束して吊りプレイの疑似体験のような使い方ができるのではないでしょうか?
遊び心満載な可愛い壁の浴室にはもちろんジェットバスも完備されていて本来なら子供が遊ぶ場所で大人の遊びをするギャップにドキドキが止まりません!

「Room403・407」

こちらの2部屋は吊りプレイを中心とするプレイがコンセプトなためテーブルは折りたたみ式となっています。

r403_03

403号室には尺八専用便女と言う名の大型拘束什器があり、AV出演もあることからこちらの道具を求めて来館する方も多数いらっしゃいます。
他にも木製凌辱台や吊りのフックが天井に常設されていたりと盛り沢山!

r407_04
r407_03

407号室は吊りのために作られたと言っても過言ではなく、ベッドが折りたたみ式になっています。
天井には無数のフックがあり、電動リールも備わっているためたくさんの使い道とプレイ方法が楽しめます。
小柄な方でも大丈夫なように脚立も完備でどんなプレイでも可能なようにブルーシートも完備されているので様々なプレイをして楽しむことができるお部屋です。
吊りをしたことがないと言う方はしっかりと前もって知識を得てから行いましょう!

「まとめ」

紹介した部屋以外にもここ「愛愛賓館」にはたくさんのお部屋があります。
お部屋の数だけシチューションがありますし、みなさま次第でどんなプレイにだってできるというのがSMの素晴らしいところですよね。
一見ちょっと怖いと感じてしまう方もいらっしゃいますのでまずは興味が出たらとりあえず行ってみると言う感じで行ってみはいかがでしょうか?
非日常を楽しむためにお互いに必要とするパートナーといい関係を作ることができるようにこの「愛愛賓館」に足を運んでみてはいかがでしょうか?


〒247-0009 神奈川県横浜市栄区鍛冶ケ谷1丁目15−12

SM向けラブホテル, SM知識

Posted by mazotown