チンポ緊縛・金玉蹴り・金玉責めなど、ドM男性垂涎の局部責めの種類からプレイのお願いの仕方

SMプレイ解説

一般的な男性なら誰でもチンポや金玉に何かが当たったと考えただけで、その痛みが想像できると思います。
想像だけでも恐ろしくてチンコが縮んでしまい、手や何か防御力の高いものでおちんちんを守りたくなってしまうでしょう。

ですが、我々マゾ男はその痛みを想像しただけで、口からもペニスからもヨダレが出て、勃起しイキそうになります。
といっても、事故で痛い場合はそこまで気持ち良さを感じませんね。
女性に蹴られたり、叩かれたりなどされてこそ最高の快楽となります。

苦痛と快楽は紙一重なんです。

主な局部責め

チンポ緊縛

チンポを緊縛します。
調教の時の短時間だとキツメに縛ることもあります。
長時間血流を止めると壊死することもあるのでほどほどにしましょう。

金玉蹴り

20190829_8

金玉を蹴ります。
金蹴りとも言います。
急所の中の急所なのでとても痛いです。
硬い靴などで蹴られると玉が破裂することもあります。

金玉責め

20190829_5

金玉を主に責めます。
金蹴り以外にも殴る、踏む、つかむ、握るなどがあります。
さらに道具を使うこともあります。
金玉責め用のリングやハンブラーなど、様々なものがあります。

電気アンマ

20190829_6

足コキの亜種のようなもので、マッサージ器のように小刻みに足を動かします。
竿も玉も踏まれます。

貞操帯・貞操具

日常的に局部を管理する道具です。
射精やオナニーを制限できます。

局部責めを実際にするには?

まずは「される側」が金玉責めについてしっかく把握しておく事

女性の中には、チンポや金玉は自分にはない男性だけの特有のものだけに分からない事もあり、興味はあるけど実際に経験はない人、そういうプレイがある事すら知らない人もいます。
それなのに、いきなり局部責めしてと女性にお願いしたとしてOKと言ってくれる女性は殆どいないでしょう。
いるかもしれませんが、稀だと思うのでその場合はその女性を逃さない様にしてください(笑)
稀なケースは別として、金玉責めについて「する側」も「される側」もきちんと知っておく事で楽しく刺激的にプレイが出来ると思います。
その為に、まずはされる側のM男性が局部責めについて把握しておく事が大事といえるでしょう。
そうする事で、女性に質問されても戸惑う事なく答える事が出来る為、不信感を抱かれずに済むと思います。

リードさせてると見せかけて、「される側」がリードする事

プレイをするにあたって、一般的にする側の方がリードするとは思いますが初めての場合は、その方法はオススメしません。
何故かというと、リードする側がプレイについてきちんと把握していないと、スムーズに行う事が出来なかったり、される側の緊張や不安が相手にも伝わってしまい、プレイが成立するとは思えないからです。
リードさせてると見せかけて、言葉巧みにプレイをリードしてしまいましょう。
例えば、プレイをお願いする時にプレイの説明を交えながら、こうしてほしいという自分の意思を伝える事で相手もあたかも自分がリードしているかのように進める事が出来ます。
勿論、言い方が大切になってくるのでこうしてほしい!という強行的な主張ではなくてあくまでさりげなく自然にが肝となってきます。
その為には、先ほど述べた金玉責めについてしっかり把握しておく事が絶対となります。

交換条件を持ちかける

局部責めをしてくれる代わりに、相手がしたい事をするという交換条件を持ちかけるのもアリだと思います。
今まで話に興味なかった女性も、自分がしたい事をさせてくれるなら・・・という気持ちに持っていく事が出来ます。
もし割に合わない条件を持ちかけられたとして、それでも金玉責めを受けたいという気持ちがあるなら多少の条件は飲みましょう。

本当に無理だと思った時は「NO」とサインを伝える

他にも細々とした約束事みたいなのはありましたが、これはとても重要です。
サインを決めるのは、あえての抵抗と本当の抵抗と見極める事が出来るので、どんなプレイをするにしても大切な事です。

注意点

局部は急所となるため、やりすぎると怪我や病気に繋がったり、場合によっては機能不全となることもあります。
痛いのが好きでもほどほどにしましょう。

また終わった後は冷やしたり、清潔にしたり、保湿クリームを塗るなどアフターケアを忘れないようにしましょう。
マゾはその時が楽しければいい、その後のことなどどうでもよいという人も多いですが、できるだけ長くSMを楽しむためにもアフターケアをしましょう。
健康長生きでおじいさんになっても現役マゾ男を目指しましょう!