気になるSMコミュニティに参加してみましょう!(2つ以上利用するのがオススメです)

メスイキの種類と自分で出来る事

SMプレイ解説

メスイキの種類と自分で出来る事

preface

皆さんはメスイキやドライオーガスムというイキ方をご存知ですか?

元々はBL用語らしいのであまり有名ではないかもしれません。

オナニーを研究している人であればもしかしたらご存知かもしれませんがメスイキとは男性がアナルや乳首でイクというイキ方。

ペニスでないのでもちろん射精はしません。

そしてそれ以外のペニス以外の部位でイクことがドライオーガスムと呼ばれます。

「射精を伴わないので何度でもイケる」

「普通のオナニーより強い快感(メスイキ)」

この二つがメスイキとドライオーガスムを知るうえで重要なポイント!

・メスイキ(ドライオーガスム)するとどうなるのか?

・メスイキ(ドライオーガスム)にはどんな種類がある?

・メスイキ(ドライオーガスム)のやり方って?

この記事ではそんな奥深いメスイキやドライオーガスムに対する解説を行っていきたいと思います。

さらなる快感を得られる新しいオナニーの世界、ちょっと覗いてみませんか?

①乳首でメスイキ

nipples

メスイキするにはいくつかの方法がありますがまずは乳首。

乳首を触られると気持ちいいという人は多いのではないでしょうか?

その通り乳首は男性の立派な性感帯の一つでもあります。

それをさらに一歩推し進めて乳首だけでイクことがメスイキ!

ただでさえ感じやすい乳首を開発しまくればチンポに触ることなく快感を得ることができるようになります。

乳首の開発方法

メスイキには乳首の開発が必要になります。

開発というと大変そうですが乳首の開発は性感帯の開発の中でもいちばんやりやすいパーツ。

毎日続ける根気さえあれば特に開発グッズなども必要なく開発ができます。

ということで開発方法ですが以下のことを定期的に続けるだけでも乳首はどんどん開発されていきます。

・一日に数回乳首を擦ったりつまんだりして愛撫する

・乳首の周辺を優しく愛撫する

これだけです。

飽きないように服の上から擦ったり円を描くように愛撫してみたり、音楽に合わせて愛撫してみたりなど自分なりのバリエーションを作っておくと続けやすいです。

これを続けることで乳首が性感帯として開発されてどんどん敏感になっていきます。

乳首で強く感じることができるようになればいよいよ乳首オナニー(チクニー)。

射精を伴わずにイクという信じられない気持ち良さを味わえるようになります。

②前立腺でメスイキ

prostate

メスイキのやり方としていちばん有名なのが前立腺を刺激する方法ではないでしょうか。

前立腺とは男性だけが持っている器官。

場所はアナルの少し入った所にあり少しコリッとした感触がある器官です。

ここを開発することによって女性が感じるような絶頂を体験することができるようになります。

もちろん、他の場所と同じで最初から快感を感じられるわけではありません。

ある程度の開発期間が必要になります。

しかしそれを考えてもその圧倒的な気持ち良さは十分お釣りがくるぐらい素晴らしいです。

前立腺開発のためのエネマグラといった便利アイテムも売られています。

その快楽度の強さからメスイキ=前立腺と言ってしまってもいいかもしれません!

前立腺の開発方法

前立腺開発は先述したエネマグラを使う方法と指でやる方法の二つがあります。

エネマグラはその形状からアナルに挿し込めばそのまま前立腺の位置に当たるようになっているのでとても楽。

最初は位置の把握が難しいのでエネマグラを使って位置を把握することもできます。

指でやる場合は衛生面に特に注意が必要。

指は爪の間など意外に雑菌の繁殖しやすい場所です。

指サックやコンドームをはめて素手で行わないようにします。

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!