気になるSMコミュニティに参加してみましょう!(2つ以上利用するのがオススメです)

メスイキ必須!ペニスに触れない射精「トコロテン」の仕組みとやり方。

SMプレイ解説

男性でも女性と同じくらい深く強い快楽を感じることができる体験として、特に有名なのがドライオーガズムという体験です。

これは男であれば射精を伴わない方法によって体感されるもので、実際無射精の絶頂を目指して日々アナル拡張を行っている人が多いようです。

しかし実はドライオーガズムと遂になる、射精を伴う快楽としてトコロテンというプレイが存在し、マニアほどドライオーガズムよりこちらを好むという説もあります。

そこでここでは一部の男性たちから高い人気を誇るトコロテンというプレイの仕組みと、そのやり方をご紹介したいと思います。

精巣から精液を押し出すようなイメージ

トコロテンといえば一般の方はあの寒天で作る料理であるトコロテンをイメージすることでしょう。

しかしもちろんここで紹介しているトコロテンは男性が性的快楽を得るためのプレイを指します。

ところが実はその二つはとても似通った道理で成り立っているからこそ、同じ名前を持っているのです。

これはどういうことかというのを理解するためには、まず第一に男性の性器とアナルの関係性について理解しなければなりません。

まずペニス、陰茎と繋がる精巣と前立腺、膀胱などはすべてほぼ同じ個所に集中して配置されています。

そのため、そのあたりを刺激すれば、自然と精巣も前立腺も膀胱も刺激されることになるのです。

ここまで分かれば、あとはどのようにしてその刺激を与えればいいのかが気になりますが、そこで出てくるのがアナルです。

アナル、より厳密に言えばアヌスの奥、直腸の先に、実は先ほど述べた前立腺などが集中して配置されているのです。

そのため、アナル拡張を行ってアヌスから直腸を刺激し、それによって間接的に前立腺や精巣を刺激すれば、それこそがドライオーガズムやトコロテンのトリガーになってくれるのです。

アナル開発, ドライオーガズム

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!