ペニスに触れない射精「トコロテン」の仕組みとやり方。

SMプレイ解説

マゾカスタム

男性でも女性と同じくらい深く強い快楽を感じることができる体験として、特に有名なのがドライオーガズムという体験です。
これは男であれば射精を伴わない方法によって体感されるもので、実際無射精の絶頂を目指して日々アナル拡張を行っている人が多いようです。

しかし実はドライオーガズムと遂になる、射精を伴う快楽としてトコロテンというプレイが存在し、マニアほどドライオーガズムよりこちらを好むという説もあります。
そこでここでは一部の男性たちから高い人気を誇るトコロテンというプレイの仕組みと、そのやり方をご紹介したいと思います。

精巣から精液を押し出すようなイメージ

トコロテンといえば一般の方はあの寒天で作る料理であるトコロテンをイメージすることでしょう。
しかしもちろんここで紹介しているトコロテンは男性が性的快楽を得るためのプレイを指します。

ところが実はその二つはとても似通った道理で成り立っているからこそ、同じ名前を持っているのです。
これはどういうことかというのを理解するためには、まず第一に男性の性器とアナルの関係性について理解しなければなりません。

まずペニス、陰茎と繋がる精巣と前立腺、膀胱などはすべてほぼ同じ個所に集中して配置されています。
そのため、そのあたりを刺激すれば、自然と精巣も前立腺も膀胱も刺激されることになるのです。

ここまで分かれば、あとはどのようにしてその刺激を与えればいいのかが気になりますが、そこで出てくるのがアナルです。
アナル、より厳密に言えばアヌスの奥、直腸の先に、実は先ほど述べた前立腺などが集中して配置されているのです。

そのため、アナル拡張を行ってアヌスから直腸を刺激し、それによって間接的に前立腺や精巣を刺激すれば、それこそがドライオーガズムやトコロテンのトリガーになってくれるのです。
これを理解できると、なぜアナル開発にこだわる人の多くがエネマグラという器具や、大きなディルドなどにこだわるのかがよく分かってきます。

要は前立腺のあたりを強く刺激することができればそれで良いからこそ、アナル開発やエネマグラの利用に熱心な人が多いのです。
そして肝心のトコロテンは、そのようなアナルからの刺激によって、精巣からトコロテンのように精液を押し出すようなイメージで仕組みを捉えると分かりやすいでしょう。

強く押し出せばその分刺激的

とても単純な話ですが、トコロテンによる刺激と快楽をより高くしたいのであれば、当然、アナルからの刺激をより強くするだけで良いと言えます。
そのため実際トコロテンやドライオーガズムを好む男性のほとんどは過激なアナルオナニーやアナルセックスを好む傾向があり、人によってはそのために巨大アナルプラグなどのアイテムを手に入れたりする場合が多いようです。

また、一部の人は道具で我慢できずに本物のペニスを受け入れようとしてアナルセックスに傾倒するようになり、さらにその中の一部は同性愛や性転換に興味を持つ人も居るようです。
しかしあくまで異性愛者でありながらトコロテンの快楽を好む人たちは、大きなペニスバンドを着けたSM女王様からアナルファックを受けることに重きを置く場合が多々あります。

現に今現在高い人気を得ているSM出会いサイトの多くには、女王様にアナル開発をしてもらってドライオルガズムやトコロテンを体験してみたいと考えるマゾ男性が沢山集まっているようです。
このように実際現在高い人気を得ているトコロテンプレイは、ペニスに一切触れずとも、女性が感じるオルガズムと同じくらいの快楽を味わいながら射精できるプレイとして知名度が上がり続けています。

素人男性がトコロテンをスムーズに体験してそれを楽しむためには、まずアナル開発全般に詳しい知識と経験を持つ、SM女王様と出会うことが近道であると言えるでしょう。
トコロテンというプレイは特殊なプレイである分、男が一人独学で習得するのはなかなか難しいものなので、一度SM女王様と出会った上、高品質なSM調教を味わう中でそのコツを自ら体得していけるように努めてみると良いのではないかと思います。