【2022年最新版!】人気SMグッズのメンテナンス方法とは?長く使えるSMグッズメンテナンス大解析!

【人気SMグッズのメンテナンス方法とは】

皆さんはSMグッズをお持ちでしょうか?
SMグッズだけに限らず普段もし、オナニーの際に玩具を使用している方もいらっしゃると思います。
皆さんが持っているSMグッズ、実はメンテナンスが必要なことを知っていましたか?
SMグッズとは言え、道具の使い方次第によっては衛生面に気をつけて使用しないといけないものもありますよね?
愛おしいパートナーやご自身が不衛生なグッズでプレイしているところを想像してみるとなんか嫌な気持ちになりませんか?
今回はそういった道具のメンテナンス方法を今日は紹介していきたいと思います!

【縄系のメンテナンス】

麻縄

1
SMグッズでは最もポピュラーな縄類は必ずメンテナンスが必要となっております。
理由としては身体中を縛るため、汗などの体液が染み付いている状態は不衛生ですし、毛羽が出てきてしまう場合もあります。
そういったときにしっかりと手入れをすることによって清潔に、且つ安全に緊縛を行うことができると思います。
そこで終わった後は水につけてしばらく置き、風通しの良いところで十分に乾燥するまで置いておくかタオルなどで拭き取って乾燥させる…と言う方法をとるのが一番いいと思います。

毛羽が出てきてしまった場合は焼く方法がオススメです。
ガスコンロの上などで毛羽を焼くのですが注意すべきは焦げてしまわないかです。
焦げを防ぐためには濡らした状態で行うのがいいみたいなので洗ったついでに毛羽を焼くのはいかがでしょうか?

 

SMロープ

2
SMロープは麻縄ほど、手入れは難しくありませんが上記で述べたように使用していると汚くなってしまい、衛生的にもよくないです。
だから何回かに1回は洗った方がいいのですが、ただのロープですし手洗いでもいいですし洗濯機に入れてしまうのもいいのではないかと思います。
他の洗濯物などに絡まないように縛って入れるのがオススメですがそもそも体液の染み付いたロープと一緒に他の洗濯物を入れたくはありませんね(笑)
脱水が終わっても完全に乾くまでは風通しの良いところで保管しておくようにしましょう。

M`S
VERONICA
Butterfly
シャングリラ

【ローターバイブ類のメンテナンス】

ローター・バイブ

3
防水の場合はそのまま水やお湯で洗い流してから石鹸なども使って綺麗に洗ってください。
洗い終わったらタオルなどで拭き取りアルコール除菌のスプレーなどを振るといいでしょう。

また、防水じゃない場合はアルコール除菌のウェットティッシュなどで綺麗に拭き取り、十分に乾燥してから袋や、元に合った場所に戻しましょう。

ローター・バイブ類の保管場所について

ローターやバイブなどの電子機器を補完する際には注意すべき点がいくつかあります。

1つ目は電池は必ず抜いておくこと。
電池を使う道具は電池を入れっぱなしにすることにより、微電流がずっと流れ続けている場合もあります。
ちゃんと電源は切ったつもりでもそういったことはよくあることです。
これによって液漏れが生じてしまい、電極が溶けてしまうという故障の原因にもつながるので電池は抜くようにしましょう。
そして何より電池の減りが早くなりますのでいざ使おうと思った際にスイッチを入れて使えなかった場合、場の空気がしらけてしまうかもしれません…。

M男募集サイトの人気ランキング