【2020年最新版!】人気SMグッズのメンテナンス方法とは?これでSMグッズを長く使おう!

SM向けグッズ

【人気SMグッズのメンテナンス方法とは】

アダルトグッズは一回のプレイで使えば必ず汚れてしまいます。

プレイ後にさっと軽く拭いた程度では十分に汚れを落としきれず、放置すれば衛生上よくありません。

さらにアダルトグッズのお手入れやメンテナンスは実にめんどくさいですよね。

ぱっと見はキレイに見えるから簡単な拭き取りだけで済ましてしまう人も多いですが、実際は精液やローションのカスは細かな溝などに残りがちです。

アダルトグッズと言えどアナタの相棒です。長く使ってあげるためにも、安全に使うためにもきちんとお手入れやメンテナンスはバッチリ行っていきたいですね。

今回はそういった道具のメンテナンス方法を今日は紹介していきたいと思います!

【拘束系グッズのメンテナンス】

麻縄

1

定番、緊縛拘束プレイに使う縛り縄です。こちらも人体に密着させる上にそれ以外にも様々な体液がついてしまうことがあります。その結果細菌が沸いてしまったりとあまりよくない状態になってしまうのでしっかりと洗浄して管理しましょう。

縄の洗浄は洗ったりしてしまうと結構手間がかかります。乾かすのが大変なので普段は濡れた手ぬぐいやタオルで表面をしっかりとふき取るようにしましょう。何度かに一度は縄を大鍋で煮沸消毒する形で煮て、しっかりと3~4日乾かすようにしたほうがいいです。人の肌に接するものですので相手のためにもしっかり清潔に保つようにしましょう。

保管のためのメンテナンスについてですが、保管する前によく乾いた縄に油を塗っていきます。とはいってもご家庭に普通に置いてあるサラダ油ではなく薬局などで売っている馬油です。本来は皮膚の病気や裂傷などに塗るものですが程よく油を塗ることで保存性が良くなり、また肌に接しても荒れにくくなるので必ず塗るようにしましょう。塗り方は手のひらに馬油をとったら手の平全体に軽く伸ばして、その手で縄をしごいていきます。それを端から端まで8回~10回ほどで刷り込むようにしごいてください。

毛羽が出てきてしまった場合は焼く方法がオススメです。

ガスコンロの上などで毛羽を焼くのですが注意すべきは焦げてしまわないかです。

焦げを防ぐためには濡らした状態で行うのがいいみたいなので洗ったついでに毛羽を焼いてしまいましょう。

洗浄とメンテナンスは以上です。そして長持ちさせる保管方法は風通しがいい日陰の場所、湿度の低い場所に干すようにぶら下げておくのが一番です。もしぶら下げる場所がない場合は、やはりケースなどに乾燥材と一緒に入れてください。湿度の高い場所や風通しの悪い場所で保管しているとカビてしまうかもしれません。

SMロープ

2

SMロープは麻縄ほど、手入れは難しくありませんが上記で述べたように使用していると汚くなってしまい、衛生的にもよくありません。

だから何回かに1回は洗った方がいいのですが、ただのロープですし手洗いでもいいですし洗濯機に入れてしまうのもいいでしょう。

他の洗濯物などに絡まないように縛って入れるのがオススメです。

脱水が終わっても完全に乾くまでは風通しの良いところで保管しておくようにしましょう。

手錠・手枷・足枷

拘束用の手錠や手枷、足枷については材質にもよりますが金属製のものでしたらきちんとしたメンテナンスや保管が大切になってきます。

材質がアルミ合金や樹脂などの場合は洗浄をする際は基本的に手ぬぐいなどで濡れ拭きで、その後乾拭きをして水分が残らないようにします。金属製の場合はさびてしまう可能性がありますので、上記と同じように拭いた後にさび止めスプレーを手ぬぐいに吹きかけて、それでまんべんなく拭くようにして保管するといいでしょう。

保管方法については特にこれと言って特別なことはありませんがやはり湿度の高い場所は避けたほうがいいでしょう。

手枷足枷の中でも、合皮製品やレザー、フェイクレザーなどの場合はやはりきちんと濡れ布巾で汚れを取って、乾燥材を入れたケースなどで保管をするのが望ましいです。また、金属部分と布地部分が両方あって、金属部分が外せる場合などには取り外して丸洗いも可能なケースがあります。こちらはケースに記載されていることが多いので購入時に確認しておきましょう。

【ローターバイブ類のメンテナンス】

ローター・バイブ・ディルド

3

防水の場合はそのまま水やお湯で洗い流してから石鹸なども使って綺麗に洗ってください。

洗い終わったらタオルなどで拭き取りアルコール除菌のスプレーなどを振るといいでしょう。

また、防水じゃない場合はアルコール除菌のウェットティッシュなどで綺麗に拭き取り、十分に乾燥してから袋や、元に合った場所に戻しましょう。

ローター・バイブ類の保管場所について

ローターやバイブなどの電子機器を補完する際には注意すべき点がいくつかあります。