女王様がM男に使うアナル開発にオススメの器具・大人の玩具

SM向けグッズ

M男のアナル開発とアナル開発用グッズについて

preface

みなさん、アナル開発をしてみたいと思ったことはないでしょうか?

「アナル開発」といえば女性が行うイメージもあるかもしれませんが、実は男性でもアナル開発してる人って結構いるんです。
結構っていっても成人男性の3人に1人が…とかさすがにそんなレベルじゃないですがSM好きには意外にいたりするんです。

どうですか?ちょっと興味湧いてきませんか?
しかしアナル開発という言葉は知っていても具体的にどうやるかはわからない人も多いはず。
ということでアナル開発には少しの予備知識が必要になります。

今回はそんな開発に使うための知識や器具を紹介していこうと思います。

アナル開発とは!?

develop

具体的な道具を紹介したりする前に一応、アナル開発とは?という基本的な所からまず入ってみましょう。

アナル開発とはそのままアナル=尻の穴を開発することですが、「開発」とは一体どういうことなのか?
というと、それは一言で言えば「アナルで気持ち良くなれるようにする」ということです。

アナルに何かを挿れて拡張するイメージがある人も多いと思いますがそれはあくまでもアナル開発の一巻。
アナルをひたすら大きく拡張するだけがアナル開発ではありません。

アナルの拡張も行いつつ、アナルの気持ち良さを知っていくというトータル的な考えや行為こそがアナル開発ということになります。

アナル開発のメリット

merit

アナルを開発することで得られる最大のメリットといえば男性でも一度のセックスやオナニーで女性のように何度もイケるようになるという、もうこれに尽きるといえるでしょう。

普通のセックスやオナニーでは男性は一度射精してしまうとそこで行為は終わってしまいます。
もし「俺は4回はイケる」という豪傑であっても一回射精してしまえばやっぱり多少のクールタイムが必要になります。

しかしアナル開発を行えば「メスイキ」と呼ばれる射精を伴わない「ドライオーガスム」を段々経験することができるようになっていきます。
この「ドライオーガスム」が最初に書いた「男性でも何度でもイケる」ことの正体。
よく「女の子って何回もイケて羨ましい!」と思う人がいますが、アナル開発を行えば男性でもそれができるようになるんです。
先ほど登場した「メスイキ」という言葉は「女(メス)のようにイク」ところに由来しています。

厳密にはメスイキとドライオーガスムは全く同じ意味ではなくて、ドライオーガスムに加えて女性のように喘ぎ声が漏れたり、身体をビクビクさせたりしながらイクことがメスイキの正確な意味になるのですが、似たような使われ方をすることも多いのでそこまで細かくこだわらなくてもいいかな、と個人的に思います。

アナル開発に使われる器具

tools

それではアナル開発を行うために必要な道具や玩具を紹介していきましょう。

アナルというのはケツの穴という見た目に反して身体の中でもかなりデリケートな部分なので丁寧に扱う必要があります。
乱雑に扱えば肛門や直腸を痛めることにもなりかねないので、やってもらうにしても自分でやるにしても無闇な開発は行わないように注意が必要です。

アナル開発グッズを持っていれば一人の時に自主練を行うことも可能です。
真のM男であれば、お仕えする女王様に喜ばれるためにも日頃から自主的な開発を欠かさないにようにすることが努め。

アナル開発系の道具や玩具を使う時はケガ防止のためにも事前にアナルを揉むなどしてしっかりほぐし、挿入しやすい状態を作っておきましょう。

アナルプラグ

anal-plug

アナルプラグは最も基本的なアナル開発グッズ。
アナルプラグの名前の通りそのままアナルに挿しこみ拡張や背徳感を味わうための道具です。

形は普通の棒状の物からアナルビーズのように球状の物がいくつも付いた形の物など様々。
女性が好きそうなかわいらしい形から本格的でハードコアな物まで種類はかなり豊富になっています。
素材の方もゴムやシリコンからガラスにステンレスなどなど用途や好みに合わせて色々な物が販売されていて、ローターと一体型になっているような物もあります。

価格帯的には数百円~数万円のガチな物までこちらも様々です。

アナルプラグの使い方

アナルプラグの使い方は至ってシンプルでアナルに挿しこむだけ。
なのですが、アナルプラグが他のアナル開発グッズと違うのは基本的に長時間の装着をする物であるということです。
他の開発グッズに比べると構造的にもシンプルで短時間で何回も出し入れする感じの使い方はあまりしません。

サイズは最初は小さいサイズから始めて徐々にステップアップしていきます。
そして挿入する際はアナルを傷つけないように必ずローションを塗るようにします。

形状的には後ほど紹介するエネマグラと若干似ているようなグッズですが、違いはアナルプラグはアナル拡張のためのアイテムで、エネマグラは前立腺を刺激するアイテムという目的の違いがあります。

付けっぱなしにしておくこともできるので自主練にも使いやすいのがこのアナルプラグです。

アナルビーズ

anal-beads

アナルビーズとはいくつかの玉(ビーズ)にヒモを通し、一つに繋がった数珠のような感じのアナル開発グッズ。
形的にはアナルプラグほどのバリエーションはありませんが、素材はゴムやシリコン、ガラスや金属などこちらも同じく様々な材質の物があり、振動機能が付いた物もあります。

連なった玉を出し入れする度に味わえる快楽にドハマりする人が多いのもアナルビーズの特徴の一つ。

アナルビーズの使い方

アナルビーズはアナルに挿しこみ、それを出し入れすることで快感を得ます。
ただ出し入れするだけでなく、その際にゆっくりしたり速くしたりなどスピードを調整することでより大きな快感を得ることができます。

玉のサイズは小さい物から大きい物まで色々ありますが最初はやはり小さい物から始めるのが基本。
また、挿入の際にはアナルを痛めないように必ずローションを塗るようにすることも同じく基本になります。
ローションもできればアナルプレイ専用のローションを使うようにすればベストです。

アナルビーズはアナルのかなり奥の方まで入るアイテムになるので使用の前後には必ず消毒を行うようにします。
アナルは雑菌が繁殖しやすい場所でもあるので、余計な病気の感染を防ぐためにもこれも必須です。

他にもアナルプラグと違って長時間挿れっぱなしにするのはアナルや直腸を傷付ける危険があるので、絶対に避けましょう。

エネマグラ

enemagra

エネマグラという特徴的な響きのあるT字型のこのアナル開発グッズ。
見た目的にはアナルプラグに近い物がありますが、こちらはアナルの奥にある前立腺をピンポイントで刺激して快楽を得るためのアイテムです。

前立腺、そう、前立腺です。
前立腺と言えばドライオーガスム、ドライオーガスムと言えば前立腺。
女性のように何度もイクためのドライオーガスムをマスターするためには必須の道具になります。

元々は前立腺の病気治療のために作られたれっきとした医療用具ですが、今ではアナル開発グッズとしての方が有名になってしまいました。

エネマグラの使い方

前立腺というのはエネマグラを使わなくても指などで直接刺激することはできるにはできます。
しかし位置的に肛門の少し奥の方にあって指が届きにくく、また位置を最初から正確に把握するのも難しい場所。

そこでこのエネマグラの出番となるわけです。

使い方はキュッと丸くなった形をした所を持ってアナルに挿入していくわけですが、エネマグラの向きに注意。
ボディの波打ったような曲線がある部分がペニス側になるように挿入するようにしましょう。
手で持った側と反対側の部分はちょうどペニスとアナルの間辺りに当たるような形になっていれば大丈夫です。

もちろん、エネマグラ挿入時も他のアナル開発器具と同じくローションを塗ることを忘れずに。

自分で行う場合は最初は気持ち良さがあまりわからない場合も多いですが、しばらく続けていれば何となくわかってくるので根気よく続けてみることが必要になります。
初めてでドライオーガスムを味わえる人はなかなかいないので、もしあまり気持ち良くなくても大丈夫。
しばらくの期間続けているうちに「これがメスイキか!」と思う瞬間が必ず訪れます。

ちなみに自分で挿入する時の体位は横向きに寝るスタイルがいちばんやりやすいんじゃないかと思います。

まとめ

conclusion

いかがだったでしょうか。
男のアナルプレイは「逆アナル」とも呼ばれる世の中に意外に隠れ愛好家の多いプレイです。

アナルを開発されて何度もメスイキでイキ狂うなど変態ドM男として誇りでしかありません。
調教部屋に幾度となく響き渡るあなたの快楽の声を想像してみてください。

あなたもアナルを開発して是非次のステージに立ってみませんか?

アナル, メスイキ, 女王様, 調教, ,

Posted by mazotown