一度経験するとハマる!?性器改造の世界

アブノーマル情報

チンコを嬲られたい、チンコを痛めつけられたい、チンコを辱められたい。

このように性器への被虐願望をもつ男性は少なくありません。
皆さんの中にも、

「この粗チン!」
「みすぼらしいチンコね」

と、言葉責めで精神的な屈辱を味わいたいという人は多いのではないでしょうか。
その他にも踏みつけられたり蹴られたりして肉体的苦痛を感じながら興奮するという人もいると思います。

しかし、それだけでは物足りない、もっとチンコをいたぶられたいと、より強い被虐願望をもつM男性も存在します。
そして、そんな男性達が好んで行うのが性器改造です。

性器改造とは?どのような方法があるの?

性器改造は言葉通り、性器に手を加えてその見た目を変化させる事です。
この定義でいえば包皮を切って亀頭をむき出しにする包茎手術も性器改造の一種となりますが、SMにおける性器改造となると、少し意味合いが変わってきます。

基本的にSMではM男性のチンコを人並みのものになるように改造する事はありません。
もう一つ例を挙げるとチンコの小さい男性が巨根に憧れてペニス増大を試みるのは性器改造とはいいませんが、同じ大きくするのでも、

「お前はオス馬だからチンコも馬並みにしてやるわ」

と、ありえない大きさに肥大化させられるのは性器改造となります。

このように人様に見せられないような無様なチンコに変貌させるのがSMにおける性器改造といっていいでしょう。

では、SMにおける性器改造というとどのような方法があるのでしょうか。代表的なものを下記にまとめてみました。

性器ピアス

pn064_191101_001

性器へのピアッシングは最も定番となっている性器改造です。もちろん衛生面での注意は必要ですが、素人でも簡単にできるので、初めての性器改造は性器ピアスという人がほとんどです。

亀頭を縦に貫通させるアパドラビア・ピアッシングや、裏筋から尿道口へと貫通させるプリンス・アルバート・ピアッシングなど、性器のどこにピアスを施すかによってそれぞれ名称があるだけに、多くの性器ピアス愛好者がいる事がうかがえます。
その中でもSMプレイで人気のある性器ピアスは亀頭を左右に貫通させるものです。この方法でピアッシングをすると、輪ピアスを通した時にまるで牛の鼻輪のようになり、家畜を想起させやすくなります。

「お前は人間ではなく畜生奴隷だ」

と自覚させるにはピッタリなのです。
その輪ピアスに鎖やリードを装着する事でチンコの引き回しも可能。より性器ピアスの被虐性を高める事になるでしょう。

また、小さめのピアスを用いての性器ピアスであれば複数装着させる事も可能です。

「これから会うたびにピアスを一つずつ開けてあげるわね」

と、カリや竿に沿ってピアスを施されると、その数が増えていくたびに女王様との絆が深まったような気持ちになるはずです。

性器タトゥー

pn064_191101_002

性器に一生消えない文字やイラストを施す性器タトゥーも改造の一つです。中にはファッションとしてタトゥーを入れる人もいますが、それはM男というよりもタトゥー愛好家であり、SMとは一線引く必要があります。
SMにおける性器改造は、人様に見せられないような無様なチンコに変革させる事。
という事を考えると、オシャレなデザインはM男には似合いません。

例えば、

「エロチンポ」
「○○女王様の玩具棒」

といった、誰が見ても変態だと分かるようなタトゥーがM男にはピッタリです。

一般的にタトゥーは専用のマシンを使って彫りますが、女王様の手で一針一針入れてもらう事で女王様の愛情を感じられるものとなる事間違いナシです。

生理食塩水注入

pn064_191101_003

男性は誰もが大きなチンコに憧れるものですよね。でもそれが度を過ぎると恥ずかしいチンコ以外の何物でもありません。
冒頭で少し書いたように、馬並みのチンコに改造してやるという名目でチンコに生理食塩水を注入する事で、男らしい巨根を通り越して恥ずかしい馬チンコに早変わりです。
チンコだけでなく金玉にも生理食塩水を注入する事で金玉の肥大化も可能。通常の何十倍にも大きくなったチンコと金玉を笑われて屈辱の快感を味わってみましょう。

ただし、生理食塩水の注入は衛生管理が大切ですし、その濃度も適正を守らないと大変危険です。知識や経験が豊富な女王様にお願いしましょう。

また、生理食塩水は1日2日程度で体内に吸収されてチンコも元通りになるので、休日に行えば日常生活に極力支障をきたす事なく楽しめます。

インプラント

醜いチンコに改造したい。そんなM男にオススメなのがインプラントです。性器の皮膚内に異物を埋め込んでチンコの形を変えてしまいましょう。
球状のものを無数に埋め込んでイボイボのチンコに改造したり、M男だという証明として「M」の形をかたどったシリコンをインプラントするなど、アイデア次第で様々な恥チンコに様変わりです。

インプラントでは完全に皮膚内に異物を埋没させてしまうので、皮膚の中で腐ったりするものは炎症を起こしてしまいかねません。インプラントを行う場合はシリコンのような、腐食しにくいものを使うようにしましょう。

亀頭切開

pn064_191101_004

チンコそのものの形を変えてより醜いチンコにする方法、それが亀頭切開です。方法は至ってシンプルで、尿道口から裏筋に沿って、あるいはカリの表側(裏筋の真反対)からカリの根元まで切り込みを入れて割り開きます。

これまで紹介した性器改造との大きな違いは、チンコの内部が露わになるという点。尿道内は一体どんな風になっているのだろうか、という好奇心までも満たす事のできる改造です。

また、内部が露わになるという事は、粘膜が丸見えになっている状態なので、ちょっとした刺激を与えただけでもかなりの苦痛に繋がります。
傷口に塩を塗るどころか、タバスコを塗り込んだり蝋燭を垂らしたりといった責め苦で悶絶させられると思うと、チンコがすくみ上がるどころかビンビンに勃起してしまう真性M男もいるはずです。

さらに亀頭切開する事で、尿道口も広がるので尿道責めがしやすくなります。尿道責めが好きなM男にとっては興味深い性器改造方法ではないでしょうか。

スプリットペニス

亀頭切開では満たされなくなったM男が挑戦する改造こそが究極の性器改造ともいえるスプリットペニス。文字通り性器を縦に真っ二つに切断し、二股にする事です。

一度に一気に一刀両断する、というのも一興ですが、性器改造においてはじっくり長く楽しむという人が多いもの。回数を重ねて徐々に割り裂いていく方法が好まれます。
こちらの方が流血も少ないので、比較的安全に二股改造できるという利点があるのも、こちらの方法が選ばれる理由の一つでしょう。

時間をかけてゆっくりと裂いていったチンコが根元まで真っ二つになった時の達成感は相当のものでしょう。女王様との共同作業で行った場合は、絆もより強まるはずです。

性器改造は究極のマゾヒズム

性器改造の方法について詳しく解説しました。

「性器を笑われ蔑まれたい」
「金蹴りされたい」

ならまだ理解できるけれど、改造までは理解できないというM男も多いかと思います。
ですが、性器改造を好むM男も最初はみんな、

『ただ性器を蔑まれ苛められたい』

という被虐願望から始まったはずです。それが何かのきっかけで性器改造をする事になった結果、その魅力に取り付かれ、「もっと改造したい!」という願望に変化していったのだと思います。

つまり、どんな形であれ性器被虐の願望をもつM男はみんな性器改造にハマる可能性があるという事です。
今、そこまでの願望はなくてもいずれ興味を抱いた時には、今回紹介したような改造方法がある事を思い出してみてください。

また、すでに性器改造願望があるものの、自分では出来ないというM男は、性器改造が好きな経験豊富な女王様を探してみる事をオススメします。女王様の力を借りる事で、究極のマゾヒズムに一歩近づけるはずです。

人体改造プレイ

Posted by mazotown