SMバーに行った時の縛られ吊るされ体験談

アブノーマル情報

素人ながら、AVやネットの情報をもとにした“緊縛ごっこ”とも呼ぶべき普段のSMプレイから、本場の世界観や雰囲気を感じたくなり、SMバーに突撃してみる事にした。
SMバーとは、SMプレイを楽しみながら性的なサービスを受けられる風俗店とは違い、交流や情報交換を基本にしたお店です。
今まで映像や情報サイトで見様見真似でやってきた緊縛プレイですが、ホンモノのSMの世界を感じながら、ちゃんとした緊縛プレイがどうなっているのか体験してきたのでレポートを上げておこうと思います。

入店

大阪某所のSMバー。
店内はまさにSMチックな内装で、牢獄のようなテーブル席からSMプレイが出来るラブホテルのような印象も受けました。
特別ドレスコードやグッズ持参などは無く、お店に入るとボンテージ姿の女王様風スタッフが普通のバーのようにお客様として歓迎してくれたのも印象的で、秋葉原にあるメイド喫茶のように終始女王様としてのキャラクターで接するような感じではありません。
やっぱり初めて入るのには緊張や何をどうしたらいいのか分からない部分もありますが、女王様な女性スタッフに案内されてテーブル席に着席。
お店の雰囲気と女性スタッフのほとんどが女王様のコスチュームである事から、SMバーとはM客がS店員からサービスを受けるといったニュアンスなんだなと思いました。

他のお客さんを見てみると、ある男性客は女王様スタッフからビンタを受けていたり踏みつけられていたり、ある女性客は鞭で打たれていたり縛られていたり、それぞれ楽しんでいる様子。
当たり前のように、責めだのウケだの飲尿だのと言った言葉が飛び交い、今日ここで知り合ったお客さん同士でも仲良くワイワイと交流していました。
自分の席にも見知らぬM男なお客さんがいつの間にか混じり、それぞれ好きなプレイや今までにしてきた経験、昨今のSM事情などについて楽しく話せました。

お店のイベント

店内の所どころで、それぞれSMプレイが繰り広げられている中、自分が縛られる方の緊縛好きな事を話したことがキッカケで、たまたまその日に来店していたお客さんの中にちょっと有名な緊縛師の方が来ていると知らされました。
どうやら、定期的なのか突発的なのか、緊縛師の実演ショーがこの後あるそうでそのために来ているとの事。
暫くするとお客さんの中からM女性が一人選ばれ、ステージのようなお立ち台にその緊縛師と上がり天井から伸びたロープにあれよあれよという間に縛られ、つるし上げられました。
その様子に歓声さえ上がる状態に一瞬異常な雰囲気を感じましたが心のどこかではうらやましいと思う自分が。
M女のお客さんも気持ちよさそうでどこか恥ずかし気な表情だったのが印象に残っています。

自分も縛られ、吊るされる

あまりにもキラキラした目でその様子を見ていたのでしょう、さっき仲良く話していたお客さんから「ああいうことされてみたいでしょ」と言われ、まさに図星でどう答えるか考えていると、気付いた時にはステージ上に居た緊縛師がコチラを見ています。
「さあ、是非」
緊縛師のその言葉と差し出された手に、もう拒絶する理由も無く、多分少しニヤニヤしながらステージ上へ上がる自分。
その間も最初に縛られた女性客はゆっくり揺れながらぶら下がっています。
初心者である事を伝えると、最初は体をゆっくりマッサージされ、縛られた時にスジを違えないように解してくれました。
このマッサージがまた気持ちいいのなんの。
緊縛師の手は暖かく柔らかく、縄の達人と言えばゴツい指をしていると勝手に思っていましたが、しなやかで優しそうな手をしていたのを覚えています。
その後、手際よくしばられていく自分。気付いたら両足は床に付いておらず、宙づりの状態で耳元で縄がギシギシとなります。
沸きあがる歓声に、ステージ上から見える他のお客さんのほとんどがコチラを見つめており羞恥を通り越して、こんな姿になっちゃったやらしい自分をもっと見て、脳裏に焼きつけて、という感情で満たされました。
どれだけ縛られていたか明確には覚えていませんが、時折隣につるされていた女性客と目が合い、謎の一体感を感じつつもショーは終了。
ベタではありますが、今までに感じた事の無い経験や心に去来した感情に、その日一日ホクホク顔がとまりませんでした。

緊縛・拘束プレイ

Posted by mazotown