【女装】見えない所にもこだわるオススメの女装用下着

アブノーマル情報

どこまで女装するかによって度合いは違いますが、女装をする上で下着というのは重要な要素です。
20191217_1まだ女装をしてお出かけするのは怖いという人も、下着だけで女性的な気分を味わえたり、
本格的に女装をする方でも、下着という普段見えない部分に対するこだわり一つで充実感や満足感は全然違ってきます。
より女性らしく、より女装を楽しむための基本である下着選び。
今回はオススメの下着とその選び方についてまとめました。

下着選び

男の娘や女装子のささやかな悩みとして、あるいは楽しみでもある下着選び。
女装をする上で女性用や女装用の下着をするのは必須ではありませんが、モチベーションやクオリティをぐっとアゲてくれます。
最近では女装用の下着や、女性用の下着でも幅広いサイズが売られるようになり、
体格によって自分に合ったサイズが売られていないという悲しい事態にはなり辛い時代になりました。
また、Amazonや楽天などの大手通販サイトでも気軽に購入できるため、ひっそりと女装を楽しむ方にも都合がいいですね。
肝心の下着選びですが、先述の通り女性用下着も幅広いサイズが売られているのでよっぽどガタイの良い人でない限りは大丈夫。
自分の好みに合わせてセクシ―系かカワイイ系か、見た目よりも機能性で選んでもいいでしょう。
以下にブラジャーとショーツの2つに分けてみていきましょう。

ブラジャー

da1d1aee8801d58f28b71efbf161bf6a_t2

ブラジャーの選び方は胸囲のサイズをまず確認します。アンダーバストと呼ばれる数値です。
ここをしっかりと測り、アンダーバストに合わせたブラジャー選びが出来ないとキレイに装着が出来ず、ボディラインが崩れます。
男性は女性よりも胸囲が広く、女性用のブラジャーでは合うサイズが無いと思いがち。
ですが大抵のブラジャーはベルト部分に伸縮性があり、留め部分にはホックが数か所あるので大体2センチぐらいの誤差なら心配いりません。
むしろゆとりのある方がムレや締め付けでかゆくなるのを防げるので、数ミリから1センチぐらい盛ったサイズを選んだ方が無難です。
ガタイが良くて既製品ではサイズが無いという人でも、アジャスターというブラジャーのホックを延長するアイテムもあるのでチェックしておきましょう。

20191217_1

次に、胸のふくらみが欲しかどうかを選びます。
基本的に胸のふくらみが欲しい場合は胸パッドをブラジャーの中に入れるのですが、その分の欲しいカップ数とそれに合わせたブラのサイズも見ておきましょう。
こちらも先ほど説明した通りブラジャーの伸縮性によってある程度の大きさは再現可能なのであまり気にしなくてもいいかも知れないですね。
日本の平均的な胸のカップ数はA~Cカップなので、それに合わせれば違和感なく女性の胸を表現できます。
胸の大きさも、その日の気分によって変えても良いので様々なブラジャーのデザインとパッドの大きさを用意しておいても楽しいです。

20191217_2

また、胸パッドは一般的にシリコン製の物が主流でホンモノの女性の胸に近い触り心地なのでオススメ。
結構重さがある分、あまり欲張ってDカップやそれ以降の大きさのパッドを装着すると、重くて肩こりや息苦しさを感じるのでやはりCカップぐらいが無難ですね。
逆に小さすぎると、男性の大きな身体の幅に対して不自然に小さい膨らみとなってしまい、見た目に違和感を感じてしまうのでバランスが大事。
シリコン素材は汗を吸収しないので、女性よりも汗をかきやすい分、あまり長時間の装着は気分が萎えてしまう事もあるので取り扱いには慣れが必要です。

ショーツ

20191217_3

ショーツは女性用でもMサイズLサイズという基準で表記されているため分かりやすいでしょう。
自信で普段履いているトランクスやブリーフのサイズと同じものを選べば基本的には大丈夫ですが、ペニスをちゃんと収納できるキャパのあるショーツ選びが大事。
一番選んで無難なショーツは、スタンダードと呼ばれるタイプで、お腹とお尻をしっかり包むデザインなためしっかりとペニスを納める事が可能です。
女装でデニムを選ぶ場合、女性用は股上が浅いデザインが多いため、スタンダードタイプのショーツだとデニムからはみ出す事があります。
その場合は同じく股上の浅いヒップハングというタイプのショーツを選びましょう。

女装, 男の娘

Posted by mazotown