舐め奉仕する時の注意点!

M初心者向け

近年、S女性や女王様の間で舐め奉仕が得意なM男性の需要が高まっているのはご存知でしょうか?

『性欲発散したいけど彼氏やセフレを作るのは面倒だし舐め奉仕だけしてくれるM男の存在は助かる』
『舐め奉仕が得意な男は全体的にMとしてのポテンシャルが高い』

こういった理由で舐め奉仕が得意なM男性を求めるS女性や女王様が多いのだそう。
M男性にとっても舐め奉仕といえば憧れの命令なだけに、これは嬉しい事実ではないでしょうか。

とはいえ、舐め奉仕が好き、憧れているというだけでは女性に気に入ってもらえる事は少なく、たとえ舐め奉仕希望の女王様と知り合えたとしても一度きりの関係で見限られてしまう場合も多いよう。
やはり、折角女王様と知り合うならお気に召してもらいたいし、長く傍に置いていただきたいと思うのがM男性の性ですよね。

そこで今回はS女性や女王様に聞いた、舐め奉仕をする際の注意点について紹介したいと思います。

舐め奉仕志願のM男性は是非チェックしてみてくださいね!

pn065_201119_001

時間をかけて休みなく奉仕をし続ける

『舐め奉仕を始めて10分20分ですぐに疲れて休んでしまうM男はちょっとガッカリ。その程度の時間だとやっと段々気持ちよくなってきたなという所だから、そこで休まれてしまうとこっちの気分やテンションもまたゼロに戻ってしまう。一度イクのに3,40分はかかるから、やっぱり最低でもそれくらいの時間は休みなく奉仕し続けてほしい』

『私が今お気に入りの奉仕奴隷は、最低でも一時間は休む事なくじっくりと舐め奉仕をしてくれます。私の場合、一時間で2,3回はイケるのでかなり満足しています。いつもより性欲が高ぶってもっとイキたいという時は一時間半とか二時間近く奉仕してもらう時もありますね』

女王様に喜んでもらえる舐め奉仕をするとなると、やはりどれだけ長く舐めていられるかも大事。上限はありませんが、最低でも30分は舐め奉仕し続けられるM男性が望ましいという意見がとても多く寄せられました。
舐め奉仕の持続力に自信がないというM男性はまず30分を目標にして練習するといいですね。

ちなみに持続力をアップさせる練習方法には舌を伸ばした状態で舌に割り箸を挟むというものがあります。
強制的に舌が出る状態にして、その上で舌を動かす練習をしてみましょう。
慣れないと辛いかもしれませんが、この方法で持続力を高める事で女王様に満足してもらえる舐め奉仕に繋がります。

ひげはきちんと手入れしておく

『一目見てヒゲが生えていたら舐め奉仕の経験がないか、ヘタだなと判断する。そして実際にヘタ。ヒゲが生えていたらチクチクして気持ちよくないのが想像できないのかなと思うし、想像できない時点で奉仕には向いてない』

『専属の舐め奉仕奴隷は奉仕のためにわざわざ口周りの髭を脱毛してくれています。剃っても時間が経てば多少は生えてくるし少しでも不快感を与えないための気遣いだと言っています』

舐め奉仕をするには口周りの身だしなみも大切。髭が生えっぱなしというのはその時点で舐め奉仕するのに失格だと見做されるようです。
脱毛までするとなると大変ですが、本当に気に入ってもらいたい場合はそこまでの意気込みを見せる事でアピールにも繋がるかもしれませんね。

それでも最低限直前に髭は綺麗に剃っておくのがマナーと言えそうです。

様々な部位をバランス良く舐め奉仕する

『舐めて奉仕して、って言うとオマンコのワレメの部分しか舐めない男性は奉仕が下手だなって思いますね。もうちょっと女性の性感帯を理解してから舐め奉仕に臨んでほしいです』

『全身マッサージをするような感覚で舐め奉仕をしてくれるM男は奉仕が上手だと感じます。例えば、全身マッサージをお願いしているのに延々と肩だけ揉む、足だけ揉む、っておかしいじゃないですか。まずは肩からほぐして次は背中や腰、そしてお尻に太もも…といった感じで全体的にバランスよくマッサージしてくれるのが普通ですよね。それと同じで、陰部って限られた場所でも、クリトリスやラビア、陰唇に足の付け根と、奉仕されて気持ちいい場所がたくさんあるので、その箇所を満遍なく奉仕できるM男なら即決で専属奉仕奴隷にしたいくらいです』

舐め奉仕を命令されると、陰裂部やクリトリスなど、一部の場所だけをひたすら舐め続けるM男性も少なくないようです。女性器で感じる場所というとその2箇所しかないと考えているM男性が多いのがその理由かもしれませんね。

女性器とひとくくりに言っても様々な部位があります。そしてその全てが性感帯となり得るのです。

・陰裂
・クリトリス
・小陰唇
・大陰唇
・鼠蹊部

最低でもこの5箇所をバランス良く舐め奉仕できるように意識しましょう。
上記の意見でもあったように、全身マッサージをするような感覚で行うと良さそうですね。

ちなみに一番最初に舐める場所として多くの女性から支持を得ているのは陰裂です。
まずは陰裂を舐めて、次に小陰唇や大陰唇を奉仕。こうする事で徐々に気分が高まるのだそう。そしてその後鼠蹊部に移動する事で、性的興奮はマックスに。その状態で最後にクリトリスを舐め奉仕すると、スムーズに絶頂に達する事ができるのだとか。

もちろん感じやすいポイントは人それぞれなので、相手の好みに合った舐め奉仕を行うべきですが、舐め奉仕初心者のM男性はこの順序を頭に入れておけば及第点をもらえるかもしれません。

バリエーションに富んだ舌遣いを心がける

『ただペロペロ舐めるだけなら犬でもできる。一応人間なんだから、強弱を付けるとかスピードを変えるとか、舐め方も工夫してほしい。それが出来ないM男は舐め奉仕志願を語る資格もないと思う』

『場所によって舐め方に変化を付けてくれるM男性が奉仕が上手かどうかの基準になりますね。例えばオマンコの割れ目の部分を舐める時は舌全体を使って舐めるとか、クリトリスは吸い付きながら舌を高速に動かして舐めるとかいった感じで、舐め方のバリエーションが豊富なM男性は2回3回と継続して関係をもちます』

舐めると一言で言っても舌を早く動かしたり、ゆっくりと這わせるように舐めたりなど、その方法は様々です。そして、このM男は舐め奉仕が上手だなと思ってもらうにはバリエーションに富んだ舌遣いを心がけるのがポイントの一つでもあります。

・舐めるスピードに変化を付ける
・舐める際の圧の強さを変える
・使う舌の面積を変える

以上の3点を意識して舐め奉仕を行う事で単調にならず、女王様に満足してもらえやすくなるでしょう。

その他にも、

・唇を這わせる
・吸いつく
・吸い付きながら舐める

と、舌だけでなく唇も使って奉仕が出来るとベスト。
実は唇も使う事で舌を休憩させる時間が出来るので、舐め奉仕の持続力がグンとアップするというメリットもあるのです。

ちなみにより効果的に舌遣いのバリエーションを発揮するには部位ごとに適した舐め方をする事。

例えば、陰裂であれば舌全体を使って少し圧を加えながら舐める。大陰唇は唇を這わせるように舐める。といった感じで、部位ごとに舐め方を使い分けられるといいでしょう。
小陰唇を唇で啄みながら、その付け根は舌先でくすぐるようなフェザータッチで舐める、なんて合わせ技が出来るようになれば完璧です。

また、吸い付いての奉仕は最も刺激を与えられる方法です。それだけに、フィニッシュを迎える直前のクリトリスには特に有効。クリトリスに吸い付きながら舌を高速で動かし舐めると、相手に堪らない快感をもたらす事も可能です。

女王様の反応を敏感に察知する

『ソコ、もうちょっとしっかり奉仕して欲しいと思ってもスルーされるとちょっと残念な気分になる。私が細かく指示をすればいいのだけど、正直それは面倒だから私の反応とかで察してくれるM男は分かってるな、と思う。それに言葉にしなくても意思をくみ取れるM男は基本的に相性がいいと思うし、色々な意味で私を満足させてくれる場合が多い』

『私の所有している奴隷は舐め奉仕がとても上手いです。最も関心するところは私が何も言わなくても察してくれるところです。多分、私の腰が少し揺れたとか、濡れてきたとかちょっとした変化で判断しているのだと思いますが、重点的に舐めてほしい箇所を分かってくれています。普段の調教の時は痛いのは苦手、気持ちいいSMプレイをして欲しいなどちょっとエゴマゾな所もある奴隷ですが、奉仕が上手なので手放せません』

M男性には察する能力を求めるS女性や女王様も多いもの。それは舐め奉仕の際も例外ではありません。
むしろ舐め奉仕の時にこそ、いちいち指示をしなくても反応で察して思い通りに奉仕をしてほしいと考える女性は少なくないようです。

・吐息が漏れたり、腰がゆっくり揺れると気持ちいい証拠なので長めに奉仕する
・腰が逃げるような仕草を見せた場合は不快に感じている可能性大なので違うアプローチを行う
・足の付け根の筋肉が小刻みに締まりだしたらイキたいの合図なので、クリトリスを重点的に奉仕する

以上が女性の性的刺激における一般的な反応なので、見逃さないように敏感に察知しましょう。

女性によっては反応が薄い人もいるだけに、僅かな反応の違いで気持ちを察知するのは難しいかもしれないですが、こういった気遣いができるようになれば、苦痛系の調教は苦手など他の面でMとして劣っていたとしても可愛がってもらえる可能性は高いようです。

自身の欲情は抑える

『舐め奉仕しながら自分が興奮してるのか鼻息を荒くしながら奉仕するM男はちょっと苦手。鼻息が気になって気持ちイイと思えないし、そういうM男に限って早くイケと言わんばかりに乱暴な奉仕をするから、この男はハズレだなと判断する。私が気持ちよくなる前に自分が気持ちよくなるなんて奉仕奴隷として失格』

『私の奴隷は粛々と奉仕をしてくれます。初めて奉仕をさせた時、気持ちいいのはいいので不満はなかったのですが、あまりに平然と奉仕を続けるので、舐め奉仕で興奮しないなんて珍しいなと思っていました。けれど奉仕が終わってから奴隷の下半身を見るとしっかり勃起していて、大量の我慢汁まで垂らしていたので、とても愛おしくなりました。自分の性欲を表に出さずに奉仕に集中してくれる奴隷って健気で可愛げがありますね』

女性の舐め奉仕をさせてもらえるなんて光栄な事だし、目の前にオマンコがあってしかもそれを舌で味わえるなんて、M男性なら興奮しないわけがないですよね。
けれど奉仕の最中にそれが全面に出てしまうと、相手の女性の事よりも自分が快感に浸りたいという欲求の方が強くなるので、自分本位な奉仕に陥りがち。

一切興奮せずに舐め奉仕を行うというのは無理かもしれないですが、とにかく女性に快感を感じてもらいたいという気持ちを強く持てば、自身の欲情を抑える事は可能なはずです。
相手のS女性や女王様の事よりもまず自分、という姿勢や意識はエゴマゾのように思われて心証も良くないので、相手への奉仕精神を絶対に忘れないようにしましょう。

女王様に気持ちよくなってもらう事だけに徹する事が大切!

S女性や女王様に聞いた、舐め奉仕をする際の注意点を紹介しました。

冒頭でもお伝えしたように、近年舐め奉仕奴隷の需要は高まっており、舐め奉仕が得意なM男性が重宝されています。
今回紹介した舐め奉仕における注意点さえ頭に入れておけば、きっと女性に喜んでもらえる奉仕ができるはず!

舐め奉仕志願のM男性は是非参考にしていただいて、舐め奉仕奴隷を探しているS女性や女王様にアプローチしてみてくださいね!

Posted by mazotown