▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

女王様に長期的に可愛がってもらう為の溺愛されるMとしての姿勢

M初心者向け

女王様に長期的に可愛がってもらう為の溺愛されるMとしての姿勢

preface

あなたはM男としてちゃんと女王様にご奉仕できていますか?

プレイの相手をするだけではご奉仕としてまだまだの場合があります。
ただのパートナーというだけでは女王様はまた代わりのM男を探すこともできてしまいます。
女性の方がやはり圧倒的に需要があるので女王様がひと度ペットを募集すればいくらでもM男は集まってくるでしょう。

そこで求められるのがM男側のご奉仕の姿勢。
女王様と長期的な関係を築きたいのであれば女王様にも自分を心から気に入ってもらわなければなりません。
そのためにはどうすればいいのか、真のM男としてのスタンスをこの記事では紹介していこうと思います。
まだ「調教してくれる女王様がいない!」というM男の方もせっかく見つけた女王様に嫌われないためにもぜひ知っておきましょう!

女王様にご奉仕する際の姿勢

attitude

M男として女王様へ失礼のないように隷属するためにはまずしっかりとした心構えを持ちましょう。
プレイの中でただ女王様の言いなりになっていればいい、と思うだけではいけません。
女王様も一人の女性です。
まず、一人の人間として男性として女性に恥ずかしい思いをさせないようにすることが必要不可欠です。
そのためにはどうすればいいか、具体的な例を挙げて紹介します。

①まずは清潔感と身だしなみ

まずは女性と接するということで身だしなみをきちんと整えておくことは大切です。
女王様が友人として他人に紹介しようと思えばできるレベルで恥ずかしくない格好をしておきましょう。

それは何も服装にお金をかけるということではありません。
たとえプレイでぐちゃぐちゃになるとしても女王様と会う時は髪型をきちんと整える、爪や鼻毛やあとできれば眉毛も整えるなど基本的な清潔感の部分になります。
そういった細かい部分に気を遣うことで女王様は誇らしい気持ちになり、「またプレイをしたい」と思ってくれるようになります。

②性欲がMAXの状態になるように調整しておく

せっかくの女王様とのプレイの日。
そんな大切な日にあまり性欲がないというのではプレイはあまり盛り上がらず女王様をがっかりさせてしまう可能性もあります。
なのでプレイの日に自分の性欲がいい感じになるように調整しておくことは大切です。
よほど性欲が凄まじい人ならともかく、前日にオナニーをするのは我慢しておいた方が無難です。
どのくらいの期間を開ければムラムラが最高潮に達するのか自分のリズムを把握しておきましょう。

ご奉仕されたい女王様の気持ちとは

queen

ご奉仕してもらいたい女王様の気持ちを知っておくこともM男として大事です。
女王様の心理を理解することでより女王様に喜んでもらいたいという気持ちも生まれます。
それこそが真心を込めて尽くすという「ご奉仕」です。

女王様は性欲が高まってM男ご奉仕をしてもらいたいと思うということは基本的にありません。
女王様がご奉仕をしてもらいたいという気持ちになるのはストレスが溜まっている時であることが多いです。
何かがうまくいかない時はもちろん、ただ単に退屈であるという時にもストレスというのは感じます。
ご奉仕してくれるM男を募集している女王様はそういった女性が多いです。
そんな時はM男の出番です。

そんな女王様の気持ちを汲んで真心を込めたご奉仕ができれば女王様は気持ち良くなってくれるだけではなく心から喜んでくれます。
喜んでくれるということは心を掴むということ。
それができれば女王様は「またこのM男とプレイをしたい」と思ってくれるようになります。
M男は自分が気持ち良くなりたいという気持ちだけではなく、女王様を癒して差し上げるという気持ちでプレイに臨みましょう。

ご奉仕向きのプレイとは

service

さて基本的な心構えがわかればあとはプレイを楽しむだけです。
しかし色んなプレイがあるSMの中でご奉仕向きのプレイとはどんなものになるのでしょうか?
次は女王様がご奉仕心を感じてくれやすい代表的なプレイとそのやり方を把握していきましょう。
SMには舐め犬という言葉もあるように基本的なスタイルは「舐め」です

【ご奉仕プレイ①】クンニ

conclusion

まずご奉仕プレイとしていちばんに挙がるのがクンニです。
普通のプレイではじっくり時間をかけたクンニというのはあまりやらない場合も多いです。
クンニというとただの前戯といった印象もありますね。

しかしM男×S女のSMではクンニはメインのプレイとなり得るプレイです。
性器というのは独特の匂いと風味があり本当にその相手のことを想っていなければなかなかできません。
女性の頭が男性より上にあるという両者の位置関係もSM的と言えますね。
女性のフェラチオが男性にとってはご奉仕となるように男性のクンニも女性にとってはご奉仕となります。

【女王様に喜ばれるクンニのやり方】

クンニはマンコを舐めるだけなので特に深く考えていないM男も多いです。
しかし女王様に喜んでもらうためにはクンニ一つでもポイントを押さえておいてこそ真の舐め犬。
気持ちいいクンニをするためのポイントはざっとこんな感じです。

・クリトリスや中以外もちゃんと舐める
・単調にならないように舌の動きを工夫する
・同じ場所ばかり舐めない
・強く舐めすぎないようにする
・歯を当てないようにする

女性を気持ち良くさせようさせようとしてクリトリスや中心部辺りばかりを舐めているようでは単調になり、相手も刺激に慣れてしまいます。
そのためマンコのビラビラや溝のある辺り、さらにその周りなども含めて大きな範囲を舐めることをおすすめします。
こういったマンコの外側部分もしっかり性感帯です。
こういう周辺部分は指で触るよりも舌のソフトの質感とザラザラ感の方がいい感じに感じてくれるのでクンニする時は意識してみてください。
フェラで女性の歯が当たると男性は不快なように女性もクンニで男性の歯が当たると不快になったり痛みを感じてしまう場合があります。
女王様へのご奉仕であれば特に気を付けたいポイントです。

【ご奉仕プレイ②】足舐め

foot

足舐めも押さえておきたいプレイの一つ。
足舐めは一般的なプレイとは言えませんがしかし足の指や足の裏が性感帯という女性も実は結構います。
例えば足の裏をそーって指で触ると気持ちいいですよね、あれって性感帯の証しなんです。

人間、日常生活の中で手の指は舐めることはあっても足の指を舐めるということはまずありません。
さらに足という地面に接する人の最も下のパーツを舐めるという屈辱感もM男にとってはたまらないところです。
蒸れて臭くなった女性の脚がご馳走に見えないようではまだまだ本当のM男とは言えません。
そんな場所を美味しそうに舐めてキモがられるというシチュエーションもM男的にはたまりません。

【女王様に喜ばれる足舐めのやり方】

足舐めは大きく分けて指を舐めるパターンと裏を舐めるパターンがあります。
裏は感じやすいポイントでもありますが女性によってはくすぐったさが優先されてしまう場合もあります。
そういう場合は裏の中心から離れた踵やつま先といった敏感度が多少落ちるポイントを舐めてみましょう。

指舐めは指と指の間を舐めるようにします。
舌先で愛撫したり臭いや汗を味わうようにフェラのようにしゃぶりついたり色々なバリエーションで舐めて差し上げましょう。

【ご奉仕プレイ③】アナル舐め

anal

アナル舐め、通称アニリングス。
アナルという排泄する汚い部分を舐めるということはM男にとって女王様への忠誠の証しにもなります。
そんなアナル舐めも押さえておきたいプレイです。
女王様的にもそんな綺麗とは言えない場所を男に舐めさせることによって気持ちいいだけではなく制圧感を感じることもできます。
マンコ、足、アナルのこの三つは舐め犬の三大ご奉仕ポイントとして覚えておきましょう。

【女王様に喜ばれるアナル舐めのやり方】

アナル舐めはいきなりすることもありますが基本的には第二ステップ的に考えておいたほうがいいかと思います。
例えばクンニや足を舐めた後の次のステップとして行う感じですね。
お互いアナルが大好きであればそれでも構わないのですが、じっくりプレイを楽しみたい場合いきなりアナルというのは急展開すぎる感があります。
それと、いきなりアナルを舐めてしまうとアナルを舐めた舌で他の部分を舐めることにもなってしまいます。

やり方的にはいきなりアナルそのものを舐めようとするのではなく、周囲から円を描くように舐めていくと焦らし感もあり女性は感じてくれます。
その後焦らされて我慢できなくなったアナルを舌先で刺激するようにします。
また他にも舐めるだけではなくキスをするなど女王様への忠誠の心もしっかり示すようにしましょう。

まとめ

conclusion

というわけで女王様とプレイをする時は自分のことばかり考えていてはダメ!といった内容でしたがいかがだったでしょうか?

せっかく知り合った女王様を一回や二回のプレイで手放すのはもったいないですよね。
しかしそんな残念なM男が多いのも実情です。
そういったM男はほとんど自分の性欲を満たすことしか考えていません。
どこへ出しても恥ずかしくないM男として女性としての気持ちもちゃんと理解しながら接するようにしましょう!
そんな気配りのできるM男なら女王様の方がそうそう手放しませんよ!

同じ趣向のユーザーが利用しているサイト


女王様と僕

女王様へのご奉仕プレイが実現できるSMコミュニティサイト。
アナル舐め、足舐め、クンニ奉仕で喜んでもらいましょう。
女王様に尽くすことがマゾとしての喜びであり至福の時です。

⇒【サイトをのぞいてみる】

Posted by mazotown