緊縛プレイ初心者入門!初心者がまず挑戦するべき楽しい縛り方5選

M初心者向け

マゾカスタム

SMと聞いて一番最初に思い浮かべる人が多いのが緊縛です。
縛られ自由の利かない体を蹂躙され弄ばれる。
与えられる刺激から逃れよう、あるいは求めようと身じろぎするたびにますます縄が食い込んでいく…
そして体も心も雁字搦めにされ支配されていく…
M男性にとって自由を奪われ肉体的、精神的に女王様に支配されるというのは無上の歓びであり、憧れのシチュエーションです。
SMに興味をもち、自分はMかもしれないと感じた時、縛られてみたいと思った男性も少なくないでしょう。
しかし、SMプレイにおいて最もポピュラーな緊縛はその内容によっては危険もつきもので、あまりの辛さにこんなはずじゃなかったと挫折する人も。
つまり、緊縛を楽しむには自分の経験値に合った方法で縛ってもらうのが一番なのです。
そこで、初心者でも安心して挑戦できる縛り方を5つ紹介したいと思います。

pn062_190315_001

菱縄縛り

緊縛の中で最も簡単にできる縛り方が菱縄縛りです。
SMの世界だけでなくバラエティ番組などでも目にする事もある緊縛の代表、ひいてはSMの象徴ともいえるでしょう。
一見複雑に見えますが、やり方を覚えれば非常に簡単で縄が一本あれば自分一人でも行えるので、自縛にも適しています。
ただし、体の自由を奪う拘束という意味ではあまり意味を成さないので、どちらかというと羞恥心を煽るのが目的であったり、観賞用としての緊縛として用いられています。
そのため、女王様に緊縛をお願いする時には全裸で立ったままの姿で縛ってもらいその後、辱めの言葉や罵倒を浴びせてもらうと被虐心をくすぐられるでしょう。
もし女装願望があるなら女性用の下着やセーラー服、OL服といったコスチュームを身につけての緊縛も人気が高いです。
一方、自縛を行う場合は手足が自由なので緊縛オナニーが可能です。
縄が体にフィットする快感を感じながら緊縛姿を詰られる想像をしてオナニーなど楽しみ方は色々あるので、自分好みの自縛オナニーを模索してみましょう。
菱縄縛りは体に負担がかかりにくく、なおかつ全裸緊縛、着衣緊縛共に体に痕が残りにくいのも特徴で、初心者にとっては最も挑戦しやすい緊縛です

亀甲縛り

緊縛の名前では菱縄縛りよりこちらの名前の方が聞き馴染みがあるかもしれません。
菱縄縛りはその名前通り縄で菱形を描くように縛りますが、亀甲縛りは亀の甲羅、つまり六角形になるように縛ります。
そのため菱縄縛りよりは少しレベルがアップしますが、こちらも自縛が可能なので、菱縄縛りに慣れてきたら挑戦してみてもいいでしょう。
菱縄縛り同様、亀甲縛りも拘束よりも羞恥心を煽る事を目的としているので、女王様に亀甲縛りをしてもらう時は『女王様のエロ亀イジメ』というシチュエーションでのプレイを提案します
まずは亀甲縛りを施してもらい、仰向けに寝そべります。
「ほら、エロ亀!さっさと頭を出しなさい」
このように女王様に詰られながら足で股間を弄られると、ムクムクと亀の頭がもたげ始める…
「エロ亀はこうされるのが気持ちいいの?ヌメヌメの汁が出てきたわよ。次はどこをイジメてやろうかしら」
「あら?甲羅に突起があるじゃない、コレは何?」
といった具合に亀甲縛りの柄を亀の甲羅に、チンコを亀の頭に見立て、女王様のハレンチなイジメに歓ぶエロ亀に変身してみましょう。
おとぎ話のように浦島太郎が助けに来るなんて事はありません。延々と女王様の気が済むまでイジメてもらいましょう。

股縄

股縄は女性に施される緊縛としてよく知られているので、緊縛初心者のM男性も自分が股縄をされたらどんな感じになるのだろうか、と興味をもつ人も多いと思います。
基本的に女性に施す股縄を男性にしても気持ちよさはあまり得られませんが、股縄をかけて余った縄の端を持ってハーネスの要領で引き回される事で、人間以下の奴隷犬といった屈辱の感情が芽生え被虐心がくすぐられるという事はあります
股縄自体は緊縛の中でも基本中の基本なので、奴隷犬願望もあるM男性にとっては挑戦してみる価値はあるでしょう。
首に首輪をはめられての引き回しとは違った感覚を得られるはずです。ちなみに、もう少し本格的な緊縛を受け入れられるようになると、股間縛り・玉縛りといった男性向けの股縄に挑戦してみてもいいでしょう。
勃起前にペニスや玉を縛られると、勃起した時に縄が食い込んで貞操帯となります。
その状態でローターや電マで亀頭を責められて、イキたくてもイケない悶絶地獄を味わわされる…なんて、M男性なら想像しただけで勃起してしまうのではないでしょうか。
股縄、股間縛り・玉縛り共に両手は拘束されないため、自縛が可能なので女王様にお願いする前に自分で試す事も可能です。
ただし、股間縛り・玉縛りに関してはペニスや玉をうっ血させすぎて血行障害を起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。
初心者であればやはり女性向けの股縄から試してみる方がいいでしょう。

後手縛り

拘束という意味での緊縛では最もポピュラーな縛り方です。
後ろで手を組んだ状態で胸部に腕を固定する形で縄をかけます。手首だけでなく腕全体を拘束するので自由度が少なくなり、女王様の責めにも抵抗できずなすがままに。
後手縛りの状態で正座、そしてそのまま上半身を前に倒され後ろ手四つん這いの体勢にさせられると、自然とお尻だけ突き出した情けない恰好となるのもこの緊縛の魅力でしょう。
後ろ手四つん這いの体勢は女王様の嗜虐心にも火をつけます
床にへばりついた顔の前にオマンコを差し出し舐め奉仕を命じられたりする事もあるでしょう。
舌だけで半ば無理矢理舐め奉仕させられるというのは屈辱的でM男性にとっては最大の歓びとなるのではないでしょうか。
お尻を突き上げた姿というのはペニスやアナルへの責めにも最適なポーズで、無抵抗の状態で執拗に陰部を責められ新たな性感を開発されるという事もありえます。
また、後手縛りは上半身を起こした状態の時には胸が強調されるので乳首責めにも適しています。
乳首責めが好きなM男性や女装子Mは後ろ手縛りで強調された胸をたっぷりとイジメてもらいましょう。
自由の利かない上半身をくねらせながら悶絶してしまう事間違いありません。
この後手縛りは他の緊縛と組み合わせて施される事も多いので、あらゆる緊縛の基礎となるものです。

開脚縛り

女王様に縛られてイジメられたいというM男性には最も興味深い緊縛方法がこの開脚縛りになるでしょう。
基本的には後ろ手縛りと併用される事が多く、両方の太ももとふくらはぎ部分をそれぞれまとめるように縛り、その後後ろ手縛りの縄と連結させ、M字開脚状態にさせるのが最もポピュラーな開脚縛りとなります。
これによりまさに手も足も出ない状況となるのです。
「何?このみすぼらしいチンコ」
「まだ何もしてないのに縛られただけで我慢汁垂れ流しにするなんてどうしようもない変態ね」

などと蔑みの言葉を浴びせられながら、ペニスやアナルを一方的に責められるなんてM冥利に尽きますよね。
もちろん恥ずかしさやあまりの強烈な刺激に足を閉じたくなっても自分の意志では股を閉じる事はできません。
女王様のなすがままにされ、何度も何度もイカされて…といったイキ地獄を味わう事も覚悟しておきましょう。

まとめ

初心者でも挑戦できる縛り方を5つ紹介しました。
菱縄縛りや亀甲縛り、股縄縛りのような手足の自由が利く縛りなら自分でもできるので、自縛の練習を行うにはピッタリでしょう。
一方、後手縛りや開脚縛りのような拘束を目的とする緊縛は自分で試すのは難しいかもしれませんが、自由の利かない体を一方的に責められるというM男性にとっては嬉しいシチュエーションでイジメてもらえるのが魅力的です。
是非、緊縛好きの女王様を見つけて素敵な緊縛ライフを楽しんでくださいね。