M男向け電マで強制射精&前立腺刺激プレイ体験談

M奴隷調教

僕がMに目覚めたのは20代半ばの頃でした。
しばらく彼女もおらず、時々風俗を利用していました。なんとなくそれも飽きてきたような、さみしいような・・・と思っていた時に一人の女性と出会いました。

3つ年上の、当時28歳のエミさんという主婦です。僕はその時フリーターをしており、バイト先の飲食店で知り合いました。
エミさんは若い頃ギャルだったらしくそんな雰囲気が残っていて、いつもバッチリメイクでいい匂いがしていました。
身長155センチ位で、最初からキレイで色気のある人だなぁと気になっており、人見知りするタイプの僕にも気さくに話しかけてくれるので少しずつ親しくなっていきました。

ある日の飲み会で意気投合し、酔った勢いでホテルへと・・・
エミさんの胸はDカップ。色白でむっちりとした身体に興奮しました。
「旦那とは最近全然してなくて、すごく久しぶり」ととても積極的に求められ、互いに盛り上がりその晩は3回もしました。

そうしてセフレ関係になったのですが、2回目のセックスの時に
「実は私、けっこうSっ気があるんだよね。イジメてもいい?笑」と言われたのです。

「えー?痛いのはイヤですよ笑」
それまで、女の子に責められた経験もほとんどなく、SMといえば女王様にムチで叩かれるくらいのイメージしかなかった僕は笑いながらそう返しました。

「痛いことはしないから~。いっぱい気持ちよくしてあげるだけ♪」

「それなら、、いいですよ」

その日から、エミさんに責められるようになりました。

はじめは、目隠しされたり焦らされたり、手首を縛られて全身を舐められたり。いきそうになった時に「まだダメ。ちょっと我慢してみて?」と寸止めさせられたりしました。
毎回乳首やアナルを舐められるうちに、最初はそこまで感じなかったのに、だんだんと感度が上がってきて・・・
アナルに指や細いバイブを入れられて感じるようにもなっていきました。

エミさんとせフレ関係になって3ヶ月くらい経った頃には、オナニーの時に自分でアナルをいじるようになっていました。
毎回どんどん快感の増していく刺激的なセックスにすっかりハマってしまい、週イチペースで会っていたと思います。

その夜は、ラブホのSMルームに初めて行きました。
壁にはX型の張り付け台があり、脚を開いて手足を拘束できる椅子も。赤を基調とした、いかにもといった雰囲気の部屋です。

SMルーム

お互いにシャワーを浴びるとエミさんはバスローブ姿になり、
僕は全裸に首輪を付けられました。

「いいね、この部屋。いつも以上に盛り上がっちゃいそう♪」
「私と会ってない間、ちゃんとオナニーしないで精子溜めといた?」
そう言って僕の金玉を優しく触ってきました。

「もちろんです…」

「えらいね。じゃあ今日もたっぷり可愛がってあげるね?…ねぇ、これに繋がれてみたいでしょ?」
張り付け台を指してそう言われドキドキしました。

「あっ…はい…」

「〇〇くん、すっかりドMになっちゃったね。かわいい」

エミさんは笑いながら僕の手足に枷をつけていきます。
拘束されただけですっかり興奮してしまい、チンポも完全に勃起していました。

「今日はコレ持ってきたんだ」

手には電マが握られています。
前にも一度、コレで亀頭を責められたことがありました。

「もうこんなに大きくしちゃって。いやらしいオチンチンね。乳首も立っちゃってる」

僕の耳元に唇を寄せ甘い声でそう言いながら、エミさんはベッタリとくっついてきて、電マの先で乳首に触れてきました。
そしてスイッチが入れられ、思わず声が漏れました。

「どこが気持ちいいのか言ってごらん?」

「あっ…あ~…、乳首が…乳首が気持ちいいです…」

はしたない言葉を言わされると背筋がゾクゾクします。しばらく電マで乳首を責められ、それだけでチンポの先からガマン汁が沢山出ました。

「乳首しか触ってないのに、エッチなお汁こんなに出しちゃって。こんな風に張り付けにされて興奮してるなんてほんとに変態だね」

「う…もう、イキたいです…。チンポも触ってください…」

「まだダーメ。次はお尻で気持ちよくしてあげるね。まだ精子出しちゃダメよ、我慢できる?」

張り付け台から開放され今度は、もう一台の器具…産婦人科の診察台のような椅子にM字開脚で座らされて、また手足を固定されました。
椅子に座って丸見えになったアナルにローションが垂らされ、まずエミさんの細い指が入ってきました。指でアナルをほぐすようにイジられたあと、たっぷりローションを塗られたエネマグラがあてがわれます。

「〇〇くんはお尻イジられるのが大好きになっちゃったもんね。女王様、お尻の穴もっとイジメてください、ってお願いしなさい」

「ハイ…。お尻の穴、イジメてください…お願いします、女王様」

その時初めて「女王様」と口にしてとても興奮してしまいました。
女王様も楽しそうに笑みを浮かべ、エネマグラをアナルに押し込んできました。指とは違う圧迫感のあとジワジワと快感が広がってきます。
すぐには動かされずしばらく入れただけの状態で、いやらしくディープキスをされたり、首筋から乳首にかけてチュッチュッとキスを繰り返されました。
そして直腸内がエネマに馴染んできた頃、女王様が少しずつ動かし始めます。はじめはゆっくり、前立腺を押してマッサージするように刺激されて、だんだんピストンが激しくなっていき・・・
グチョグチョいやらしい音と自分の喘ぎ声が室内に響き渡り、射精感がこみ上げてきます。

「気持ちいい?」

「気持ちいいです、もうダメです、イッちゃいます」

「お尻だけでイッちゃうの?」

必死に耐えようとしましたがもう頭は真っ白になり我慢できず…チンポからドクドクと大量の精子が溢れてきました。

「あ~。まだいいって言ってないのに…ダメな子ね。」

「でも、お尻だけでイケるようになったね。カワイイ。しょうがないなぁ…そんなにイキたいならもっとイカせてあげる」

女王様が再び電マを手に持ち亀頭に当ててきました。
ブルブルと震える電マの先で、溢れた精液をヌルヌルとローションのように塗り広げながら、亀頭を刺激してきます。エネマグラもアナルにささったまま、イッたばかりのチンポを責められ苦悶の表情を浮かべる僕にお構いなしで

「ホラ、早く精子出しなさい。全部空っぽになるまで許さないから」

と言い、亀頭責めをしながら耳や乳首を舐めてきました。
そしてまもなく二回目の射精・・・

女王様はまだチンポから電マを離してくれません。

「ちょ、ほんともう無理です…おかしくなっちゃいます…」

「何言ってるの、まだまだよ。まだここに精子あるでしょ?」

笑顔で金玉をきゅっと優しく握られてから、電マを当てたまま、更に竿を扱いてきました。

「うう…もう…、やめてください、、お願いします」

ほとんど泣きながらそう頼みましたが、女王様は笑顔のまま手を止めてくれません。

いつの間にかエネマグラは抜けて床に落ちていました。
精液でグチョグチョのチンポを扱かれ続け、亀頭には電マ・・・もう何が何だかわからなくなりながら、結局その後も2回射精させられました。

やっと拘束をほどかれた後は、ぐったりとベッドに倒れ込み、全身ベタベタのまま眠ってしまいました。

目を覚ますとエミさんは
「ちょっとやりすぎちゃったかな?ごめんね。でもまたしようね♪」と笑顔で言ってきましたが、その時はさすがに、もう勘弁してください・・・と苦笑しました。

でも。
時間が経つとまた、何度も強制射精させられた時のことを思い出してしまい、またもっとイジメてほしいと思ってしまったのです。

すっかりドMになってしまい、気付いた時にはノーマルなセックスには戻れなくなっていました。
エミさんとは自然消滅してしまったので、それからはSMパートナーと出会えるサイトを利用して、いつもアナル責めや連続強制射精をしてもらっています・・・。

M男, SM体験談, アナル

Posted by mazotown