女王様から受ける射精管理の全て

M奴隷調教

「これからは私の許可なく射精するのは禁止よ」

と女王様から言われてみたい…と密かに熱望するM男も少なくないですよね。
射精管理は一見地味ではありますが、四六時中女王様に管理して頂いているという状況なだけに、常に女王様の存在を実感できるプレイでもあります。たとえ離れている時でさえ、女王様からの調教や命令をこの身に感じていたい…!というM男には無上の歓びとも言えるものではないでしょうか。

とはいえ、射精管理なんてある程度SM経験のあるM男でないと挑戦するのは難しいのではないかと、諦め半分に感じている初心者M男も少なくないですよね。

けれどそれは間違った認識です。

というのも、射精管理の内容や方法は女王様の考え次第でそのバリエーションは無限大。それだけにSM経験の少ない初心者M男でも挑む事が可能なのです。
つまり、SM経験が乏しいからといって射精管理の命令をしてもらう事を諦める必要はありません!

そうは言っても、一般的にはどんな射精管理命令があるのか、どんな内容を言い渡されるのか、射精管理をされると生活を送る事になるのか、気になるところではありますよね。

そこで今回は、実際に女王様に射精管理を受けた事のあるM男性達にアンケートを取り、その中から初心者M男でも実践できそうなものを厳選してみました!

コックリング&貞操具をはめられ極限焦らし責め

pn065_200710_001

僕の女王様は焦らし責めが大好きで、調教の際はまず最初に必ずコックリングと貞操具を装着させられます。
装着し始めはその存在はさほど気になりませんが、調教が進むにつれてペニスが反応し始めるとコックリングが玉と根元に食い込み、貞操具に竿全体を締め上げられる事に…。
これだけでも充分辛いのですが、女王様の焦らし責めはここから始まります。
僕の感じやすい場所、乳首を指や舌、ローターでたっぷり時間をかけて嬲られます。

「あぁん…」
「気持ちいいの?」
「はい…」

乳首責めで僕のペニスはますます勃起してしまいます。けれどコックリングと貞操具で戒められているため、勃起すればする程泣きたくなるくらい締め付けられて…。

勃起させたいのに出来ない、触りたいのに触れない、そんなもどかしさに自然と腰まで揺れてきてしまいます。

「腰が揺れてるわよ、そんなに気持ちいいのにイケないなんて可哀想」

こんな状況にしているのは女王様なのに…言葉では同情しながらも嗤う様に僕は女王様のサディスティックな部分を感じてますます興奮してしまいます。

もう許してください…と懇願してもまだ始めたばかりでしょ、と即答で却下されて僕はシーツを我慢汁でベチョベチョに濡らすくらいしか出来ません。

ひとしきり乳首を弄り尽くした女王様は次のターゲットを股間に変えます。
パンパンに張り詰めた金玉に優しく触れた後、金属製のコックリングの先端の穴に指を差し入れくすぐるように尿道口を撫で回します。
既に我慢汁でヌルヌルになっているそこに触れられると、乳首の気持ちよさどころではない快感が一気に押し寄せます。

「あぁっぅ…!」

思わず背中を仰け反らせながら声を上げてしまう僕を楽しそうな表情で見つめる女王様。もちろん尿道口を撫で回す指の動きが止まる事はありません。

あぁ…もう早くイキたい…

もどかしさで目の端から自然と涙が零れてしまいます。

「泣いちゃう程気持ちいいの?じゃあもっと気持ちよくしてあげる」

と言うと、女王様はコックリングの隙間から舌を差し入れ裏筋を舐めます。

「…っ!!!!」

そこは僕が一番弱い場所です。オナニーする時は、裏筋を擦るように扱いて射精するくらいなので、そんな場所を女王様の舌で刺激されたらもう堪りません。僕の口からは声にならない声が漏れます。

チロチロと動く女王様の舌は扇情的で、裏筋が気持ちよくて、でもコックリングと貞操具でペニスはぎゅうぎゅうに締め上げられて、イケなくて…。

もう、早くイキたい、イキたい、イキたい…!

頭の中は射精の事しか考えられなくなってしまいます。
こうなるともう、僕の自尊心も羞恥心もかなぐり捨てて懇願するしかありません。

「女王様…もう限界です…どうか射精させてください…!」
ペニスからも涙を流すように我慢汁が止め処なく溢れてしまっています。

「仕方ないわね、じゃあ外してあげる」
ようやくお許しが出ると、コックリングと貞操具は女王様の手によって外されます。
解放されたペニスは見る見るうちにそそり立ち反り上がって…
この時点での開放感の快感も半端なく気持ちいいのですが、戒めを解かれてようやくペニスに触れられる時の快感は頭がおかしくなりそうで…
僕は女王様の目の前で一心不乱にペニスを扱き上げると、いつも盛大に精液を吹き散らしてしまうのです。

(32歳・ヨッシー)

コックリングや貞操具は射精管理にはよく使われるアイテムですが、それだけに効果は絶大!
上級者になると何日も装着しておく事を命じられたりもしますが、プレイ中のみの射精管理であれば初心者M男でも耐えられそうですし、射精管理の快感を存分に味わう事が出来そうですね。

容赦ない手コキ責めでの逆射精管理

pn065_200710_002

ボクは調教前には数日間、自主的にオナ禁をしています。それは女王様への忠誠心だとか、楽しんでもらうためだとかいうよりは自分自身の保身のためといった方が正しいかもしれません。
というのも、ボクが調教していただいている女王様は手コキ責めが好きで、一度の調教で何度も射精させられるのです。
その回数は最低でも5回。最初の2,3回は何とか気持ちよく射精出来るのですが、数回の射精で性欲が満たされてからの強制射精が本当に辛い。でも女王様にとってはそこからが本番なのです。

「ほら、まだまだイケるでしょ?」

と、ローションを垂らされ無理矢理手コキをされます。
当然賢者タイムなど女王様には知った事ではなく、射精直後の敏感なチンコであってもお構いなし。
あまりの辛さにのたうち回ると、動くな!と叱られ手足を拘束されてしまいます。
そうなると後はもう、女王様のなすがままでボクは完全に女王様へチンコを委ね、与えられる刺激に耐えるしかありません。

実はこの強制手コキ責めでの逆射精管理は最初こそ本当に辛かったものの、女王様にチンコを委ねなすがままの刺激に耐え続けているとその刺激に快感を覚えるようになりました。
そのおかげか今では潮吹きや空打ちからのドライオルガズムまで出来るように。
逆射精管理で新たな性の快感まで見出せるようになって自分でもビックリです。

(28歳・Mチン)

射精管理というと、射精する事を禁止される、我慢させられるというイメージが強いですが、その逆に際限なく射精させられる事もまた、女王様の意志の下で行なわれるという点においては一種の射精管理といえるでしょう。
想像すると辛そうですが、ただ女王様の手コキに耐えるだけという点や、後々新たな性感に目覚める可能性があるという事から、初心者M男でも受け入れ可能な射精管理となるのではないでしょうか。

「イキたいなら3擦りでイケ!」許されるのは一日3擦りのみの公開オナニー生活

pn065_200710_003

射精をしろともするなとも言われないので、射精管理になるかどうかは分かりませんが、自分は性欲発散行為として、女王様から一日に3回だけチンポを擦る事を許可されています。
3回だけというのは手を1往復させるのを1回と数えての3回であり、つまり、射精して性欲発散したいなら3擦りで済ませなさい、という事です。
もちろんそれ以外の性欲発散行為は禁止されており、1日3擦りのオナニーはスカイプを通じて女王様に公開・報告する事も義務づけられています。

この3擦り公開オナニー生活は最初こそさほど苦もなく耐えられるのですが、徐々に辛くなってくるところにこの命令を出した女王様のサディストな部分を思い知らされます。

1週間も経つと、普通にオナニーをして射精したくて堪らなくなるのですが、3回しか擦れないというもどかしさで狂いそうになります。
“どうかイカせてください”とお願いしても最初から射精を禁止されているわけではないので“3回擦ってイケばいいじゃない”とあしらわれるだけ。この言葉にいっその事完全オナニー禁止にして欲しかった…と恨めしく思う事もしばしばです。

結局3擦りで射精出来るようになるには最低3週間はかかるので、その間は“あと1擦り多くできたらイケたかもしれないのに…”など、地獄のような悶々とした気分を味わうようになります。
それでも毎日女王様にオナニー公開・報告をするというところに射精管理の醍醐味とMとしての歓びを感じてしまうのです。

(44歳・みこすり野郎)

三擦り半なんて言葉もありますが、それにも満たない回数でしかオナニーを許されない生活。想像しただけで股間が悶々としそうですね。
単なるオナニー禁止命令よりも辛そうですが、考え方によっては3擦りでイケればいつでも好きな時に射精して構わないという単純明快なルールなので、初心者M男でも取り組みやすい射精管理と言えそうですね。

女王様の名前を書かれチンコの所有権完全譲渡

pn065_200710_004

僕は女王様とは週一の頻度で会っていますが、女王様とのSMプレイ中でしか射精する事を許されていません。当然オナニーも禁止です。
かといって貞操帯などで強制的に触れないようにされているわけでもないので、こっそりオナニーをしようと思えば出来るのですが、それをしないのは僕のチンコの所有権は女王様にある、と目に見えて分かるからです。

僕のチンコには油性マジックで女王様の名前が書かれているのです。小便をする時や風呂に入る時など、チンコが目に入るたびに女王様の名前が書かれてあるのを見て、ああこのチンコはもう女王様のものなのだなと実感します。
そして、僕はMなのでその状況に堪らなく喜びも感じます。
女王様の名前は週一で会う頃には消えかかっているので、そのたびに上書きしてもらっています。

(50歳・和雄)

SMプレイの時のみの射精許可に普段はオナ禁。オーソドックスな射精管理でありますが、チンコに女王様の名前を書いてもらう事で、M男は射精管理をされているという気分をより高める事が出来ますし、常に女王様の存在を感じられるものとなりそうです。
また、週に一度、SMプレイの中で射精を許されるならさほど耐えがたいものではないはずです。初心者M男であれば、週一程度の射精管理から始めてもらうのがいいかもしれないですね。

アイデア次第で初心者M男でも楽しめる射精管理方法はたくさんある!

初心者M男でも実践できそうな射精管理方法を厳選して紹介しました。自分もされてみたいと思うようなものはあったでしょうか?

射精管理はアイデア次第でその方法は無限にあります。
M男側から“提案”という形で、女王様にお願いする事で理想の射精管理をしてもらえるかもしれません!

射精管理に興味のある女王様がいたら、思い切って希望を伝えてみてくださいね!

M男, SMプレイ, SM体験談, 射精管理

Posted by mazotown