メスイキ・女装子・SM出会い体験専門

出会い系で知り合ったお姉様からカカオで遠隔射精管理をされた体験談

M男の心得

pn064_190628_001[2]

『じゃあ今日から射精禁止ね』

このメッセージから僕の射精禁止生活が始まった。

事のはじまりは出会い系サイト。Mな僕はSっ気のある素敵なお姉様と出会えたらと胸を膨らませて使い始めた。そこで知り合ったのが今回射精管理をしてくれる文絵(ふみえ)さんだ。

文絵さんとは住まいも近く、26歳の僕よりも7つ上の33歳で年上好きの僕としては嬉しくもあったし、文絵さんも年下のM男を探していたという事で、お互いの好みが一致した事もあり意気投合した。

意気投合すると自然と会う話になる。文絵さんと知り合ったのは4月後半で、僕としてはできればゴールデンウィーク中に会えればいいなという希望があった。それを伝えると文絵さんは連休中に旅行へ行くという事で、僕は残念に思ったものの、連休明けの休みになら会えるという返事をもらえて気を持ち直す事ができた。

とはいえ、文絵さんが会えると言ってくれた日まで3週間ほどあった。そこで連絡先交換を提案するとカカオのIDを教えてくれた。

僕は早速カカオのIDにアクセスし、文絵さんと直接連絡を取り合う事となった。

「旅行ってどこへ行くんですか?」

「沖縄よ」

「いいなー」

「悠人くんは連休中どこか行く予定とかないの?」

「ないんですよねー。ずっと暇してます」

こんな感じで当たり障りのない世間話をしていると、文絵さんから唐突にこんな提案を受けた。

「じゃあ連休中にメール調教なんてどう?」

「えっ?どうしたらいいんですか?」

初めての事なので戸惑っていると、すぐに返信がきた。

「詳しい内容は今はまだ秘密よ。でも私が命令を送るからそれに従うの。どう?」

「やってみたいです」

Mの僕としては好奇心がくすぐられ、とりあえずOKの返事をしてみた。

そして、そんな僕の返答に届いた返事が、

『じゃあ今日から射精禁止ね』

だったのだ。

「射精禁止って…?」

いきなりの事でよく分からず聞き返す。

「言葉通りよ。今日から来月会うまで射精は一切してはいけないって事」

「悠人くんは普段どれくらいのペースでオナニーするの?」

「週に2回くらいです」

続けざまに聞かれて僕は素直に答えた。

「じゃあ今日からオナニーもできないね。って言ったらやっぱり辛い?」

「そうですね…辛いです」

「じゃあ私の気が向いたらオナニーさせてあげるかもね」

この辺りで僕はようやく状況を把握できた。つまり、僕は今日から文絵さんとの初対面までの約3週間はオナニーも射精もできないという事だ。

「とりあえず、基本的なルールは決めておこうか」

というメッセージと共に送られてきたルールがこれだ。

・オシッコする時や体を洗う時にチンコを触るのはOK

・朝立ちやエッチな事を考えて勃起するのもOK

・ただし勃起したからといって射精をするのはNG

・どうしても我慢できなくなった場合は私に相談する事

064syaseikanri

普段、週に2回はオナニーをする僕にとって、3週間も我慢できるだろうか、という不安があったけれどどうしても我慢できなくなったら相談してもいいという項目に僕は少し救われたような気がした。

「これでどう?何か質問とかあったら言ってね」

「できる限り頑張ります。ちなみにもし射精してしまった場合はどうなりますか?」

僕は純粋に疑問に感じた事を訊いてみた。しかし返事はこなかった。ここまで遅くても10分20分で届いていた返信が30分経ってもこなかった。何か気に障る事でも訊いてしまったのだろうかと心配になる。

1時間近く経った頃、ようやく文絵さんからメッセージが届いた。僕はすぐさま確認する。

「できる限りじゃなくて射精禁止といったら禁止なの。その上で射精したとなると、会う価値がなくなるよね」

M男性向け情報, SM体験談, カカオ調教, 女王様出会い

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!