夏はソープでソフトSM体験がおすすめなんです

M男の心得

日本全国ほとんど梅雨が明けて来て、ついに夏本番の季節となりましたね。
屋外で音楽フェスに参加したりするのもいいですが、根暗で草食系な男子のごとく部屋に引き籠ってエアコンの利いた部屋でエロ動画を漁るだけの生活も楽しいかもしれません。

けれどそんなじめじめとした毎日を過ごしているとあっという間に夏は過ぎ去って、秋が近づいて来たころにはもっと遊んでおけばよかった…なんて考えてしまいがちですよね。
ですから男ならやっぱり夏は屋内でエロ動画を観たり掲示板で喧嘩している暇があったら、外にお出かけして素人女とオフパコの一つでも楽しみたいものです。

しかしそんな勇気ないよ、女とまともに話した経験すらないよ!って人も多いかもしれません。
そんなモテない男たちの味方になってくれる場所といえばそう、風俗店です。

風俗店は商売で大人の男たちを相手にしているわけですから、それはもう風俗嬢の優しさはそこらの女とは比べ物にならないくらい素晴らしいものです。
汗っかきでまともに声も出ないような私のようなブス男にすら、笑顔で話しかけてくれてしかもディープなスキンシップまでしてくれます。

しかも日本という国は素晴らしい国で、部屋にお風呂の一つでも付いていればいわゆるソープと呼ばれるお店とみなされ、あんなことやそんなことまで出来てしまうわけですから最高ですよね。
ただ私はそんな当たり前のエロスでは残念ながら一ミリも勃起できない体質もとい才能の持ち主ですから、一般人とは少し違ったお遊びをソープ店でも楽しむようにしています。

ずばり私の場合ですと定番のお気に入りプレイといえばやはりソフトSMプレイであります。
なにを隠そうかなりのマゾ男である私は、お店が許してくれる限りは限界まで自分をいじめぬいてくれるようにソープ嬢にいつもお願いしております。

といっても最近は本当に暑くて体力も衰えているため、ここ最近の私のソープ遊びはもっぱらソフトめなSM体験となっています。
具体的にはたとえば足コキだとか顔面騎乗だとかを楽しむことが多いですね。

マゾカスタム

本当は楽しいソフトSM的顔面騎乗プレイ

20190731_3

顔面騎乗って窒息プレイじゃん!そんなハードなの耐えられないよ!なんて思ってしまう男性諸君も居るようですが、そんなことはありません、顔面騎乗にもいろいろとソフトなやり方があるわけです。
たとえば中腰のように、いわゆる下品な言い方をすればうんこ座りのようにした女性のお尻に、顔が触れるか触れないかという微妙な距離感で、顔とお尻がソフトタッチするだけでも立派なソフトSM系顔面騎乗プレイというわけです。

実際私の場合はそのソフトな顔面騎乗を時にはコスチュームを着たまま、時には全裸でアソコもアナルもむき出しのままやってもらって楽しんだりしております。
特にやはりソープとなりますと全身生まれたままの姿で絡み合うディープなスキンシップが醍醐味ですから、ついこの間のプレイでは69よろしく顔面騎乗をされたままディープスロートで攻められるというプレイ体験を楽しみました。

他のお店や彼女とのデートではまず実現できないような過激なプレイではありますが、これでもハードSMにくらべればとっても優しくていい感じに興奮できる、れっきとしたソフトSMなわけです。
そしてソフトSMのいいところは、そういった一つのプレイが終わったあともちゃんと他のプレイも継続できるくらいには体力が残ってくれるところですね。

ハードSMだと一種類のプレイを楽しんだあとには疲れとやり切った感、達成感しかありませんが、ソフトSMはある意味つねに焦らしプレイという感じなので、テンションを上げて保ったまま次の新しいプレイを楽しんでいけるから良いものです。

マゾ男なりの正常位マゾプレイとは?

001

私の場合ですとソフトな顔面騎乗SMプレイを楽しんだあとは、がっちりと正常位で抱き合って…なんてことはせずに、うつぶせになった私のアナルをじっくり攻めてもらうプレイへと移行します。
ここでアヌスに大きなペニスバンドを入れるのだろうな、と名推理を働かせる人が居るかもしれませんが、残念ながらそのようにはなりません。

なぜかといえば私が嗜んでいるのはあくまでソフトSMプレイであるからです。ソフトSMプレイには何よりも過激すぎるという要素はあってはいけません。より具体的にいえばほんの少し、を超えたレベルでの痛みなどはあってはいけないのです。

なので男のアヌスに大きな異物を挿入するといったプレイは行わず、その代わりにアヌスに対して長くじっくりと時間をかけた愛撫を行ってもらいます。
もちろんその愛撫はただ手で撫でたりするだけではありません。ここはやはりソフトといえどもSMでありますから、舌や足の指先など、普段は使わないだろう部位でアヌスを攻めてもらうわけです。

思い出してもらいたいのはここはソープのお店ですから、大体のことはできてしまいます。ですからほかのお店と比べてこのような少し過激なプレイもじっくりと楽しめる、というわけです。
じっくり時間をかけてアヌスを逆アナルプレイのように攻められたあと、もはや限界だと思ったあとはそのままソープ最大のお楽しみである、あの人間本来の子孫を残すかのような疑似プレイに移るのです。

しかもただ抱き合って動物がよくするそれと同じように、ただ腰を振って女のあそこにいろいろと放ったりするだけで満足するわけではありません。
これも思い出してほしいですが、あくまで私はソフトSMを楽しんでいるわけです。ですからソープらしいあの遊びの最中も、ただ腰を打ち付けるだけで満足することはありません。

ただ男性のものと女性のそれが激しく接触するだけでなく、相手となるソープ嬢もとい私にとっての女王様には、ことの最中ずっと言葉責めをお願いするのです。
いくのかいかないのかとか、こんなところでいってしまうのとか、そんな粗末なもので満足できると思ってるのとか、そういったことを見耳元で囁かれているだけで、普通のまぐわいとはまた違った興奮が得られるわけです。

男女の抱き合い、激しい性的な交流において、そこにソフトSMというスパイスを盛り付けることの素晴らしさを知った男性の性生活は、それを知らない人よりも圧倒的に刺激的で楽しいものであるということをこの際皆様によくよく知っていただきたいところです。
そしてこういった様々なSMプレイをじっくり楽しんだあとで、ちゃんと満足できるくらいまでイけるプレイをとことんまで楽しめるところがソープ店で楽しむソフトSMの醍醐味ではないかと私自身は考えている次第です。

ソープがダメなら出会いサイトで

ソープのお店なんて怖くていけないよ!なんていかにも草食系で根性なしな考えの男性諸君も居るかと思いますが、そういった方々はなにも風俗店にこだわる必要はないでしょう。
なぜなら今どきであればソープ店などに行かずとも、とても便利な出会いサイトが巷に溢れているわけですから、そういったサイトを使って良い痴女もとい素人女王様と出会えばよいのです。

そうすれば自分自身一度もこれまで体験したことがないような、ディープだけど無理のないソフトSMの数々を素人女王様たちと楽しんでいけるのではないでしょうか。
夏本番で遊んでおかないと損しかない季節がついに来てしまったからには、周りの意見も仕事や学業の忙しさもそっちのけで、ぜひともエロすぎる女性たちのひと夏のソフトSMを楽しんでみてほしいと思います。