女王様に溺愛されるMとしての姿勢

M男の心得

理想の女王様と出会いたい、そして個人的に調教されたい、何なら溺愛されて愛奴として傍に置いてほしい。

M男性なら誰もがこんな願望を抱いているのではないでしょうか。特に理想の女王様の愛奴となれたらMとしてこれ程幸せな事はありませんよね。
けれどそんな幸せを手に入れられるのは一握りの限られたM男性のみ。そう思うと自分には縁がないと諦めている人も多いと思います。

しかし、実際に女王様や、女王様の愛奴として仕えているM男性に話を聞いてみると意外な事実が発覚!
愛奴となるM男性には何か特別な魅力があったわけではないというのです。
では何故、ごく普通のM男性が女王様溺愛の愛奴となれたのか。詳しく深掘りしていきたいと思います!

M男性なら誰でも女王様に溺愛して貰える素質はある!

pn064_200703_001

まず、声を大にして言いたいのは、M男性なら誰でも女王様に溺愛して貰える素質がある、という事です。

冒頭でも書いた通り、女王様に溺愛されて愛奴として可愛がってもらえるM男性なんてごく僅か。というイメージがありますよね。
それだけに、溺愛して貰えるM男性なんてどうせみんな容姿が良かったり、特異なSM経験をしていたり、あるいは経済的に魅力のある男性ばかりなのではないか、なんて思う人もたくさんいると思います。

ですが、実際に女王様達に話を聞いてみたところ、意外にもM奴隷を愛奴化するのに、容姿や経験、経済力は全く関係ないとの意見が多数。
その証拠に、彼女達が連れているM奴隷達は特別見た目が良いわけでもなく、経済力に優れているという事もないようで、中には完全隷属化するため女王様に養って貰っているというM男性までいました。
経験に関してはまちまちでしたが、約半数の男性はSM初心者の頃に女王様と出会い、女王様との調教の中で経験を積んでいったとの事。

とはいえ、女王様はM男性にとって引く手数多な存在でもあります。何故女王様が数多くのM男性から今の奴隷を選んだのか、気になる点ではありますよね。
実はここに、ただのどこにでもいるM男性が女王様に溺愛されるヒミツがあったのです。

というのも、女王様に奴隷として選ばれたM男性達には共通点がありました。それは、

『M男性としての自覚や振る舞いが優れている』

という点。
女王様はみんなそういったM男性の内面的な魅力に惹かれたというわけです。

つまり、女王様に溺愛されるのに容姿や経験、経済力といった外的要素は必要なく、M男性としての姿勢次第で誰でも女王様に溺愛して貰える愛奴となれる素質があるのです。

女王様に溺愛される為にM男性が心がけておくべき姿勢とは?

pn064_200703_002

M男性という自覚があれば、その姿勢次第で誰でも女王様に溺愛される愛奴になれる素質がある、というのは分かってもらえたと思います。
それでは具体的にどのような事を心がければいいのか、そこが一番大事なところですよね。

そこでここでは女王様の愛奴として仕えているM男性が女王様に溺愛して貰うべく実践していた事を紹介したいと思います!

調教前は自主的に禁欲し性欲を高めておく

『女王様は調教中に僕が何度もイクと喜んでくれますし、女王様自身もより楽しんでくれているように思えました。なので、次はいついつ調教すると言われたら、その日の一週間くらい前から禁欲するようにしています。禁欲もただオナニーを我慢するだけではなく、寸止めオナニーで射精をしたい欲求を極限まで高めています。そうする事で調教の時に感度も良くなって、より女王様に楽しんでいただけます。また、この寸止めオナニーでの禁欲のおかげかどうか分からないですが、これを行なうようになってから潮吹き体質になってしまい、それも女王様に気に入ってもらえている要素の一つかなと思っています』

調教している相手の反応がいいと女王様も調教のし甲斐があるというもの。
特にM男性の場合、射精の有無で本当に感じているかどうかが分かるだけに、自分の調教で何度もイッて最高潮に興奮してくれているのが分かると、女王様の喜びもひとしおといったところでしょう。
さらに男の潮吹き姿まで披露してくれるとなると、溺愛したくなるのも当然と言えそうですね。

長時間の奉仕に耐えられるように訓練した

『僕が女王様に仕える前はSM調教に憧れるだけの初心者どころか未経験のM男でした。それだけに女王様に胸を張ってアピールできるものは何もなく、アプリなどで女王様を探すも撃沈。このままではダメだと思い、僕が実践したのが奉仕の練習でした。未経験の僕がセルフ調教など出来るはずもなく、唯一出来そうな事が奉仕の練習だったからです。女王様への奉仕は何十分なんて当たり前、時には一時間以上も奉仕し続ける事もあると聞いていたので、僕はまずオマンコ型のオナホールを準備しました。そしてそれを長時間舐め続けました。想像では簡単に思えましたが、実際に舌を長時間出して動かし続けるというのは辛いものがありました。それでも練習を続ける事で長時間の舐め奉仕にも応えられるだけの耐久力が身につきました。そしてそれをアピールポイントとして今の女王様に伝えたところ、興味を持っていただき晴れて主従関係を結んでいただきました。最初は舌遣いはイマイチだったそうですが、持久力だけはあったのでそこを買っていただけたようです。テクニックは女王様に指導していただいた事もあり、今では一時間の舐め奉仕で最低3回は絶頂を迎えてくださっています』

ご奉仕はSM調教において、女王様に気持ちよくなっていただく手段の一つでもあります。それだけにM奴隷の頑張りが試されるところ。
何時間でも奉仕を頑張ります、という姿勢を見せ、さらにそれを実行してるM男性なら女王様も溺愛したくなるというものですね。
また、ご奉仕は経験がなくても自主的に練習できるため初心者でもMとしての姿勢を見せられるポイントとも言えるでしょう。

自縛をして縄の感触に慣れ親しむ

『女王様は緊縛調教が特に好きな方でしたが、僕はただ縛られて身動きが取れない歯痒い思いをするところに被虐感というMとしての快感を覚えるくらいの認識でいました。明らかに緊縛に対する女王様の熱量の違いを感じたので、僕はもっと女王様の感覚に近づきたいと、自縛をして普段から縄の感触を味わってみるように心がけました。自縛といっても初心者でも簡単に出来るようなものでしたが、毎日のように行なう事で縄が皮膚に食い込む感触自体に心地よさを感じられるようになってきました。その頃には女王様から与えていただく緊縛調教でも、それまで感じた事のなかったふわふわとした浮遊感を覚えるような縄酔いという快感を味わえるように。それはやがて性的快感に感じるようになり、今では女王様に緊縛されただけでイクまでに。緊縛好きの女王様には“縄イキしたM男は初めて”と褒めてもらい、それ以来溺愛して頂けるようになりました』

緊縛が好きな女王様の場合、やはり縛る事で何かしらの反応をしてくれるM男性というのは嬉しいもの。それがM男性の日頃の姿勢や努力の賜となると、私のために頑張ってくれたのだなとより可愛い存在だと感じてもらえるようです。

いつでもすぐにアナルを使える状態にしておく

『アナル責めが好きな僕の女王様は調教の際に必ずアナルプレイを取り入れられます。ある日はアナルパールを使ったり、またある日は新製品のアナルバイブを試されたり。その内容は様々でしたが、本来はウンコが出る穴に異物を挿入してM男が恥ずかしがる様や気持ちよがる様を見るのが楽しいといった感じでした。けれどアナルは今からすぐ使いたいと思っても事前に馴らしておかないとキツくて入らなかったりと思うように楽しんでいただけません。S女性の中にはアナルをほぐすところから楽しまれる方もいると思いますが、僕の女王様の場合はアナルをほぐす過程にはあまり興味のない方なので、いつでもすぐにアナルを使えるように、日頃から自分でアナルマッサージをするなどしてほぐしていました。後は呼び出された日の直前に腸内を洗浄して綺麗にしておくだけです。そのおかげもあって、女王様には“お前のアナルは使い勝手がいいね”と褒めていただけますし、実は女王様には他にも数名の奴隷がいたのですがいつの間にか僕だけを可愛がっていただけるようになりました』

女王様が調教しやすいように自分の体のコンディションを整えておく、というのも女王様に溺愛してもらえるMとしての姿勢と言えそうです。
このM男性の場合、使い勝手のいいアナルを求めていた女王様にベストマッチしたようですね。

射精管理を苦痛ではなく歓びとして受け入れた

『僕は女王様に、許可なく射精する事を禁じられています。そう、射精管理をされているのです。一般的に射精管理は苦痛に感じるものですよね。自分の好きな時に射精できないし、いつまで我慢を強いられるのか分からない辛さ。中にはいっその事黙って射精してしまおうと考えてしまう人もいるかもしれません。けれど僕の場合、射精管理中は常に女王様に監視してもらえていると考えていました。何かの拍子に股間が疼くと“ああ、女王様が見ている…”と常に女王様の存在を感じるようにしました。大好きな女王様が自分のために四六時中監視してくれているなんて僕にとっては歓びそのものでした。このように苦痛ではなく歓びとして受け入れた事で、女王様には“貴方のように射精管理を嬉しそうに受けてくれるM男はいなかったわ”と言っていただき、その後も愛奴として可愛がっていただき今に至っています』

多くのM男性が苦行と考える射精管理ですが、味方を変えれば常に女王様に見守ってもらえているとも考える事ができます。
女王様からしてみれば自分の射精管理命令を嫌々ではなく歓びとして受け入れてくれるM男性に対して嫌な気分はしないですし、可愛がりたくなるのも分かる気がしますね。

女王様もM男性を溺愛したがっている!

pn064_200703_003

溺愛してもらえる、愛奴にしてもらえるM男性はごく少数だと思われがちですが、M男性なら誰もがその素質を持っているとお伝えしました。

逆に女王様に話を聞いてみても、可愛がりたくなるようなM男性がいたら溺愛したいし愛奴を持ちたいという思いはS女性なら誰もが持っている感情、との事。

つまり、女王様もM男性を溺愛したがっているのです。

となれば後は自分自身が女王様に溺愛してもらえるようなMとしての姿勢を身につける事で、素敵な女王様のお眼鏡に適うチャンスは大いにあるというわけです。

今回紹介した女王様に溺愛されるMとしての姿勢も参考にしながら意識を高めつつ、お目当ての女王様に愛奴志願してみてはいかがでしょうか。
きっと素敵な出会い、そして理想のSMライフを送れるようになるはずです!