▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

ドライオーガズムを自分で感じたいならこの方法がオススメ!

M男の心得

ドライオーガズムを自分で感じたいならこの方法がオススメ!

preface

ドライオーガスムという言葉を聞いたことがありますか?

ドライオーガスムとはドライなオーガスム。
ドライというのはそのままドライでオーガスムとは性的絶頂のこと。
つまり思いっ切り直訳すると「乾いた絶頂」ということになります。

これだけだとわけがわかりません。
どんなオーガスムか?
男性はイク時に射精をします。
これはドライに対してウェットなオーガスムなわけです。

これを踏まえてつまりドライオーガスムとは射精をしないオーガスム!
射精をしないイキ方ということになります。
しかしここで疑問が一つ。

男性でもそんなことができるのか?
これができるんです。

ここではそんなドライオーガスムの魅力とやり方について紹介していきたいと思います!

ドライオーガスムの魅力

attractive

まずはドライオーガスムの魅力です。
なぜわざわざドライオーガスムを感じようとするのか?
それには通常のイキ方とは違うドライならではの大きな魅力があります。

・普通のイキ方とは違う快感が得られる
・男性でも何回でもイケる

ドライオーガスムはペニス以外の部位を使ってイクため、他にもプレイの幅が広がるなどのメリットもありますが特に大きなことは上の二つではないでしょうか。

男性でも女性のように連続でイケる

何度でも気持ち良くなれるというまさに夢のイキ方。
一回のプレイ中に何度もイク女性を羨ましいと思ったことがある方なら是非とらいしてみて欲しいのがドライオーガスムです。

ドライオーガスムを得ることができる部位

butt

ドライオーガズムを得ることができる部位はいくつかあります。

・前立腺(アナル)
・乳首

代表的なところでは上の2つです。

快楽の強さでいうと前立腺を使ったものの方が強く、またやり方的に一般的でもあるので、この記事では前立腺を使ったドライオーガズムを取り上げていきます。

他にもワキの下や足の裏など快感を得ることが可能な部位であれば開発次第ではどこでもできるという説もありますが、性感帯としてあまり一般的ではなく、やり方も難しいためここでは取り上げないでおきます。
話を戻して前立腺とはアナルから少し入ったところのお腹側にある少しコリコリとした感触のある器官で、ここを刺激することでドライオーガズムの快感を得ることができるようになります。
もちろん、ペニスへの刺激は必要ありません。
前立腺への刺激のみで全く新しい快感を感じることができるのがドライオーガスムです。

ドライオーガスムのための開発方法

develop

さて、いちばん気になるのはどうやったらドライオーガスムを得ることができるのか?
これではないでしょうか。
これだけ熱く語っておいてなんですがドライオーガスムは誰でも簡単にできるというわけではありません。
多少の努力が必要になります。
いわゆる「開発」ってやつですね。

しかしその快感が素晴らしさは開発の手間をかけても十分見返りのあるほど気持ちのいいものです。
なので是非チャレンジしてみてください!

【やり方①】エネマグラを使って開発

enema

これがいちばんおすすめのやり方。
エネマグラという前立腺開発に使えるアダルトグッズが売られています。
これは本来は前立腺関連の治療のために開発された道具ですが今ではアダルトグッズとしての使い方の方が有名になっているグッズ。
このエネマグラは挿入すれば勝手に前立腺にヒットするような形状をしているので開発初心者でも使いやすく、簡単で長続きしやすいのでかなりおすすめです。
値段も安いのであれば1000円ぐらい、電動でも3000円ぐらいから手に入るのでお手軽です。

【予備知識】エネマグラとアネロス

エネマグラで色々調べていると同じような形の物でアネロスというアイテムを見かけることがあります。
これは商標に関わる呼び名の違いで基本的には同じものです。
アネロスと呼べるものはアメリカのアネロス・カンパニーという会社が販売している商品だけで、それ以外は前立腺開発用グッズの総称としてエネマグラと呼ばれています。
アネロス社のものはAmazonなどで買えるエネマグラより価格は上がりますが素材や設計など信頼性の面では抜群です。

【やり方②】指を使って開発

condom

次は普通に指を使って刺激するパターンです。
まず事前に用意するものがいくつかあります。

・ローション
・指サックまたはコンドーム

ローションは潤滑油としての役割になります。
指サック・コンドームはアナルに直接指を入れるのは清潔感や雑菌の問題があるため、使用を強くおすすめします。

準備が整えば次は前立腺の位置の把握です。
実は前立腺というのは男性だけにある器官。
場所は膀胱のすぐ下(お腹側)肛門から5センチから10センチぐらいの所にあります。
開発前の段階では触った時の気持ち良さはわからないことも普通なので、最初は少しわかりにくいです。

肛門から5~10センチぐらい中のお腹側で少し出っ張った部分というのが前立腺です。
指の角度を色々試しながら探してみると見つかりやすいです。
それでもわかりにくい場合は「前立腺かな?」と思う場所を見つけたら、そこに手を触れたまま射精してみるという方法もあります。
前立腺は射精時に膨らむので位置がわかりやすくなります。
膨らみの大きさには多少の個人差があるのでもしわかりにくければ何回かやってみましょう!

ドライオーガスムを得るためのコツ

naked

前立腺の位置が把握できればあとは日々開発していくだけ。
開発はできる限り毎日行うのが理想です。
最初の段階で一週間ぐらい空いたりすると感覚がわかりにくくなってしまうこともあるので最初の方はなるべく間を開けず、できる限り定期的に行うようにしましょう。
以下に少しでもドライに近づくために開発の際に抑えておくといいかもしれないポイントを紹介します!

①開発前にアナルをよくほぐす

指やエネマを挿入する前はアナルとその周りをマッサージなどでしっかりほぐしましょう。
スポーツと同じく準備運動をしておくことでより身体が柔らかくなり、挿入がスムーズに行えます。
アナルへの挿入という行為は初めての人も多いはず。
アナルへの挿入に慣れるという意味でもアナルやその周りを触るという行為はとても有効です。

②体位を変えてみる

どうにも感じにくい、なんか違和感しかない、そんな風に感じる方は挿入の際の体勢を変えてみるという方法も試してみましょう。
人によって感じやすい角度というのは違いがあります。
横になった体勢でやってみたり、立ったままやってみたりなど色々変化をつけてみると自分に合った方法が見つかるかもしれません。
飽き防止にもいい方法だと思います。

③ほかの部分も同時に刺激してみる

こちらも前立腺を刺激してもあまり気持ち良さがわからない、という方におすすめの方法。
前立腺と同時に他の気持ちいい部分、例えば乳首やペニスなどを刺激するというやり方も使えます。
そうすることでその気持ち良さを脳に前立腺の気持ち良さと勘違いさせることができます。
気持ち良くないことを無理して続けていても飽きてしまいます。
大切なのは何よりも継続すること。
前立腺の刺激に慣れてきたら他の部分の刺激を減らしていくというのも開発を長続きさせるために有効です。

④開発は時間がかかるので焦らない

前立腺の開発にはそこそこの時間がかかります。
早くても数ヵ月、ペースや感度によっては年単位でかかるような場合もあります。
なので「早くドライでイケるようになってやろう!」と気合を入れすぎるのは逆効果になるかもしれません。
いくらやっても気持ち良さが全然わからなければやる気がなくなっていくのは仕方ないですよね。

そうならないためにもドライの開発を続けながらいつも通り普通のオナニーもするようにして、ドライ開発をあまり中心に持って来すぎないようにすることをおすすめします。
開発を続けながらも「そのうちイケるようになれるといいな」ぐらいの気持ちでいるのがいちばんです。
そしてそうやって続けている中で前立腺は確実に開発されていきます。
段々と気持ち良さがわかるようになっていき、いずれ必ず「あ!」という瞬間が訪れます。
前立腺開発を始めたからといって今までのオナニーは捨てる必要はないので大丈夫です!

まとめ

conclusion

ということでドライオーガスムの紹介でした。

人生において一度は経験してみる価値のあるドライオーガスム。
ドライオーガスムを感じている動画もネットにはありますが気持ちよさそうなのはわかりますが正直なんだかよくわかりません。
なので興味を持たれた方は是非開発にトライしてみてほしいです!

いやほんとに新しい世界の扉が開きます、そして閉じません。
前でも後ろでもイケるようになれば性生活がさらに充実すること間違いなし。
特にイカされ好きなMの方にはおすすめです!

Posted by mazotown