女王様がM奴隷に苦痛を与える方法は素手?道具を使う?50人の女王様に道具派か素手派かアンケート!

M男の心得

マゾカスタム

苦痛プレイ、悶絶プレイの問題としてよく上げられるのが、力加減に対する話です。あんまり強くし過ぎると危なかったり
逆に物足りないと満足してもらえなかったり…そして、叩く側もどれぐらい力入れるかとか無茶しないようにとかいろいろ気を遣わないといけないですよね。
余りに叩く力をかけた結果、自分が手を痛めてしまったりしたら全く元も子もありません。そう考えると、道具を使う方が賢いと思えますが
実際にはそこまで単純な話でもなく、単純に道具を使っちゃうと力加減や痛みの与え方が難しいというのが一つ問題になるようです。

自分の手とかが痛くないからって、思い切ってやり過ぎてしまうという事ですね。
確かに相手が引いてしまう、嫌がってしまうほどの強い痛みを与えてしまったり極端に強くなってしまってもあまりよくありません。
そこで本日は色々なプレイタイプが得意なS嬢を相手に、道具を使う派か使わない派か、そしてどういう時にどっちをするかをアンケートで聞いてみました!

格闘・打撃系プレイが得意な大人気S嬢Nさん

まず最初は、格闘&打撃プレイが得意なS嬢の方に聞いてみました。

彼女は何と空手で茶帯まで持っていて、黒帯になると格闘プレイが出来ないから道場を止めてしまったという経歴の持ち主。
せっかくの段位よりも自分のやりたいS嬢としてのプレイを優先させるなんて、まさにS嬢の鑑です!

そんな彼女はやっぱり実践派だと思うので、素手でのプレイかと思ったんですが聞いてみると意外にも道具を使う派でした。
よく使うのはやはりグローブとレガース、素手で殴ると当たりどころが悪いと危ないので、相手の為にもオンスの大きめのグローブが多いそうです。
ただし、経験者だけあってそのパンチやキックの切れはまさに本物!興味本位で殴って貰ったら下手したら骨が折れてしまいそうな鋭さを持っています。

基本的に打撃系プレイはほぼ道具を付けて行っている彼女が素手で相手にダメージを与えるパターンの一つがスパンキング!
鋭いパンチと同じような速度と打撃で鍛えた手首のスナップは、かなりの痛みと音を出すそうでそちらも大人気だという事です。

やはり格闘技経験者って言うのはお店でも大人気なようで、ほぼ完全にそれ専門で請け負っているのが現状なようでした。

王道鞭打ち等が得意なオールドマダム女王様Rさん

この業界でも結構長いらしい、ちょっと年季が入ったオールドマダムな女王様Rさん(これ本人に言ったら叩かれると思うので言えなかったです)は
すでにSM風俗業界では20年選手というベテランも大ベテラン!今までに数多のM男性を調教してきて、満足させてきた彼女はやっぱり…

道具を使う派でした!

女王様の基本とも言える鞭と蝋燭から、パドルやラケット、杖までたたく道具もいろいろ、他にもきつめに占める拘束具や締め具、相手に苦痛を与えて喜ばせるグッズは
M男性の希望も含めて様々利用してきたそうです。

一応なんでか聞いてみると、Rさんは長続きする理由は演じて楽しむことを大事にしてきたからだと言います。
そのために、道具というのは気分を盛り上げてお互いが役に入り込むのに大切、きちんと女王様と奴隷になる事で相手の望む関係を作って満足感を与えられるように努力しているんだそうです。
あとは年もあって、あまり強く素手や足で叩くのは大変だからとも言ってました(笑)

やはり王道女王様には鞭などの叩く道具で、激しく打ち付けてくださる姿が似合いますよね。

都心で現役のS嬢Aさん

都内という、ライバルも多い地域で現役のS嬢をしているAさん。SM歴は5年ほどで最初はMで入ったそうですが今ではお店でも人気のS嬢に。
実入りはM嬢の時の方がよかったけど、今は楽しんで仕事に臨んでられるという事で転職を見つけられたんじゃないでしょうか。そんなAさんも道具を使う派。

ただ、Aさんの話になるほどと思う所もあったのですが結局はお客さんの要求次第って所があるそうで、たまたまAさんのお客さんには玉責めが好きな人が多くて(たまだけに)
針責めとかハイヒール踏み付けとか、道具を使う事を希望されていたので使う派に回っているだけなんだそうです。初めてのお客さんならもちろんいきなりハードな事はしないので
スパンキングとか蹴りとか踏みつけとか顔面騎乗とかそういった道具を用いずに責める事も多く、あくまでも道具を使う事が多いというだけという事でした。

まあ確かにそうですよね、相手がして欲しがっているから、求めているからこそ応えてあげるために道具を使う、素手で行う、と別れるのは当たり前のような気がします。
SMプレイと一口に言っても、色々なプレイがあるわけですしそれにしっかりと合わせてプレイを行うようにしていれば当然必要であれば道具を使うし
相手が嫌がれば自分がどれだけ道具を好きでも最初は使わないものです。

でも実は多くのS嬢が…

そんな風に納得しかけましたが、詳しく話を聞けたS嬢もそれ以外の何人かも実は口をそろえていっていたのが…

『可能であれば道具使って責めたい』

という事実でした!

凄く良い事言ってそうだったり、こだわりがありそうな感じだったんですが道具を使いたいと思うその心には
やはりS女王様っぽいという所と、道具を使って痛めつけて喜んでもらえるなら楽だから、という風俗嬢らしい本音が見え隠れしておりました。
確かに、色々な男性を相手してそして満足させなければいけないS嬢としてはある程度手軽に、疲れも少なくリスクも少ない道具を使ってのSMプレイというのは
他の準備や後始末、そして実際のプレイが大変な要求に比べると助かるのかもしれません。

もちろんこれは職業女王様だけでなく、趣味女王様にも言える事かもしれません。
SMを楽しむのは大好きだけど出来れば気楽に楽しめる状況になりたい、という気持ちからパドルやラケットなども産まれたのは確実ですし(もっと強い刺激が欲しかったって言う要求もあるかもしれませんが)
結局、SMプレイを楽しむというのはお互い無理をし過ぎないで何度もプレイを楽しめるような環境を作る事が大切なので
そのために道具を進んで使って苦痛を与えてくる女王様が居る事も何も問題ないと思います。

そして、それを受ける男性の方もエスカレートしていくのは良いのですが要求をエスカレートさせ過ぎないように、無茶な事はしないようにしましょう。
たとえ受ける側だとしても、無茶な要求は禁物、どうしてもというならきちんと相談を重ねたうえでが良いと思いました。

アンケート結果

S嬢50人に聞いてみた苦痛を与えるために道具を使う派?素手で行う派?

道具を使う派 - 65%
素手で行う派 - 35%

素手で行う派のS嬢も結構いらっしゃいました、そのうえで上記の本音の部分も聞けて個人的には楽しめたアンケート調査でした。