アナル拡張グッズが無い! 身近な物で代用できるアナル拡張アイテム

SMを楽しむための情報, アブノーマル情報

マゾカスタム

M男で在るならば、前立腺も開発したい思うのは当然の流れ。
とはいえ、アナル拡張グッズを買うのは勇気がいるし、
できることならお金を掛けずに拡張していきたいとも思います。
今回はそんなアナル未開発でシャイなM男に贈る、身近な物でも代用できるアナル拡張用アイテムをご紹介します。

綿棒

先端が柔らかい綿で覆われており、座薬細さや安全面からも初期段階にはオススメのアイテム。
慣れてきたら2本3本と調節ができるほか、百円前後で数十本も買えるのでコスパも最高です。
先端の面が擦れてアナルに入りづらい場合はローションを塗って滑りをよくしてみましょう。

菜箸

綿棒より太さのレベルを上げたい場合、調理用に使う菜箸がオススメです。
菜箸は角ばっていない円筒状の物が理想。
長さもあるので、挿入しすぎて直腸内に置き去りにしてしまう心配がありません。
一応、調理用に使う物なので汚れが気になる方はラップで巻いてその上からローションをつけて使いましょう。

マジックペン

20190619_2

アナルへの挿入に慣れてきたらさらに太さのある物を試していきましょう。
マジックペンならば種類やメーカーによって太さが違うため自分のペースに合わせた物を選んでみてください。
キャップの方を挿入したり、両端にペン先があるタイプは控えましょう。中でキャップが外れて取り出せなくなる危険性があります。

自分の指も、一番信頼できるアナル拡張グッズといえます。
指での拡張にチャレンジする場合は、爪は深めに切って起き、手洗いや消毒などできれいにしてから行いましょう。
中で指先を動かせる分、無理にかき回さずに優しく撫でて、肉壁の感触も確かめましょう。

指サック

指の太さに慣れたら指サックをはめて少しずつ刺激を楽しめるようにしましょう。
ゴム製の指サックは、滑り止めで小さい突起物がボコボコしていたり、
ざらっとした質感だったりと、デリケートな直腸内を優しく刺激してくれます。
この場合も指の関節は動かさずに、肛門の開け閉だけで十分快楽を得られるようになります。

魚肉ソーセージ

見た目と色と柔らかさがいやらしいと人気の魚肉ソーセージも開発段階のアナルにも十分効果を発揮します。
使用する時は肛門の締め付けでうっかり千切ってしまわないように注意してください。
終わった後の処理ですが、おいしく頂くかどうかの判断はお任せします。

棒ジュース

20190619_4

駄菓子屋によく売ってるアレです。
こいつのカタチも実にアナルに入れてくれと言わんばかりの見た目ですよね。
十分な硬さと滑らかな丸みのある形があるのでオススメですが、夏によく食べるように凍らせてアイス状にして使わないようにしてください。
凍って渇いている状態だとくっついてはがすときに激痛が伴います。

ぷっちょグミ

20190619_3

最近は売っているところを見かけなくなったとウワサされるぷっちょグミの容器。
そこそこな太さとこの凹凸が何ともな感じですが、慣れてきたアナルでないと挿入が難しいです。
無理に入れると切れ痔を引き起こすので、アナルと相談して利用ください。