M男が言われてゾクゾクする言葉責めシチュエーション5選

SMを楽しむための情報

女王様からの言葉責め。M男なら誰もが憧れますよね。
言葉責めはシチュエーションによって様々で、卓越した女王様なら無限大のバリエーションをもっているもの。

という事で、今回はM男がチンコ疼かせて悦ぶ言葉責めをシチュエーション別に紹介します!

マゾカスタム

シチュエーション①:食事中に…

pn064_190920_001

今日は女王様と一緒にレストランで食事。周りには他のお客さんもいます。向かい合わせに座る女王様と僕。女王様は思惑ありげな表情でこちらを見つめています。
僕は気になりつつも出された料理を食べていると…突然股間に肉質的な感触を感じました。
目の前の女王様を見ると、ニヤッと笑っています。そうです。股間の感触は女王様の足でした。僕の股間をなぞるように足の裏や足の指を巧みに使い愛撫されているのです。
みるみる内に僕の股間は屹立し、ズボンの上からでも勃起しているのがわかるほどになりました。
そんな僕を見て女王様は周りに聞こえるか聞こえないかくらいの絶妙な声量で言うのです。

『レストランなのに勃起しちゃったの?ガマンの利かないだらしないチンコね。ねぇ、気づいてた?隣でパスタ食べてる女の人。今は気づいてないフリしてるけど、アナタがチンコ弄られて勃起してる時、アナタの顔をじっと見てたわよ。他の女の人にまでスケベな顔を見せるなんて後でお仕置きが必要ね

シチュエーション②:エレベーターの中で…

pn064_190920_002

僕はこの日、女王様の買い物に付き合ってショッピングセンターへ来ています。
基本女王様は必要以上に歩いて移動する事を好みません。階の移動にはエレベーターを使います。
今回は地下から乗った事もあり、たまたま空のエレベーターに乗る事ができました。しかし、週末という事もあり、その後は続々と人が乗り込み、あっという間に満員となります。
女王様と僕はエレベーターの一番奥。すると女王様が僕の耳元で囁きました。

『ねぇ、今ここでおちんちん触ったらどうなるかな?』

どうなるかな?と聞いていますが、女王様は既に僕の股間を弄っています。僕の答えなど聞くつもりはないのです。女王様の巧みな指使いに僕のチンコはすぐ硬くなってしまいました。

『もう勃起しちゃったの?鼻息まで荒くなってるわよ?もっと触ったらどうなるかな』

女王様の手の動きはますます激しくなります。我慢できず、僕の腰は揺れ始めてしまいます。

『変な動きをしたらアナタがエレベーターの中で勃起させてよがってる変態だってバレちゃうわよ?いいの?』

いいわけがない。でも止まる事のない女王様の手の動きに抗う事もできません。いっその事、このまま出してしまいたい…そんな心の声も女王様には見透かされています。

『出したいの?でも出したらアナタの雄臭がエレベーターの中に充満してものすごく恥ずかしい思いをするわよ?だからおしまい。』

と、女王様が言い終えたところでエレベーターは目的階に。この後僕は寸止めのもどかしさをしばらく味わう事になるのでした。

シチュエーション③:ベッドの上で…

pn064_190920_003

『あれ?まだ乳首をちょっと触っただけなのにおちんちんが大きくなっちゃったよ?なんで?』

今回は痴女な女王様です。僕の敏感な乳首をすぐに察知し、指先でこねくり回されました。弱い乳首を責められるとすぐに勃起してしまうのが僕の性癖。なんで?と聞かれたのでこのように答えればよかったのに、僕はなかなか言葉にできません。

『答えられないの?じゃあこれで終わりにしちゃおうかな』

そんな女王様に僕は慌てて返答します。

『すぐにそう言えばいいのに。こんなに乳首が敏感ならきっとおちんちんはもっと敏感だよね。触ってほしい?』

今度は「はい」と即答しました。

『触って欲しいなら、私をその気にさせるような言葉とポーズでお願いしてみなよ』

僕は少し考えて「僕のチンコを触ってください」と足を広げてお願いしました。

『何それ?全然その気にならないよ。“僕のスケベな淫乱チンコを可愛がってください”くらい言えないのかな?』

女王様の助け船に甘えて僕は「僕のスケベな淫乱チンコを可愛がってください」とさらに足を広げてお願いしました。

『仕方ないなぁ。っていうか、まだ触ってもないのに先端からエロ汁が溢れてるよ?ホントに淫乱チンコだね』

女王様はそう言いながら僕のチンコをしごき始めました。あまりの気持ちよさに僕は思わず声が漏れ出てしまいます。

『もう声出ちゃうの?君はエロ汁もエロ声もすぐにおもらししちゃうんだね。恥ずかしくないの?』

恥ずかしいです…。でも、どうしても声漏れちゃうんです…。女王様の囁くような言葉責めも相まって、僕のチンコはすぐにでもイキそうでした。チンコがますます硬くなり、金玉も縮こまります。

『もうイキたいの?精液までおもらしが早いね。イキたいならちゃんとお願いするんだよ。ほら、“情けないおもらしチンコをイカせてください”ってお願いしなよ』

「情けないおもらしチンコをイカせてください…!」僕は女王様の言葉に倣って懇願しました。

『イカせてほしいからってよくそんな恥ずかしい言葉が言えるね、ほら、イキなよ!』

そんな女王様の言葉責めと手コキで僕はすぐにイキ果てたのでした。

シチュエーション④:お前は犬。

pn064_190920_004

女王様が僕の首に首輪をはめてくださいました。この瞬間から僕は女王様の犬です。
でもこの女王様、とてもイジワルなのです。
僕が欲情するのを知っているのに、目の前にオマンコを露わにされます。

『舐めたいの?でも“待て”よ。お前は犬なのだから、ちゃんと飼い主様の言いつけを守らないとダメでしょ?』

僕は女王様のかぐわしいオマンコの香りだけを嗅がされお預け状態です。もう少し顔を近づけ、舌を伸ばせば味わえるのに…と思うと自然とチンコが勃起してきます。

『また発情したの?もう今月に入って何回目かしら。お前はどうしようもないエロ犬ね』

女王様はこう言いながら僕に見せつけるようにご自身でオマンコを弄ります。ワレメから垂れてくる白濁の愛液、ますます濃厚になる愛臭…
舐めたい!舐めたい!なんなら挿入したい…!!
僕の中ではこんな思いが高ぶり、一縷の望みをかけて「くぅーん」とおねだりの声を上げました。
しかし、女王様はイジワルなのです。
なんと“待て”を命じたまま一人でイッてしまわれ、下着を身につけてしまわれました。
結局舐めさせていただく事もできず、勃起状態で取り残された僕。女王様はそんな僕を見てこう言います。

『お前も射精したいの?盛りのついたエロ犬にダメと言っても無駄よね?だからしてもいいけど、犬なんだから、手は使っちゃダメよ。私、待つのは嫌いだから、するなら5分で射精しなさい』

僕は床にチンコを擦りつけましたが、慣れない方法で到底イク事はできず、結局射精は許してもらえないまま悶々と過ごす羽目となりました。

シチュエーション⑤:この糞虫め!!

pn064_190920_005

朝、目覚めると大きな虫に変身していたグレゴール・ザムザ。彼のように、僕は女王様の前では一匹の醜く卑しい虫です。
虫らしく当然裸、ただそこに存在するだけの生き物です。

『おい、糞虫。私が何でお前ごときを飼育してやるかわかるか?私がこの世で一番嫌いな虫を虐げるためだよ!!』

女王様は容赦なく僕を蹴り上げます。脇腹にハイヒールヒールのつま先が入り、思わず僕は声を出してしまいました。

『糞虫のくせに声出すんじゃないよ!』

今度は口の中にハイヒールを突っ込まれます。僕は咳き込みそうになりましたが、必死で堪えました。

基本的に虫は無視。シャレではないですが、女王様にとって虐げる以外興味の対象ではないので、ストレス発散など虐げたい時だけに声がかかります。それ以外は虫かごという名の檻の中で放置プレイです。
この間、女王様は他の奴隷を調教するなりして過ごされています。僕はただ、その様子を眺めるだけ…そんな恨めしそうな視線に気づいたのか、女王様は僕の方を向きこのように言われました。

『お前は糞虫らしく、地べたに這いつくばって自分の糞と小便でも啜ってろ!』

そうです。僕は虫なので排泄は虫かごの中で自由に行います。
僕は惨めさの中に性的興奮を感じながら、虫かごの中で自らまき散らした己の糞尿を舐め掃除するのでした。

さて、貴方はどのシチュエーションが気になりましたか?こんな状況で言葉責めされてみたいというのが見つかったら、早速女王様にお願いしてみましょう!

M男, 言葉責め

Posted by mazotown