SM歴史探訪!世界の拷問器具で安全に苦痛を楽しむ拷問プレイ紹介!

SMプレイ解説

苦痛プレイが好きな方、結構いらっしゃいますよね?

痛みが気持ちよく感じてしまう方、苦痛で歪んだ自分や相手の顔が好きな方、形は様々ですが人気があるプレイの1つだとも言えると思います。

その中でもハードな「拷問プレイ」は経験がある人は少ないはずです。

拷問プレイと言うのは世界中で昔から使用されてきた拷問…すなわち相手に肉体的、精神的な苦痛を与えて要求を強制的に受け入れさせることを静的にプレイとして捉え、楽しむプレイになります。

昔、実際に使われていた拷問器具を元にしている道具やプレイ方法もあるので危険なプレイの1つとも言える拷問プレイですが、しっかりとやり方や注意点を押さえて行えばとても刺激的でアブノーマルなプレイが味わえると思います。

そんな拷問プレイの道具やおすすめのプレイ方法などを今回は紹介していきたいと思います。

【まず初めに】

冒頭でも伝えた通り、拷問プレイは危険を伴うプレイでもありますから、しっかりとパートナーと話し合って行うことがベストだと言えるでしょう。

勿論血が出てしまう道具なども中にはあったりしますし、拘束具などを使用する場合は痕ができる可能性だってあります。

事前の予習としては上記のような状況が起こってしまった場合の対処方法や、準備はしっかりとしておくべきだと思います。

勿論S側が予備知識や準備することが当たり前なのですが、もしS側がしていない、忘れてしまった…そんなことがないようにM側も自身で予習や準備はしておきましょう。

【世界の拷問器具】

それでは拷問器具について実際に紹介していきましょう

手首用リジットカフス

10771_5

こちらは普通の拘束具なのですが普通の手錠やロープと違い、質感がまるで中世ヨーロッパの拷問器具を思わせる作りになっていることから紹介させていただきます。

真ん中の四角い金具を外すとパカっと開く形式になっているので装着も簡単。

さらには製造過程で金属の酸化を防ぐ加工までされているので錆びにくい器具になっています。

是非拘束具としてお使いください!

足首用リジットカフス

10773_4
上記の手首用のリジットカフスと同じ質感や製造過程になっています。

こちらも手首用と併用すれば拷問感もアップ!プレイ中の雰囲気もアップ!

ヘビーデューティーポルスターカラー

12716_2
大型の首輪となっているのですが、幅が10cmはあることからもはや首輪というよりコルセット…。

首が動かせないのでイラマチオなどでさらに興奮度もアップするのではないでしょうか?

後ろには南京錠もつけられて、首輪の長さもベルトの穴で調整可能。女性でも男性でも装着可能です!

SMグッズ, 拷問プレイ

Posted by mazotown