S女にもM男にも知ってもらいたい「寸止め」についての快楽と注意点

SMプレイ解説

男の快楽の1つ「射精」ジワジワジワと上がってきて、ブシャーと出せると何にも得難い快楽を味わうことができます。これがたまらなくて射精したいというのもあるし、体の構造上出さないといけないというのもあるし…。
男性の下半身は純粋な快楽を求めたがるようになっています。
その中で、より快楽を得ようといつの間にか定着している「寸止め」。寸止めをしてから次に射精すると快楽倍増とかよく耳にしますね。行ったことある人ない人いると思いますが今回はこの「寸止め」についてのお話です。メリット・デメリット。SMプレイにおける女王様の調教の一環のなど、「寸止め」に関する情報をまとめました。

寸止めとは

言葉の通り、男性が射精するところまでいき射精しずに止める行動をいいます。またSMプレイでは「寸止めプレイ」とはあまり言いません。そういうのも全部すくめて射精に関する全ての事柄を「射精管理」といいます。こちらの方が馴染みがあるのではないでしょうか?

自慰をしたことがないという男性はほとんどいないと思います。通常は射精することで心と体の健康を保っていますが、これを制限するということはかなりマニア嗜好が隠れていると思います。

自慰は辛いが相手がいると快楽になる

自慰で寸止めを行う人はかなり強い自分の意志が必要でしょう。調教されたド変態マゾ男なら可能かもしれませんが、自慰での寸止めはうまくいかない人が多いと思います。心と体が戦う感じでしょうか。意識して止めるとします。しかし体の欲求はさっさと出してスッキリしたいと訴えてきます。これがアナルにバイブを突っ込んでいてアナニーをしながらドライオーガズムに至るなら話は別でしょうがだいたいは体の欲求に負けてしまします。
そんな自慰の寸止めも相手にやってもらうとなぜか気持ちよく感じるのだから不思議です。自分で行う場合は自分の意志次第ですが相手がいると相手の意思次第です。強制的に我慢させられます。その間にいろんか感覚がマヒしていきどんどんマゾ豚へと成り下がっていくのです。そしていつもより敏感になっているアソコを相手に弄ってもらうことでさらに気持ちよが高まりどうにもならない状態に導かれます。
これは本当に言葉にするのが難しく“苦しみの中にある快感”そのものです。
しかしこの苦しみの中の快感はやってくれる相手にもよります。一番快楽を感じる部分でのプレイですから上手い下手は大なり小なり出てきます。

寸止めは意外と難しい

男性が自分で行う分には“出そう”と思った瞬間に動きを止め出さずにグッと我慢することは、自分の体なのでわかりやすいでしょう。しかし相手にやってもらう場合、相手がなれていないとうまくいったりいかなかったりして、結局普通に射精してしまった。寸止めがただ単に気持ち悪い、気持ちの持っていき方がうまくなくて気持ち良くない、なんてことはよくあることです。これは仕草や体の状態がわかってお互いの波長が合わないとやってもらっても気持ち良くないということが起きるのです。女王様とM男の場合はちゃんと主従関係を築き、カップルの場合は長い付き合いのマンネリ解消や刺激を求めてといった相手のことをわかっている状態で寸止めもとい射精管理を行うので、これが気持ちいい「快楽」になるのです。
やり慣れている風俗店の女性ならまた話は別でしょう。行っている回数が違います。慣れていない一般の素人の場合は回数をこなすこともそうですが、相手がどんな状態になっているのか?をよく観察すると自然と相手と自分の気持ちいいが一致して楽しめるでしょう。これが波長が合うという感じです。