▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

女王様が経験した意外なSMプレイ

SMプレイ解説

SM倶楽部で働くプロの女王様や個人的な趣味として楽しむプライベート女王様は日常的にM男性と出会って調教しているもの。

“私は今までたくさんのM男を調教してきたから緊縛も得意だし、アナル開発だってお手のもの。鞭捌きも完璧だし、欲しがる男には黄金だって食べさせてきたわ”

なんて女王様も珍しくありません。

しかし、そんな女王様ですら理解できない性癖を持つM男性も少なからず存在するようです。

経験豊富でオールマイティな女王様をも唖然とさせる変態性癖には一体どのようなものがあるのか、気になりませんか?

今回は“M男性からリクエストされた意外なSMプレイ”をテーマに数多くのM男性を調教してきた女王様に体験談を語っていただきました。

そこから見えてきた特殊過ぎる性癖の数々を紹介したいと思います。

大量のミミズを持ってきて…

pn064_210423_001

『私は自分がM女になる事以外NGナシのS嬢としてクラブ勤めしています。なので変わったM男性はたくさん見てきました。
例えば3日間(72時間)私を指名し続けて本格的な飼育調教をリクエストされたり、露出徘徊の自撮り写真をアルバムにして持ってきて感想を言わされたり、なんて事もありました。私にとっては黄金を欲しがるM男性なんて大して珍しくもないですし、何ならゲロを食べさせてやった事もあるほどです。

そんな私が最も意外、というか印象に残っているのは大量のミミズを持ち込み床に散乱させたM男です。
もちろんいきなりばらまいたのではなく、一度目の来店の時に打診があり承諾した上での事だったので、覚悟はしていたのですが、床に敷いたビニールシートの上で蠢く無数のミミズを見て思わず“うわっ、何コレ!?キッショ!!!”と叫んでしまいました。
そのM男にとってはこういった本音の言葉も歓びと感じたようでした。

M男は私に床でうねるミミズ達をひと思いに踏み潰すように言います。正直気持ち悪いです。以前、ウンコを踏んだ靴を口の中にねじ込んで欲しいと行ってきたM男がいて、ウンコをグチャグチャに踏み潰した事がありますが、ウンコの方がまだ数倍マシでした。
けれどこれは仕事。一度引き受けたのだから、こなさなくてはなりません。

私は意を決してミミズめがけて足を踏み下ろしました。プチュプチュという音がして、ミミズの皮膚が弾けるのが靴を通じて伝わります。さらに足に力を入れ、グリグリと踏み潰すと靴底全体にヌチュヌチュとした体液を感じました。
M男へ目をやるとチンコはフル勃起です。先端からはガマン汁まで滴っています。
その瞬間、私は理解しました。ああこのM男はミミズという地べたを這いつくばる弱小な存在に自分を投影しているのだと。そして本来踏み潰されたいのは自分自身なのだと。

そう感じた瞬間、私は自然と言葉が出ました。“ほら、次はアンタの番だよ”そう言って私は無残な姿となったミミズの上に寝かせてやりました。少し抵抗を見せましたが、“ミミズの分際で人間様ヅラしてんじゃないよ”と一喝してやると覚悟を決めたように寝そべりました。
ミミズの残骸がこびりついているであろう靴で思いっきり顔面を、ヒールでは乳首を踏みつぶし、当然股間で涎を垂らす大ミミズも踏みにじってやりました。何なら靴裏に残るミミズエキスを刷り込むようにして靴を押しつけてやりました。

M男はすぐに私の靴の下で昇天。よっぽど、ミミズと一体化し無慈悲に踏み潰される存在となれた事が嬉しかったようです。
“床に一切ミミズを落とすんじゃないよ”と言うと、男はビニールシートの上で全身ミミズ塗れのまま服を着て帰っていきました。もちろんですが、ミミズを踏み潰した私の靴は買い取りで一緒に持ち帰らせました。

その後靴をどうしたかは知らないけれど、しばらくはその靴で楽しんでいるかもしれないですね』

大量のミミズというだけでも嫌悪感を覚えてしまうものですが、それを仕事とは言え踏み潰す女王様。そのプロ根性な冷徹さにもM男性は興奮をそそられていたかもしれませんね。

使用済みのパンストをあげたら…

pn064_210423_002

『SMサイトで出会ったM男性の話。

会う前から“どんなパンストをよく穿きますか?”“色は何色ですか?”“好きなパンストブランドはありますか?僕はグンゼが好きです”など、やたらパンストに関する質問が多く、よっぽど好きなんだなと思っていました。
とはいえ、パンスト好きや脚フェチなM男性ってそんなに珍しいわけじゃないのでちょっとこだわりが強いM男性かな、くらいに思っていたんです。
それに私の経験上、脚フェチの男性ってマッサージが得意で気が利くなど、会って良かったと思えるタイプが多かったので、会う事に躊躇いを感じる事はありませんでした。

初対面のセッティングをして数日後、実際に会う事に。第一印象も悪くなく楽しく食事をする事も出来ました。そしていよいよホテルでSMプレイを…となりました。

予想通り、マッサージをはじめとした奉仕も上手だし、会って良かったなと思える男性でした。
そのM男性には会ったら使用済みのパンストをあげる約束をしていたので、約束通り、その日穿いてきたパンストをプレゼントしたのですが、驚いたのはその使い方です。
私の予想では口に頬張り味わってみたり、自分で穿いてみたり、チンチンに巻き付けてオナニーをしたりするのかなと思っていました。今までに何度か他の男性にも使用済みパンストをプレゼントした事がありますが、みんなそういう風に使っていたので。
中にはジップロックに入れて何もせず持ち帰る男性もいましたが、まあ匂いを封じ込めておきたいのかな、と理解できる範囲です。

でも彼は違いました。おもむろにバッグからローションを取り出すとアナルに塗り付け、今プレゼントしたパンストをその中へとねじ込んでいったのです。
全く意味が分かりませんでした。だって、そんな事をしたら折角のパンストが本人のウンチで汚れちゃうじゃないですか。そもそもなんでパンストをアナルに入れようと思ったのかも謎です。

そんな疑問しかない私を尻目にM男性は“ハァハァ…お尻の中気持ちイイ…もっと入っちゃう…”とエロい声を出しながら、アナルにパンストを完全に詰め込んでしまいました。
しかもこれで終わりではありません。今度は瞬間接着剤を取り出して“これをアナルに塗ってくれませんか?”とお願いされたのです。
“なんで?”と聞いたら“自分でもよく分からないけれどこれが気持ちいいんです”という答えが返ってきたので、私のモヤモヤは募るばかり。
瞬間接着剤なんて塗ったら肛門が開かなくなって大変な事になるのでは?と心配しつつ希望通り塗ってあげると、本人は満足そうに自分でオナニーを始めて早々に射精してしまいました。

結局そのままお開きとなったのですが、未だに使用済みのパンストをアナルに入れ、なおかつ瞬間接着剤でアナルを閉じてしまう心理や性癖がよく分かりません。
なぜ、使用済みのパンストをアナルに入れようと思うのか、接着剤で閉じようと思うのか、分かる人がいたら教えてほしいくらいです』

パンスト好きも分かる、アナル好きも分かる。でもアナルをパンストにねじ込むのはなかなか理解しがたい行動。
接着剤にもどのような意味合いがあるのかいまいち分からないだけに謎が深まるばかりのM男性ですね。

M男の鞄の中に入っていたものは…

pn064_210423_003

『そのM男性が初めてやってきたのは新年が明けてしばらくしてからの事でした。
私はホテヘル型のSM倶楽部で働いています。ラブホの近くにお店があり、そこへお客さんに来てもらって受付を済ませたら、一緒にラブホへ向かいSMプレイをするといったシステムです。

そのM男性は初めてのお客さんでしたが、事前に私を指名してくれているとの事でした。つまり、お店で写真を見て私を指名したのではなく、私を目当てにお店へ足を運んでくれたという事です。
お店にはホームページがありますが、私は顔出ししていないのに珍しい、雰囲気や年齢、プレイで選んでくれたのだろうか、と思いつつM男性と合流。そのままラブホへ向かいました。

ホテルに着くと基本的にはまずお客さんにシャワーを浴びてもらい、私はその間にプレイ用のコスチュームに着替えます。その旨をお客さんに告げたところ、“服はそのままで構わないし、舐めたり触ったりもしなくていいので今からすぐにお願いしてもいいですか?”との事。私は自身が汚れるような事さえなければ異存はなかったので了承すると、M男性は鞄の中から何かを取り出しました。書道のセットでした。

受付ではスタッフがプレイの前にお客さんの嗜好や希望を簡単に聞き、合流する前に伝えてもらうようにしているのですが、その時確かに“文字を書いて欲しいと言っている”と聞いていました。お客さんの中には自分の体に卑猥な言葉を書いて欲しがる人も少なくないので、そういうタイプかなと思い一応マジックペンは準備していたのですが、まさか書道具を持ってくるとは。予想外の展開に驚いたのですが、実はこれは私の勘違いだったのです。

M男性は部屋備え付けの机に書道具をセットすると、下敷きの上に半紙を置き、文鎮を載せました。そして“ここに文字を書いてもらえますか?”とお願いされたのです。
私は一切状況が掴めませんでした。“字を書くだけでいいの?”と聞くと“はい”と言います。私はM男性がリクエストする言葉を何枚も半紙に書きました。

どこかの高校らしき名称、誰だか知らない女性の名前、とあるお菓子の商品名など、私にはどんな繋がりがあるかもわかりません。他には“爽”“遊”“森”といった一文字の漢字も書かされました。
10枚ほど書いたところで、M男性の股間が存在感を増すのが分かります。
“チンコをしごいてもいいでしょうか?”とM男性が訴えました。いつもの私なら“もうちょっと我慢しなさい”とか“そんな簡単に許可するわけないでしょ”と制するのですが、そういうタイプではない気がして認めました。
とはいえ、ただ字を書いているだけというのも悪い気がしてちょっとしたサービス精神のつもりで“貴方のチンチンにも落書きしてみる?”と聞くと“そういうのはいいんです”と返すM男性。
掠れた声で“次は貴方の好きな言葉を書いてください”と言われ、その文字を書き終えたと同時にM男性はイッてしまいました。

プレイの後に話を聞くと、私を指名してくれたのはお店のホームページにリンクしている私のブログで年始に行った書き初めを見たからとの事。
私は小さい頃に書道を習っていて字の綺麗さにはそれなりに自信があったのですが、私の字を見て一目惚れしてくれたそうです。
だからといって字に興奮して射精するM男性の気持ちはまったく理解できません。
けれど、これをきっかけに月一度は指名してくれるので、書道を習って本当に良かったなと感じています。ちなみに私が好きな言葉は“金”でした』

綺麗な文字そのものに性的興奮を覚えるタイプのM男性なのでしょうか。
性的対象が人間以外という人は少なからずいるようですが、それが“文字”というのは意外でしかありません。
v

どういった基準で書いてもらう文字をリクエストしているのかも気になるところですね。

やってきたのは女装子、可愛いのに…

pn064_210423_004

『私は女装子を虐めるのが好きでSNSなどで可愛い女装子を見つけては逆ナンパしてプレイに興じています。

その日も20代半ばの女装子を見つけたのでメッセージを送り会う事に。やってきたのは長いストレートの黒髪に、膝丈のガーリーなスカートに清楚っぽいブラウス。女の子にしか見えない、むしろその辺の女の子よりも可愛い子でした。
私は感激して“可愛い!”“本当に女の子みたい!”と褒めちぎっていたのですが、反応はイマイチ。むしろ何だか嫌そうな雰囲気を醸し出していました。
私はそれまでに何人もの女装子と会ってきたけれど、褒めれば喜んでくれたしその場も盛り上がったものです。何か気分が乗らない事でもあるのだろうか、もしかして私が好みではなかったのだろうか、と思い“気分が乗らないなら帰るけどどうする?”と聞くと“大丈夫です”との返事。
何が大丈夫なのか分からなかったけれど、もしかしたら緊張してるだけかもしれないと思い直して一緒に食事へ行く事に。

“何で女装しようと思ったの?”とりあえず初めて会った相手には聞いてみたい質問ですよね。なので彼にも聞いてみると“無理矢理こんな格好にさせられてしまって…”という返事。

“誰に?”“同級生に…”
“何で?”“元々女っぽいってからかわれていて面白半分で…”
“今もその子達に無理矢理やらされてるの?”“そういうわけじゃ…”
“じゃあ何で?”“僕は男らしい格好が似合わないし…”

と、終始消極的な返答が続きました。
彼の話を総合すると、男の格好が似合わないからという理由で無理矢理させられた女装を自分の意志で続けているという事です。
けれど合点がいきません。今時ユニセックスなファッションだってたくさんありますよね。そういった格好をすればいいのに何故、あえてガーリーファッションを選ぶのか。全く理解できませんでした。

そうしているうちに食事も終わりこの後どうする?という話に。“どこか行きたい所ある?”と聞くと、その質問には答えず“貴女って相手の意見も聞くタイプなんですね。女の人ってもっと強引に話を進めるものだと思ってました”という言葉が返ってきました。
それまでの消極的な態度の事もあり私はその反応に少しイラッとしてしまったのですが、その言葉にピンとくるものを感じました。
もしかして彼は自分は嫌なのに半ば強引に女装させられる、女として扱われるシチュエーションに興奮するタイプなのかなと、閃いたのです。そう考えれば今までの態度や反応にも合点がいきます。

“じゃあ私の方でこの後のプラン、決めちゃっていい?”彼の本当の希望が、強引な形で女性扱いされたいというものなのであれば、とことん応えてあげる。そんな思いで私はとある場所へ向かいました。
ハプニングバーです。
これまでも女装子と一緒に行った事はありました。ただし女性として見られる快感を味わわせる目的であり、実際に男性と絡ませた事はありません。
けれど今回は別。無理矢理女として扱われたい彼には男性の相手くらいさせた方が面白そうだと思いました。

女装子も入れるバーへ行くと早速注目の的です。
“あなたが可愛いから声かけてくれるんだよ?”“ほら、フェラくらいしてきたら?”と私はけしかけました。
彼は渋々といった感じで男性とプレイルームへ。私はその様子を見学です。

心底嫌そうに、けれど抵抗する事なく男性のペニスをしゃぶる彼。私はそれを見ているだけ。今まで自分の手で女装子を虐めてきた私にとっては新鮮な体験でした。

十数分後、男性の吐精を受け止めたのかプレイルームから戻ってきた彼。
“どう?男性の相手をして女性らしさが高まってきたんじゃない?”と聞くとやっぱり“そんな事はありません”と嫌な顔をする彼。

この日はこれで解散となりました。もし本当に嫌だったならもう二度と会う事はないだろう、と思っていたのですが、彼の方からまた会いたいと言ってくるのでそれが答えなのだろうと思っています。
今まで出会った女装子のタイプにはなかったので最初は戸惑いましたが、こういったプレイも意外さがあって楽しめます』

女装子は基本的に自ら進んで女性の格好をするだけに、こういったタイプの女装子と出会ったら意外に感じるのも無理はないですよね。

けれど嫌々女装しているというコンセプトを見抜き、それを逆手にとって半ば強引に男性の相手をさせるというプレイを考えついた女性もお見事です。

スカトロを極めると…

pn064_210423_005

『デリバリーのお店でミストレスをしている私。
数日前に一見さんから黄金プレイがしたいと予約が入り、対応可能な私が相手をする事に。黄金プレイを希望する男性は大抵ホテルが多いけれど、その男性は自宅だった。
珍しいなと思いつつ案内されるまま部屋に入るとそこには何と便器が。便器の下には板で作られた箱形の台座があって、手作り感が満載だった。

まさか…と思い“自分で人間便器を作ったの?”と聞いてみると“そうです”と得意げに答えてくれた。
スカトロ好きのM男なら分かると思うけれど、AVとかである便器の下から顔を出して大きく開いた口で受け止めるしくみのものだった。
こんなのはAVの中だけの話であって、まさか実際に作った人がいるとは…それにまず驚いた。

しばらくすると予定通り便意を催し始める。それを伝えるとM男は慌てて便器の下の台座に潜り込んだ。“準備が整ったら台座を3回叩くので便器に跨がってください”と言われていたので、待っていると間もなくして合図があった。
便器の中を覗くとそこには開口マスクを着けてスタンバイするM男の姿。
本当にAVみたいだな…と思いながら、便器でウンチをしてマスクで強制的に広げられたM男の口の中へ。M男は呻きながらも完食していた。
黄金プレイが好きな男性でも完食するのはなかなか難しいのに、さすが人間便器を自作するM男は違うなと関心。

この日はこれで時間が来たから帰ったけれど、数ヶ月後にまたこのM男から予約と指名が入った。
また人間便器に跨がるのかなと思いつつ家へ向かう私。けれどこの日は違った。さらに意外なプレイが待っていたのだ。

“今日はこの中に黄金と聖水をいただけますか?”と差し出されたのは大きめのタッパー。
人間便器まで作っておいてコレ?とちょっと拍子抜けした。実際にタッパーへ出して欲しいというお客さんは少なくないけれど、このM男には不釣り合いな要望だと感じた。
けれどそんな私の思いをこの男は良い意味で裏切った。

タッパーの中へウンチとオシッコを出すとM男はそれを持って部屋を出た。
ついて行くとたどり着いたのは浴室。浴室の中には布団圧縮袋が口を広げた状態で置いてあった。
M男はその中に今私が出したウンチとオシッコと蛇口をひねって少しばかりお湯を入れると全裸になって自身もその中へ入ったのだ。
部屋や浴槽を汚さずに黄金と聖水を浴びたかったのか、と納得しかけたけれどその推測は外れていた。
“今から袋のジッパーを閉めて浴槽にお湯を溜めてくれませんか?時間が来たら栓だけ抜いて帰ってもらって大丈夫です”
M男は私にこう言うと口にタピオカを飲む用の太めのストローを咥えた。ここで私はようやくM男の真意を理解した。

言われた通りに袋のジッパーを閉める。咥えたストローの先端だけ袋の外へ出すようにした。そして浴槽にお湯を溜めていく。お湯が溜まっていくにつれ、袋の中の空気が水圧で押し出され袋のジッパーとM男が咥えるストローの僅かな隙間から抜け、真空状態になっていく。
このM男はただ単純に黄金や聖水とを浴びたかったのではなく、少しの隙間もなくそれと密着し一体化したかったのだ。
十数分もすると浴槽はお湯で満たされた。袋の中ではM男と黄金、聖水が完全に真空パックとなった。スカトロ好きが高じると真空での戯れを求めるものなのだなと思った。

意外というより私の想定を超えたプレイになったという方が近いかもしれないけれど、これ以上の意外な黄金プレイを求めるM男はまだ現れていない』

スカトロという嗜好も特殊ですが、それを極めるとプロの女王様でも想定外のプレイを求めてしまうというのがよく分かる話でしたね。

このM男性がさらに極めたくなったらどうなるのか。次に求めるプレイも気になるところです。

どんな意外なプレイにも対応する女王様も素晴らしい存在!

女王様が経験した意外なSMプレイを紹介させていただきました。どれも皆さんの想像を絶するような内容ばかりだったのではないでしょうか。

中には理解できる、読んでみてやってみたくなった、という人もいるかもしれません。

意外なプレイを提案するM男性も興味深いものがありますが、どんな意外なプレイにも対応できる女王様もまた素晴らしいですよね。

特殊過ぎる性癖を持て余しているM男性は思いきって女王様に相談してみてはいかがでしょうか。貴方の思い描く理想のプレイに応えてくれるかもしれません!

同じ趣向のユーザーが利用しているサイト


まぞちずむ

M男の妄想や願望を叶えてくれる女王様とマッチング可能。
登録項目に自分のやってみたいプレイ内容を書いておくだけでOK!
さらに住まいや空いている時間などを書いておけば当日中にマッチングする確率がアップ!

⇒【のぞいて見る】

Posted by mazotown