初心者でも簡単にイキっぱなし!前立腺開発~ドライオーガズムまでのHowTo~

SMプレイ解説

本記事ではドライオーガズム(前立腺オナニー)についての、やり方や注意点をご紹介いたします。
しかしながら、本記事にたどり着いた人の中には「前立腺オナニーってなんだ?」と、思われている人も少なくないと思います。
そこでまずは、ドライオーガズム(前立腺オナニー)について軽く説明をしていきたいと思います。

前立腺オナニー(ドライオーガズムオナニー)とは?

初めて聞いた方は、この聞きなれない言葉にびっくりするかもしれませんね。
しかし、実際に存在している男性オナニーの一種です。

女性にはなく男性にだけある器官、それが「前立腺」です。
前立腺オナニーというのは、この男性のみに存在する「前立腺」という生殖器官を刺激して気持ち良くなるオナニーの事を指します。

前立腺の位置ってどこなの?

前立腺のある場所についてですが、下記画像を見て頂くと分かります。
膀胱の近く、尿道を取り囲むようにして存在しているのです。

前立腺の位置の画像

体の内部に存在しているので、もちろん外側からは見ることができません。
ですので女性のGスポットと同じく、前立腺を刺激する時は感覚でポイントを探し出して刺激する形になります。

前立腺オナニーって本当に気持ちいの?

前立腺オナニーって本当に気持ちいの?

一言でまとめます。

気持ちいいです!!!

本物のドライオーガズムが体感できれば、今までの常識を覆すほどの快感を味わう事ができるでしょう。

ですが、そこへたどりつくまでの道のりは決して簡単ではありません。
時間、道具、コツ、慣れなど自分の手で天国へ昇天するにはかなりの開発期間を要します

神様もそんな簡単に絶頂まで行かせてたまるか!と、わざわざ険しくしたのかもしれませんね。

前立腺オナニーをする前に準備する道具

ここまでで前立腺オナニーが、どれほど素晴らしいオナニーか分かって頂けたかと思います。
そして早速、前立腺オナニーをする前に準備する道具を紹介していきます。

①エネマグラ

エネマグラの画像

これは間違いなく必要です。これがなければ話になりません。
自分の指でもある程度開発できますが、やはりエネマグラは前立腺を開発するのに必要です。

えーでも、「サイズとか形とか色々あってどのエネマグラがいいのか分からない・・」となりますよね。

そこで初心者に特にオススメなのは、SGXクラシック!

エネマグラの中では小さ目の部類になりますが、初心者はコレで十分です。
と言いますか、コレが最適です。

日本人は外国人と違って体格が小柄で、前立腺もそれほど奥にはないです。

間違っても、大きい方が気持ちいだろうと思ってドデカイものを購入しないようにしてください。下手すると痔になりますよ(笑)

⇒ SGXクラシックはこちら

②ローション、もしくはワセリン

ローションの画像

残念ながらおまんこと違って、アナルはいくら刺激を与えたところでお尻の穴は濡れません。
そのためいきなりエネマグラを挿入しようものなら、痔になったり直腸を傷つけてしまう恐れがあり危険です。

というわけで、アナル専用のローションが必要になります。

③医療用手袋、もしくはゴム手袋

ゴム手袋の画像

必須ではありませんが、必須級と言えるくらいのアイテムです。
ローションを尻穴に塗る際に、指にローションつけてアナルに挿れてマッサージするんですね。
この時に素手だと肛門内を傷つけててしまう恐れがあるんです。

最初にしっかりマッサージすることによって、そのあとエネマグラを入れたときの感覚が全く変わってきますので、必ず行った方がいいです。
手袋は、医療用手袋がベスト。安く済ますなら、ドラックストアのゴム手袋でもいいかもしれません。

④浣腸

直腸内には便がこべりついていたり、洗浄をしないでエネマグラとか指を入れると刺激が弱まりますし、なにより不衛生極まりありません。
そのため、腸内洗浄は面倒くさがらずに必ず、必ず行うようしてください。

⑤コンドーム

前立腺マッサージでドライにチャレンジしていると、感じてペニスの先からタラタラとカウパー液が垂れてくることがあります。
垂れてもいいように事前にコンドームを装着しておくと安心です。

⑥バスタオル

バスタオルの画像

前立腺マッサージの際は念のため、床に汚れてもいいタオルを敷きましょう。
ローションが床に垂れることもありますし、環境を整えておけばその分集中できます。

⑦人目を気にしないで済む場所

準備において最も大切で重要なポイントではないかと感じます。
できれば不意に感じてしまって大きな声を出してもいいような場所がベストですが、実家だと家族、1人暮らしだと隣人に響かないか心配です。
ですのでここぞという時は、ラブホテルに行くといいでしょう。

お金はかかりますが、いくら声を出してもいいので心身的な安心感が段違いです。
安心をお金で買っているようなものですね。

ただし最初のうちは、そこまで感じることは少ないのである程度開発されてからでOKです。

ドライオーガズム実践編

ようやく事前に準備する道具が揃いましたら遂にドライオーガズムを目指して、実践をしていくことになります。
先に書いておきますが、ドライオーガズムに到達するまでそれなりの時間が必要です。
前立腺自体このようなオナニーをするための器官ではないため、未開発な最初は鈍感で、よほど敏感で感じやすい体質の人以外は、ほとんど何も感じません。

根気強く前立腺をマッサージをしたり、エネマグラで開発しているうちに前立腺が感じ始め、ドライオーガズムに達するのです。
ドライオーガズムに達するまでの時間は、早い人で1年。遅い人だと3年以上かかっても到達できないと聞きます。

心折れずに諦めず続けてくだい、志半ばでやめてしまうのは本当に勿体ないです。

①まずは浣腸をして腸内を洗浄する

前述にも記載しましたが直腸内に便があるとエネマグラの動きが悪くなりますし、不衛生です。
エネマグラを肛門から抜いたときに、便が付いていたらどうですか?汚いし萎えますよね。

これを防ぐため予め浣腸などして、直腸内の便をキレイに出してしまいます。
いちちぐ浣腸がお金は少々かかりますが、一番安全な方法です。

②指でアナルをマッサージする

いきなりエネマグラを挿入するのはよくありませんので、まずは指にローションを付けて肛門内をマッサージします。
もちろんこの時は医療用の手袋、最低でもゴム手袋を装着してください。

最初は緊張するかもしれませんが、アナルに力を入れず、力まないようにしてください。
ゆっくりゆっくり奥まで進みつつ動かしていきます。
この時にいきなりグリグリと動かしたりしないようにしてください。

そして慣れてきたら、肛門の方に指を引き出して、中指の腹で、前立腺の位置を探ります。
前立腺は手前側にあるので、さするようにやさしく、もしかするとジンジンをお腹の奥から温かくなってくるかもしれません。

気持ちいいようだったら、声を出しても構いません。
仮に何も感じなかったとしても、気にする必要はありません。

慣れないうちは誰でも良く分かりません。
焦らず、じっくりと前立腺を開発していきましょう!

③エネマグラを入れましょう!

しっかりとマッサージできたら、エネマグラで前立腺を刺激していきます。
初心者は、準備でご紹介しましたSGXクラシックを使ってください。デカいエネマグラは不要です。

エネマグラにたっぷりとローションを塗りましたら、ゆっくりと慌てずにアナル内に挿入していきます。
体勢は、仰向けがいいでしょう。

肛門のチカラを抜いてうんこをするようなチカラを入れると、肛門が自然と開きますので最初はそのようにして、エネマグラをゆっくりと入れ込むといいでしょう。
初めての快感に気持ちよくて「はぅぅん!」って声が出てしまうかもしれません。

これを3日1回。もしくは一週間に1回は、継続してください。

貴方が気づいていなくとも、徐々に刺激によって前立腺は開発されています。

そしてある日、突然、ドライオーガズムが訪れます。

ドライオーガズムに到達するまで、時間と労力がかかりますが、ぜひ諦めず最高の絶頂を味わってください。