【緊縛】絶対に縛ってはいけない緊縛の場所と気を付けるポイント

SMプレイ解説

マゾカスタム

SMといえば「緊縛」とイメージする人も多いほど、緊縛は最もポピュラーなSMプレイです。それだけに安易な気持ちで実行してしまう人も少なくないはずですが実はしっかりとした知識がないと危険な行為でもあるのです
という事で、今回は緊縛する際に絶対に縛ってはいけない場所や緊縛を行う際に注意すべき事などを詳しく解説したいと思います。

縛るな危険!絶対に避けるべき場所

<首>

当たり前の事ですが、首を縛ると頸動脈が圧迫されたり、気道が塞がれてしまい脳へ酸素が供給されなくなったり呼吸ができなくなってしまいます。そうなると死に直結するので、首は絶対に縛らないようにしましょう。
緊縛写真を見ると亀甲縛りなどで首に縄がかかっているものを見かけるかもしれませんが、これは頸動脈や気管がある頸部の前方を絞め付けないように縄に余裕をもたせて調整してあります。
見よう見まねで行うと大事故に繋がりかねないので、こうした緊縛を行う場合は必ずやり方を十分に確認した上で実行するようにしましょう。

<足の付け根>

足の付け根には股関節があり、立ったり座ったり歩いたりと日常の動作で頻繁に使われる場所でもあります。そこを縄で縛って圧迫してしまうと、過剰な力が加わり負担がかかってしまいます。
その結果、股関節がずれたり変形したりなどして立ち座りや歩くたびに傷みを感じるようになる危険性もあるのです。さらには靴下を穿いたり、足の爪を切ったりする事も困難になってしまう可能性も。
このように、危険な緊縛方法により日常の動作が正常に行えなくなってしまうような事は絶対に避けましょう。

<脇>

脇にはたくさんのリンパが通っているので、ここを圧迫するとむくみが生じたりしやすくなるようです。
また、腕の付け根でもあるので、脇に縄をかけてここを支点に吊り上げるような事があると、体の重みに耐え切れず腕が脱臼しかねません。そもそも吊りは緊縛の知識と経験が豊富な上級者向けなので、緊縛に慣れていない人は安易に行うのはやめておきましょう。

<膝や肘の内側>

膝や肘の内側も強い力で縛り上げると危険です。試しに肘の内側を思いっきり指で押してみてください。骨に直接響くような痛みを感じるのではないでしょうか。
もしこの場所を緊縛してしまうと、このような痛みを長時間与えてしまう事になります。よく、マゾなら痛みに耐えるのが当然だと考える人もいますが、緊縛は痛みを与えるための行為ではありません。
膝や肘の内側には筋や腱が通っているので、これらを傷つけるような緊縛はやめましょう。

縛る際に気をつけるべき場所

<鎖骨>

後手縛りや菱縄縛りなど、鎖骨部分に縄が当たる緊縛方法は多くありますが、その時に気をつけたいのが縄の力加減です。
鎖骨部分は皮膚が薄く、骨が浮き出ているので骨に直接縄が当たり痛みを感じやすい場所でもあります。
長時間強い力で縄が当たっていると不快感を感じさせてしまいますし、縄が擦れて傷ができたり内出血を起こしてしまう事もあるので、鎖骨部分に縄が当たる場合はあまりキツく締め付けないようにしましょう。

<肋骨>

肋骨は骨の中でも衝撃に弱く、骨折しやすいものです。
縄で長時間肋骨を締め付けすぎると骨折してしまう可能性もあるため、鎖骨同様こちらも力加減には注意しましょう。

<みぞおち>

みぞおちは人体の急所でもあり、ダメージを負いやすい部分です。自分のみぞおちを手で力を込めて押してみてください。息苦しさや吐き気を催すはずです。
緊縛時にここを圧迫された状態が続くと、縛られる側の体調にも影響するので、縄がみぞおちにかかる場合はキツすぎないかどうか確認しながら縛っていくのがいいでしょう。

<二の腕>

緊縛プレイにおいて二の腕を縛る場面はよくありますが、これにも注意が必要です。
腕には橈骨神経や尺骨神経など多くの神経が通っています。これらを長時間圧迫してしまうと、腕が痺れたり指が曲げられなくなったりしてしまいます。その結果、箸やペンが握れない、荷物が持てないといった日常生活にも大きな支障をきたしてしまうのです。
こういった事態になるのを避けるには縛る場所や縛り方がとても重要です。二の腕を縛る際には肩からも肘からも10cm以上離れた場所を縛るようにしましょう。
二の腕の真ん中あたりが比較的安全な場所となります。

その他、安全に緊縛を楽しむために

チアノーゼ症状に注意する

縄で強く締め付けた際や無理な体勢で縛った場合、血流障害が起こり部分的に肌が紫色に変色する場合があり、これをチアノーゼといいます。
チアノーゼの症状が出た状態で緊縛を続けると後遺症が出かねないので、緊縛時に肌の色が変色している事に気づいたら速やかに縄を解きましょう。

パニック症状や体調に変化はないか気遣いながら行う

体調が優れなかったり、精神的に不安を感じている状態で緊縛を施すとパニック障害のような症状が現れる事があります。
動悸がしたり、呼吸困難に陥ったりした場合は緊縛を中止して落ち着かせるようにしましょう。
特に動悸は縛り手には伝わりづらい事が多いので、緊縛する際は常に相手に声をかけて体調に気遣いながら行うべきです。

時には擦過傷が残らないような緊縛を心がける必要も

特に毛羽が目立つ麻縄で縛った場合に起こる事が多い擦り傷です。
人によってはこの擦り傷さえも快感という人もいますが、縛った箇所に傷が残ってしまうため、傷を作りたくない人には特に注意しましょう。
事前に相手に確認しておき、傷ができるのは嫌という人には綿縄を使用したり、縄を締め付ける強さを調整しながら傷が残らないような緊縛を心がけるようにしましょう。

既往症や持病を事前に確認する

これまでの病歴や現在患っている病状によっては注意しなければなりません。
例えばパニック障害をもっている相手だと前述したように,緊縛中の不安からパニック症状が出てしまう事も有り得るので細心の注意を払いながら行いましょう。
他にも緊縛は縄で体を締め付ける事から血管を圧迫し、血流を滞らせてしまうので心臓病を患っている相手には緊縛を行わないのがベターです。
また脳梗塞を起こした経験のある人についても、緊縛により血栓が出来やすくなる事から避けた方がいいでしょう。
さらに、糖尿病を患っている人は血管がもろくなっているので、緊縛を行うのは非常に危険です。
こういった事から事前に既往症や持病を確認しておく事をおすすめします。

長時間の緊縛は行わない

前述で何度かお伝えしてきましたが、長時間にわたって縄で体を締め付けるという行為は皮膚や神経、血管を圧迫し続ける状態となるためとても危険です。
なので緊縛は短時間で行うようにしましょう。
長くても20~30分、初心者は5~10分程度に留めておくのがベターです。

緊縛は正しい知識を思いやりで愉しめる魅力的なプレイ

ここまで緊縛の危険性についてお話してきただけに、やってみたいけれど怖いしやめておこうかな…と慎重な考えになった人も多いかもしれません。
しかし、危険性を理解し用心深い考えをもてる人にこそ愉しんでほしいプレイでもあります。
縛られる事で自由を奪われ、不自由だからこそ味わえるもどかしいような恥ずかしいような妙な感覚…そして相手が快楽の深みに堕ちていく艶めかしい姿。これを味わえるのは緊縛以外にありません
緊縛写真や動画などを見て自分もやってみたいと思っている方は、今回お伝えした注意点などを参考にして、相手に対して思いやりや気遣いをもちながら愉しんでみてください。

SM知識, 緊縛・拘束プレイ

Posted by mazotown