気軽で簡単に緊縛プレイを楽しもう!緊縛に芸術性を求めてないという人に最適な縛り方教えます!

SMプレイ解説

マゾカスタム

SMプレイの中でも「緊縛」といえば定番の調教といっても過言ではなく、なければならない存在となっています。
それだけに、緊縛を追及して芸術性を求める人も中にはいますよね。
その一方で、芸術性なんていうものはいいからとにかく縛りがしたいという人もいるのではないでしょうか?
そこで今回はそんな緊縛に芸術性は求めてないという人に最適な縛り方をピックアップしてみました。

緊縛について

no1

まず初めに「緊縛」ついて軽く説明させて頂きます。
緊縛とは
・縄で縛る
・SMプレイでMに対して縄や紐状のもので拘束して身体の自由を奪う行為

という意味があります。
ここでは2番目が当てはまります。
身体の自由を奪う事が出来る為、SMプレイの中でも活用する人が多いわけです。
その為、緊縛をどのように捉えるのか二種類のスタンスに分ける事が出来ます。
・肉体美重視
なにより緊縛は縛られた側の身体をより美しくエロティックに見せる事が出来る為、芸術性を身に出したり、更に追求しようと考え
・責め重視
芸術性は求めず、緊縛相手に対しての責めに集中したいという考え

改めて、今回は「責め重視」の人向けの記事になるという事です。

オススメしたい縛り方

no2

緊縛といえば、手首や手足だけ、上半身や下半身のみ、全身を縛るといった様々な縛り方が存在します。
その中で「責め重視」の人にオススメしたい縛り方はコチラになります。

【1】手錠縛り

手首や足首に縄を巻きつけてただグルグルと縛る方法。
簡単なので特にテクニックは必要はありません。
素早く相手の身動きを封じ込めたい時にオススメです。

【2】股縄

股の下に縄をくぐらせて縛る方法。
縄が股に食い込む事で女性に刺激を与えます。
また、クリトリスに当たる部分にコブを作ってみても良いと思います。
動くたびにクリトリスにコブが擦れるので更に刺激を与える事が出来ます。

【3】後ろ手縛り

両腕を背中側で組ませ、その腕を束ねる様に縛る方法。
縛り方は少々難しいですが、慣れてさえしまえば上半身をしっかり固定出来るので身動きを封じる事が出来ます。

【4】М字開脚縛り

足をM字にした状態で縛る方法。
イスを使って縛り付ける方法もあります。
M字開脚は脚を閉じる事が出来ず股が全開になる為、羞恥心を煽る事が出来ます。

【5】胡坐縛り

胡坐をかいた状態で縛る方法。
形的にはM字開脚に少し似ていますが、拘束性に関してはこちらの方が高いです。
下半身の身動きを完全に封じたい場合は、この縛り方はオススメです。

【6】片足吊り縛り

片足を吊り上げた状態で縛る方法。
吊り用のフックや欄間を必要とする縛り方で、緊縛プレイの中でも難易度は高いです。
その為、緊縛に慣れている人でないとオススメしませんが、身体の感度が高まるのでとことん逝かせたい人には試してみてほしい縛りの一つです。

緊縛プレイで使用する物

no3

緊縛といえば、当たり前ですが身体を縛る為に縄やロープを使用する事になります。
色んな素材の物が存在しますが、ここで幾つか紹介したいと思います。

【1】麻縄

緊縛プレイで使用する縄は基本、これとなります。
使う場合、まずは「なめし」という作業が必要となってきます。
手間だと感じる人は通販やアダルトショップで元々なめし作業が済んでいる「なめし縄」を購入しましょう。

【2】綿ロープ

ソフトSMでよく使われるロープです。
麻縄に比べて柔らかく肌さわりも良くて、なめし作業といった手間もありません。
逆に、本格的な緊縛プレイには向かないのがデメリットです。

【3】ボンテージテープ

初心者の人でも安全に緊縛プレイが楽しめると使われているテープです。
肌に優しく、痕が残りにくいです。
その為、綿ロープと同じで本格的な緊縛プレイには不向きといえるでしょう。

他にも緊縛プレイに使う事が出来る縄やロープはありますが、安全性を考えるとこの3つをオススメします。

簡単に緊縛プレイを楽しみたい人であれば、必要な物は縄やロープのみでも良いかもしれません。
緊縛プレイをするにあたって、縛り方やどんな縄やロープを使用したらいいのか理解出来ていればひとまず問題はないと言えるでしょう。
しかし、十分に楽しみたいと思うならば道具も合わせて使用してみる事をオススメします。
相手の羞恥心を更に煽る事が出来たり、感度をより高める事が出来ます。

【1】目隠し

目隠しをする事で相手の視界を奪う事が出来るので、恐怖を感じさせる事が出来ます。
視界を奪われると人は他の感覚が敏感になります。
その為、目隠しされ縛られているだけでも感じてしまう女性は多いです。

【2】電マ

アダルトグッズの定番ともいえる「電マ」は緊縛プレイともかなり相性が良いです。
強さの強弱が出来るタイプもあるので、そういったものを選ぶ事でよりプレイを楽しむ事が出来ると思います。
持っている女性も多いので、抵抗がない人も多いと言えるでしょう。

【3】ディルド

ペニスを再現したグッズで太さ、長さ、硬さなど様々で色んな種類の物があります。
その為、中で逝くタイプの女性との相性が良いでしょう。
電動タイプもあるので、外で逝くタイプの女性とも問題なく使用する事が出来ます。

【4】アナルグッズ

・アナルプラグ
・アナルパール
・アナルローター・バイブ
縛られて敏感になっている身体にアナルの刺激は更に楽しさを倍増させてくれます。
相手の女性がアナルプレイも出来る人であれば、このようなアナルグッズも使用してみても良いと思います。

【5】くすぐりグッズ

・羽
・筆
・くすぐり棒
相手をくすぐったいと思わせる道具です。
気持ちよいといった感情とは別に、くすぐったい感情は更に相手の気分を高めてくれます。
しかし、コアな部類に入るのでこれがハマる女性はあまりいません。
その為、これをメインの道具にするのではなくて気分転換にたまにやってみよう位の気持ちで是非試してみて下さい。

まとめ

no4

緊縛プレイは芸術性を求めなくても十分に色んな方法で楽しむ事が出来る、是非オススメしたいSMプレイの一つです。
気軽に試せる事が出来るのもいい所と言えるでしょう。
しかし、気軽に試せるからといって相手の同意を得ずに行うのはタブーです。
まずはどのプレイでも言える事ですが、相手の同意を得た上で行いましょう。
そして、緊縛プレイは時に危険を伴う事もあるという事を覚えていて下さい。
相手を危険な目に遭わせてしまっては、プレイどころではなく信頼関係も失ってしまいます。
プレイをするにあたってどんな事が危険なのか?注意すべき点を理解した上で楽しみましょう。
それを踏まえた上で、上手く緊縛プレイを使えば女性を自由自在に、自分の思い通りに操る事が出来るかもしれませんよ。
今回の記事が参考になれば幸いです。