手フェチは女性に多いイメージだけど、男性にもいる?

アブノーマル情報

マゾカスタム

フェチというものは誰しも何かしら一つくらいは持っているものです。
何もないという人は本当にそうでしょうか?
恥ずかしがらずによく考えてみてください。

それを見ると興奮する。
それがあると落ち着く。
それが好みのものに近ければ近いほど、もっともっと好きになる。
そういうものがフェチというものです。

自分のフェチに素直になって、それを満たす人や物を探し、好みのものに出会えた時には嬉しいでしょう。
そして、それを持つ人とお付き合いできたら最高です。

ただ総合的にその他の部分で許せない部分があると、お付き合いするには至らないこともあるかと思います。
ただフェチを満たせるだけでいいのなら、一夜限りのお付き合いでも構わないでしょう。

特に多いのはおっぱいフェチ、お尻フェチではないでしょうか?
思いきり性器なので、好きといっても変に思われないから無難だからというのが一番の理由でしょう。
日本人は変態のくせに性癖が普通と少しでも違うと、馬鹿にしたり、イジメたりという低俗な行為を行う人もいます。
右に倣えの精神で同じものを挙げるのが無難なのでしょう。

ただ本当に自分の胸に手を当ててフェチを考えてみると違うという人もそこそこいるはずです。
自分だけのフェチを大切にしましょう。
そして、誰がどんなフェチでも気にしない、そんな人もいるんだ!という認識でいられる世の中になってほしいものです。

女性に多いフェチは?

さて、フェチに性差はあるんでしょうか?
答えはあります。
男女の体の違いがあるので、どうしても男女差が出てきます。
男性のおっぱいフェチの対になるものとして、女性は男性の胸板フェチといった具合に似てるけど異なりますよね。

女性に多いフェチとしては手フェチが有名ですよね。
他にもメガネフェチ、スーツフェチ、声フェチなどが女性に多いですね。
女性はそこまではっきりと男性の性器フェチというのは言わないようですね。
実はいるけど、恥ずかしくて言えない人の方が多いのは分かることですが。

男性は分かりやすく性欲に結び付いたフェチが多いですが、女性は一見、性欲とは無関係に見えて、実は性欲に繋がっているものです。
フェチはだいたい性欲とは切っても切り離せないものなので当たり前なんですね。

これを聞くと手のケアをしたり、メガネやスーツにこだわってみたり、ボイストレーニングなどしてみたりしてモテようとするのもいいでしょう。
ただその人その人で好みは変わってくるので、同じ手フェチでも指がきれいな方がいい、手の平が大きいのが好き、血管が浮き出てるのがセクシーなどあります。
自分の好みの人が手フェチといっても、もしかしたらむなしい努力をしてしまうかもしれませんね。
手の場合は努力ではどうにもならないこともありますけどね。

意外にも手フェチは男性にも多い

ところで手フェチというと女性特有かと思う人もいるかもしれませんが、男性でも女性の手フェチという人もいます。
女性特有の柔らかそうな感じ、しなやかな感じ、指や爪、ネイルのキレイさなどがフェチに刺さる要素としてあげられます。

その手を触ったり、その手で触られたり、特に性器を触られることを妄想する男性が多いようです。
フェチでなくてもその気持ち分かる!!と思ってしまいますね。

手はそのように触れるイメージが強いのでフェチになる人が多い部位です。
素手が好きな人もいれば、手袋をはめているのが好きという人もいます。
手袋も普通の手袋よりは炊事用のゴム手袋や医療用ゴム手袋、革などハードなイメージの手袋も人気がありますね。

男性の場合は特にフェチは直接的な性欲に結び付いて考えられます。
とても分かりやすくていいですね。

手フェチはエロい

人間ならば、とにかく手はよく使うものです。
手は多くの人が初めにおこなうスキンシップとなる部位でしょう。
手をつなぐ、手でどこかに触れる、手をどこかに触られる。
性的で無くとも、恋人同士だと性的なものになるでしょう。

エロだと手コキやアナルに指を入れたり、前立腺を刺激したり、ドライオーガズムに達したリ、乳首をつねったりと何かと手が活躍しますね。