失敗しない自縛で縛られる練習を!

M初心者向け

緊縛が初めてだと思ったよりも痛い思いをしたり、縄を外した後もまだ痛いような感じがしたりとちょっとした違和感を感じることもあります。
ヒドイ場合だと、筋を痛めてしまったり、圧迫箇所が悪ければ痣ができたりもします。
もちろんベテランのS女様に緊縛してもらえたら、あまりリスクは無いでしょう。
それでも万が一というのはいつでもあります。

そのリスクを回避するために自衛できることもあります。
たとえば、ストレッチや自縛の練習といったことが考えられます。

マゾカスタム

ストレッチ

毎日、ストレッチをかかさずやりましょう。
体が柔らかければ柔らかいほど、様々な体勢で緊縛ができます。
また、スジをひねったり、神経を痛める心配が減ります。

身体を伸ばせるものであれば、どんなストレッチでも大丈夫です。
・手を高くあげて背伸びする。
・肘を持ち、肩から二の腕を伸ばす。
・腰を前後左右に曲げて、腰を伸ばす。
・脚を組み、体をひねって伸ばす。
など、自分の体のかたさを見つつ、痛くない範囲でおこないましょう。
伸ばした状態を最低5秒ほどキープしましょう。

あまり時間がなくても、ちょっとした合間におこなって、毎日するクセをつけましょう。
毎日の積み重ねがあなたの身体を守ります。

自縛の練習

自縛をして、緊縛慣れをしておきましょう。

自分で自分を縛るとどこに縄をかけたら負担になるか、自分で気づくことができます。
S女様に任せっぱなしにしないで、自分の身体の異変にいち早く気づけるようにするのも自分を守るのに必要なことです。

胸のあたりに縄をかけることから練習を始めましょう。
自分で手の届く範囲から始めないと自縛はできません。
上手くできるようになったら、脚に縄をかけてみましょう。

長時間、緊縛するつもりなら、あまり締め付けずに血流を確保できるようにしましょう。
短時間ならキツク縛っても大丈夫ですが、すぐにほどけるようにはしておきましょう。

最初は時間がかかるので、必ずゆるめに縛りましょう。
縛り慣れるまでは変わった体勢での緊縛もしないでください。
楽な姿勢でいられる形での自爆をしましょう。
万が一のためにハサミを用意しておくのも忘れずに。

縄の扱い方や縛り方、解き方に慣れてきたら次の段階へ進みましょう。

自縛ができるM男には女王様も下手なことはできません。
無茶な縛りをするより、安全を考慮した縛り方をしてもらいやすいです。
そのためにも自縛練習をしておくと良いでしょう。

緊縛, 自縛

Posted by mazotown