初心者M男は必見!ギャル系女王様から調教を受けたM男のすべてを激白させてみた!

M初心者向け

今って本当便利な時代になりましたよね。
わざわざ街中に出かけなくても、ネットで女性を探せる。
僕みたいな童貞&コミュ障にとっては有難い限りです。

僕の好みはギャル系のお姉さまなんですけど、街で見かけるギャルを良いな~と思っても声なんて掛けられるはずもなく、とは言っても職場はお堅いからギャル自体居ない…。
それもあって、ネットで探したら…超タイプなギャルのお姉さま…いや、女王様と出会う事が出来たんです。

小麦色の肌と金色の髪、意志の強そうな大きな瞳が印象的な、リナ女王様。
童貞のギャル好きを探していたらしくて、僕がジャストヒットしたそうです。
礼儀を尽くしてやり取りしていたらいたく気に入って貰えて、実際にお会いして僕がずっと望んでたプレイを全部して頂けました。
リナ女王様にどのようなプレイをして頂けたのか、書いていこうと思います。

①ギャル系女王様流呼吸管理

リナ女王様は、真っすぐにスラッと伸びた脚に豊満なバストが際立つ、非常にナイスバディな女性でした。

「とっとと服脱いで。そこに横になって。」
命じられるがまま服を脱ぎます。
女王様は着衣のままパンティだけを脱いで…そのままパンティを僕の口に詰めました。
そのまま僕はベッドに仰向けに横たわりました。
そして、僕の顔の上に跨って頂き…そのままゆっくり、体重をかけて貰いました。
僕の顔面は、女王様の座布団になったのです。

女王様がモゾモゾと位置を調整して、良い位置を見つけて落ち着いたらしくそのままスマホゲーを弄りだしたようでした。
鼻の部分に女王様のアナル、口元におまんこが当たります。
非常に舐めたかったのですが、必死で我慢しました。

僅かな隙間から精一杯呼吸をして、酸素を吸引します。
ですが、時間が経つにつれてどんどん息苦しくなって行って…苦しくて、ついベッドをボンボンと叩いて合図を送ってしまいました。

ですが、女王様はスマホゲーでいいところだったらしく。
「おい、オマエのせいで負けただろうがよ。いいところで気ぃ散らすような事してくんじゃねーよ!」と、僕のチンポをギュゥッ!とつねったんです。
「ムグゥッ!フゥッ!」息苦しいのに呻いてしまい、余計呼吸が困難になってしまいました。
冷や汗が出てきます。でも女王様はお構いなしにスマホゲーを弄り続けているようです…。

どいて貰えないので、そのまま朦朧としながら呼吸をしていると…女王様がプゥッ、とオナラをしました。
鼻腔いっぱいに女王様のオナラの香りが充満します。
これが女王様のオナラの香り!息苦しさも忘れて必死でフゴフゴと吸い込みます。

「うわ、めっちゃ勃起してんじゃん。オナラ吸い込んで勃起するとか超キモいんだけどw」
興奮している事に気付いた女王様が、僕のチンポを脚で揉みます。
刺激を与えられて余計に勃起する僕のチンポ…。
「ほら、もっと勃てるんだよ!」
脚ですりすり刺激されてどんどん膨らんでいって…
ブッブゥゥゥッ!という音と共に、女王様が再度オナラをしました。
湿り気のある生暖かいオナラが押し寄せます。
「ングゥッ!ングゥゥゥゥッ!」声にならない声をあげて歓喜の雄たけびを上げる僕。
そしてそのまま、あっけなく絶頂を迎えてしまったのでした。

②唾吐き

「きったねーな!許可なくイッてんじゃねーよ!」
立ち上がった女王様が、僕の顔にペッと唾を吐き捨てます。
「も、申し訳ございません女王様!」
僕も素早く身を起こすと、その場で土下座しました。

「ったく、躾のなってねー犬だな…だから童貞も卒業出来ない野良犬なんだよ。ほら、口開けな」
言われるがまま口を開けると、女王様がペッペッと連続で唾を吐き、カーッ、ペッ!と最後に痰を頂きました。
「飲みこめ。」
と言われたので、ゴクン、と飲み込みました。
まだ口の中にぬめった感触が残っています。

「いつも一人でどんな風にオナニーしてるのか見せてみな。」

言われるがまま大股を開くと、チンポを握りシコシコとオナニーし始めます。
女王様がゴミを見るような目で僕を見ていて…それだけで大興奮してしまいました。
「っていうかイクの遅くない?マジだるいんだけど。」
そう言うと女王様がペッペッと、また連続で唾を吐きました。
僕の顔やチンポに唾が飛んできます。
「あぁっ!気持ち良いです女王様!」
体中唾まみれ、片手で唾を掬い取り乳首をこねくり回します。
そしてチンポに唾を刷り込んで、高速でしごき上げました。
自然と腰が浮き、絶頂が近くなっていくのが分かりました。

「腰めっちゃ浮いてるw気持ち悪っw」
女王様が僕のチンポをグッ、と踏みました。
「あぁっ!女王様の足の裏とセックスぅ!セックスしてるのぉっ!!!」
女王様の足の裏が気持ちよすぎて、ついそう叫んでしまいました。
「あー…うん、足の裏とセックスねw
まぁオマエみたいな変態が私の足の裏とセックス出来るだけ有難いと思って?」
女王様が電気あんまの要領で、グッグッとリズミカルにチンポに刺激を与えます。
「あぁぁ~~~っ!足裏セックスでいくぅぅぅぅ!!!!」
そう叫ぶと、またもやドビュッ!!と勢いよく射精してしまいました。

「あーあ…オマエのせいで足裏汚れちゃったよ。ほら、綺麗にしろよ。」
女王様が足で僕の顔面を踏み、ザーメンをこすり付けるようにグリグリと踏みました。
顔いっぱいに僕自身のザーメンが刷り込まれて行きます。
「うぅっ…うっ…」生臭い香りでしたが、一生懸命にザーメンを舐めとりました。
「ほら、もっとてきぱき綺麗にするんだよ!」
いつの間にか女王様が鞭を手にしていたようで、チンポにビシッ!と熱い衝撃と裂くような痛みが走りました。

「フグゥゥゥゥ!フグッゥ!(申し訳ございません!女王様!)」
ジュルルルルゥ!ジュルゥ!と、ラーメンを啜るように頑張ってザーメンを吸い、女王様の足裏、足の指の間にこびりついたザーメンをレロレロと舐めとったのでした。

③フェラ

「さーて、自分だけ気持ち良くなられちゃ世話ないから。私のも気持ち良くするんだよ、ほら。」
目の前に女王様が仁王立ちになり、ペニバン…女王様のチンポをグイッと口元に差し出されます。
「オマエが歯立てたらすぐ分かるようにコンドームはめてあるから。破けたらお仕置きするからな。」
女王様が冷たい目で言い放ちます。

僕は元気良く、「が、頑張ります!」と返しました。
「いつ勝手に喋っていいっつった?とっととしゃぶるんだよっ!」
女王様のお気に召さなかったようで、乱雑に口にチンポをねじ込まれました。
「ホゥグッ!!!」凄まじい圧迫感に、思わず悲鳴が漏れます。
ズッズッ、と女王様がピストンを続けます…

「おい、もっと気合入れてしゃぶるんだよ!自分だけ気持ち良くなってんじゃねーよ、おらおらぁ!」
喉奥まで突っ込まれて、思わず「オブェエエエ!」と吐きそうになってしまいました。
すると、バシィンッ!とビンタが飛んできました。
「えづいてる暇あるんなら気持ち良くしろっての!使えねーな!」
容赦なくピストンで喉奥を犯され、オブェ、オブェエ!!と涙目になりながらも一生懸命ピストンを続けました。

どれくらいの時間が経ったのでしょうか?
女王様が、クポォ…と僕の口からペニスを抜きました。
ペニスに、少し破けたゴムが泡立った状態で引っ付いていました。

「あーあ、オマエがフェラ下手だからゴム破けちゃったじゃんか!」
ビシィッ!と、また頬にビンタを喰らってしまいます。
「申し訳ございません!このような粗相を…」
必死で土下座をします。

「いやー本当使えねえわ…そうだ、オマエ、セルフフェラしろよ。」
えっ?!
「足伸ばした状態でベッドに座って。そうそう、そのまま体を前に折り曲げて、自分のチンポしゃぶれ。」
つまり、長座体前屈の状態で自分のチンポをしゃぶれ、と仰ったのです。

「ほら、もたもたすんなや!」鞭がピシィンッ!と飛んできます。
「ヒィッ!すぐにします!」
幸か不幸か僕は体が軟らかかったので、すんなり自分のチンポを飲み込む事が出来ました。
んっ、んっ、ジュブッ、ジュブッ、と音を立ててフェラします。

「あはは!自分でフェラして気持ち良いんだ?w」
「ングゥッ!ぎ、ぎもぢいいでずっ!」必死でフェラしながら返事を返しました。
でも二回連続で出した後だったし、中々イク事が出来なくて…。

「おいおい、5分経つのにまだイカないわけ?もういいわ。」
と、鞭打ちを頂いてしまったのでした。

④指でアナルをほぐされ…浣腸

「あーあ、お前には本当にがっかりだよ。」
明らかに女王様の機嫌が悪いです。
「も、申し訳ございません…」
「もういいよ、オマエのその謝罪聞き飽きたわ。とりあえずそこに四つん這いになって。」

言われるがまま、ベッドに四つん這いになります。
女王様はローションを手に取ると、僕のアナルにローションを擦りつけて。
指をアナルにぬぷっ、と入れたんです。
そのままじゅぶ、じゅぶ、とピストンをして…思わず「あぁんっ、あぁんっ」と喘いでしまいました。
「何感じてんの?まだまだこれからなんだけど。」不機嫌そうにそう呟くと、指を一気に増やしたようで、急に圧迫感が増しました。
「あぁ゛ん!!!」野太い声で喘いでしまいました…。
「うわキモッw4本入れられてそんなに気持ちよくなってるのマジ淫乱なんだけどwていうかアナル初心者だよね?信じらんないww」
女王様が笑いながら指を動かし続けます。
「あびぃっ!んぐぅっ!」未知数の圧迫感と気持ち良さに喘ぎながら、女王様の責めを受け止め続けていました。

「さーて、じゃあ次はこれね。」
液体の入った桶と大きな注射器のようなものを取り出すと、女王様が液体を注射器の中に入れました。
「はーい、お注射でちゅよ~w」
そのまま僕のアナルに、謎の液体をヂュウウと注入しました。
お腹いっぱいに液体が吸い込まれ、冷や汗が出てきました。
「うぅ…」気持ち悪い感覚に、思わず声が漏れます。

「まだまだだから。」どんどん液体を僕のアナルから注入して行きました。
「うぅ、うぅぅぅぅ」圧迫感に喘ぎます。

「あはは、お腹ぷっくりwほらトイレ行ってきなw」
女王様が笑いながら僕のケツを蹴り上げます。
「ひぃ、ひぃぃ!」すぐにでも漏れそうだったので、四つん這いでトイレに駆け込み…ブリュリュリュッ!と放出したのでした。
勃起しながら…。

⑤アナル処女喪失

「おっせーな、ひねり出すのにどんだけ掛かってんだよ。」

トイレから出てきた僕に、女王様が文句を言います。
「申し訳ございません…」女王様に土下座して謝罪をしました。
「はー、じゃ、またそこに四つん這いになって。」
女王様に言われるがままに、四つん這いになりました。
ぐっ、と女王様が僕のアナルにチンポをあてがうと…ズッ!と、チンポがアナルの中に入ってきました。
そのままズ、ズ、とピストンを続けます。
「おぁんっ!ぁあんっ!」動きに合わせて容赦なく感じてしまう僕…。

「本当にアナル初心者なの?初めてでここまでアナルゆるゆるで感じてるの本当に引くんだけど。淫乱すぎない?w」
罵りながら、女王様が腰を動かすスピードを一層早めます。
ズン、ズン、と衝撃が響いて…イキそうになっていました。
「女王様っ!イキそうです!」
そう宣言してしまいました。

「は?さっき何回もイッたばかりじゃん?wまぁいいや、イキたいならイケば?」
そのまま乳首をギュウウウッと抓られました。

そして傍らにあった僕の鞄を漁ると…ニタァ、と笑って、僕の財布をチンポの先に置きました。
社会人デビューで僕の親がお祝いにと買ってくれた、財布…。
女王様にはお会いする前にその事も話してあったんです。

「ほらほら、イッちゃいな!イッて財布にぶっかけるんだよっ!」
女王様はそう言い放つと、高速でピストンして僕のアナルを犯し始めました。
思わず、「だめぇっ!僕のお財布イカ臭くなっちゃぅのぉっ!!!!!」
メス声でそう叫びます。
「イカ臭くしなっ!パパママから貰った財布に射精するんだよっ!このド変態っ!親不孝っ!!!」
女王様にそう罵倒されて、余計感じてしまいました。
「あぁんっ!親不孝チンポいくっ!いっちゃぅうううう!!!」
「ちゃんと謝りながらイけ!ほらっ!ほらっ!!!!」
そう命令され、咄嗟に
「お父さんお母さん、ごめんなさいっ!ぶっかけごめんっ!!!!!!お゛っ!!!!」
そう叫びながら、財布にびゅるぅぅぅっ!!!とぶっかけてしまったのでした…。

⑥お清め

財布をすっかり穢してしまった僕に、女王様が容赦なく命令します。
「風呂場行くぞ。財布も持って。」
財布を洗うのかな?と思いながら、財布を手に女王様にひょこひょこと付いて行きました。

笑顔で女王様が言い放ちました。
「財布に放尿しな。そのままだと財布イカ臭くてかわいそうでしょ?綺麗にしてあげなきゃ。」と。有無を言わさぬ迫力で…。
「はい、かしこまりました…」もはや僕は女王様のモノ。
逆らう等という選択は皆無です。

お父さんお母さんごめんなさい…そう心の中で謝りながら、プシャァァァと財布に放尿しました。

「あーあ、マジで親不孝だよねwウケるw」
その様子を女王様がスマホのムービー機能で撮影します。
後で見て、女王様が一人で楽しむそうで…想像したら、またチンポがムクッ、と起き上がってしまいました。

放尿が終わったタイミングで、傍らの女王様が立ち上がりました。「オマエのチンポもキレイにしてやるよ。」
女王様はそう言い放つと、スカートをたくし上げ…
中腰だった僕に、頭からプシャアアアアアと放尿しました。
生暖かい聖水の感触にウットリとしてしまいました。

「あぁ、チンポだけじゃなくて全部綺麗にしてあげるわw
ねぇ、気持ち良いでしょ?」
そう女王様が問いかけます。
「はい、すごく気持ち良くて、幸せです…。」
頭から聖水を浴び、チンポをビンビンにしながら返しました。
「ふうん、やっぱりド変態だね~w」女王様が笑いながら、「ふんっ」と力みました。
頭上から、ブリュ、という音がして…
ああ、僕は、この後もっと「綺麗に」なるんだな、と、恍惚としながら…女王様の黄金を受け止めたのでした。

⑦その後

リナ女王様とお会いする前に、僕が憧れてたプレイの話を全てお伝えしたんですけど。
実際プレイして貰ったら、プレイにアレンジを加えてくれて物凄い充実した時間を過ごす事が出来たんです。

今まで「ギャルにこんな酷い事されたいな」と思ってても、
ギャルと出会う事からしてハードル高かったし、変態的なプレイを望むってなったら砂漠の中からオアシス見つけ出すレベルで無理だろうな~って思ってたので…
正直諦めてたんですよね。
ですので、まさかネットで美人ギャルと出会えて、しかも自分の願望を叶えて貰えるなんて本当に夢みたいで。
あれから帰宅して何度も何度も、リナ女王様のプレイを思い出しては抜きました。

ちなみにリナ女王様の願望「童貞を徹底的にイジメぬきたい」も叶える事が出来て、大変気に入って頂けたので、その後も定期的にお会いする仲となりました。
願望を諦めないで良かった…望むプレイを全て叶えて頂いて良かった。
やっぱり、行動あるのみですね。こういうのって。

Posted by mazotown