M男性をペットの豚として調教飼育した体験談

M初心者向け

◎秘密のペット
私の名前は有村沙耶香。年齢は32才で仕事は外科医。毎日食事をゆっくり摂る時間もない程、朝から夜遅くまで働き詰めである。
今日も仕事が終わった時には夜中の0時を過ぎていた。
『今日も疲れた…帰ったら良雄に餌をあげなきゃ。』

実は私には誰にも言えない秘密がある。
さっき話した『良雄』は私のペット。
でも、犬や猫ではない。鳥や爬虫類でもない。
良雄 『おかえりなさい、沙耶香様!!』
沙耶香 『ただいま。今日も良い子にしてたのかしら?』
良雄 『はっ…はい!!もちろんです!!』
そう、私の誰にも言えない秘密は私には人間のペットがいるということ。そして、家畜として…豚として扱ってほしいという本人の希望を私は受け
奴隷契約書を交わし、こんな生活を続けてもう半年になる。

◎良雄との出会い
良雄との出会いは、とあるSM掲示板だった。私には緊縛・拘束、飼育調教好きという性癖がある。
もちろんこの性癖を誰にも話せるはずもない。
そんな性癖を隠さずに居られる場所…それが掲示板だった。
良雄を飼育する3年前に掲示板を通して知り合った1人の男を飼育調教していた。
その男も良雄と同様、私に従順だった。飼育調教の日々は、仕事で疲れた私の唯一の癒しだった。
だが、その生活も長くは続かなかった。
男が海外に引っ越してしまったのである。
しばらくは飼育調教の無い日々に今まで以上に仕事にのめり込んだ。
しかし、最近になってまた飼育調教がしたいと言う欲望が抑えきれなくなってきたのである。
私は掲示板に書き込みをした。
『32歳、沙耶香。私に飼育調教をさせてくれるM男性を募集します。』
そう書いて、Enterボタンを押した。
しばらくすると沢山のM男からメッセージが届いた。
※沙耶香さんに一から調教されたいです。
※沙耶香様、私を飼育調教してください。
※私はもう沙耶香様の奴隷です。
こんな内容のメッセージが溢れてきた。私の性癖を理解してくれる人がこんなにもいるんだって安心感で心が満たされていくのが分かった。
その中でも特に心惹かれたのが良雄からのメッセージだった。
『初めまして沙耶香さん。僕の名前は良雄と言います。沙耶香さんにお願いがあるのでメッセージをお送りしています。それは僕を雄豚として飼育して頂きたいということです。沙耶香さんを僕のご主人様として、徹底的に僕を飼育調教して頂けないでしょうか?お返事お待ちしております。』
(…この人なら3年前みたいにいや…それ以上の飼育調教が出来るかもしれない…。)
直感でこの人だ!と思った私は良雄にメッセージを返した。
『初めまして良雄さん。メッセージを頂けて嬉しいです。早速ですが、直接お会いできないでしょうか?良雄さんは何も持ってくる必要はありません。調教道具を始め、生活に必要なものは全てこちらで揃えております。如何でしょうか?』
良雄は是非お願いします。と言い、こうして私と良雄は一緒に生活することとなった。

◎良雄との生活の始まり
良雄と何度かメッセージでやり取りをして、待ち合わせ場所を決めた。
私の家のすぐ近くのカフェである。
待ち合わせ時間にカフェに行くと落ち着かない様子の男性がいた。前に顔写真の交換をしていたので、すぐに良雄だと分かった。
『あの…良雄さん?』
そう聞くと良雄は頷いた。
『このまますぐ私の家に行くので構わないかしら?』
また良雄は頷いた。
私の家までは私の車で向かう。その車中、私は良雄に色々と話しかけた。
沙耶香 『良雄さんは今まで飼育調教された事はあるの?』
良雄 『…はい。過去に一度。でも、相手が別のペットを見つけてもう貴方は必要ないから、と僕は捨てられました。』
沙耶香 『そんな辛い思いをしていたのにどうしてまた飼育調教を希望したの?』
良雄 『沙耶香さんなら…僕を大切に飼育調教してくれる気がしたから…。直感でこの人だって感じたんです』
直感で…私と同じだ…そう心の中で思った。
そんな話をしていたら、私の家に着いた。
良雄は緊張しているようだった。
『リラックスして。今日からここは貴方の家でもあるんだから。』
部屋の中に入ると調教道具の数の多さに良雄は驚いているようだった。
『それじゃあ早速だけど、私達の決まり事を決めておきましょう』
飼育調教をする(される)上で決まり事を決めておく事は大切な事である。
私達は6個の決まり事を決めた。
※私の言う事は絶対とする。
※今日からペットの豚として良雄を飼育調教する事
※今から装着する首輪は24時間ずっとつけておく事
※基本姿勢は四つん這いをする事
※私との約束を守れなかった時はお仕置き、守れたらご褒美を与える。
※私と暮らすにあたり、奴隷契約書を交わす
この他にもいくつか決まり事を決めたが、主な決まり事は上記のものである。
早速、私は良雄に首輪をつけた。

首輪をつけられた良雄は嬉しそうだった。
『今日から貴方をペットの豚として扱う。貴方にとって私の要求、要望は絶対よ。』

◎ペットの豚、良雄
良雄は本当に従順だった。私がおしっこを我慢しなさいと言うと、ずっと我慢し続けるし今すぐにオナニーをしてみせてと言うと今にも爆発しそうな程に勃起したおチンポを手を激しく上下に動かし、白濁の精液を大量に出した。その床に飛び散った精液を舐めて床を綺麗にしなさいというと一滴も残らず精液を舐めた。アナルにディルドを挿れたまま居なさいと言うと時折、苦痛と快楽に歪んだ顔を見せながらディルドを挿れた状態を保っていた。
ある日、良雄からこんなお願いをされた。
『沙耶香様、お願いがあります。僕の体に奴隷豚と書いて頂けませんか?』
私は躊躇うこともなく、全身に大きく奴隷豚と書いた。
『ありがとうございます沙耶香様!幸せです!!』良雄はそれだけでも充分に興奮したのか、勃起していた。
『良雄、私を気持ちよくさせてくれるかしら?』
そう言うと私はスカートを脱ぎ、ストッキングとパンティを脱いだ。

私は良雄をベッドの上に寝かせると顔面騎乗の状態で良雄の顔に跨った。
『舌で私を気持ちよくさせて!』
やや強めの命令口調で良雄に言うと、良雄は私のおマンコをジュルジュルと音を立てながら舌を動かした。
『んぁあっ!!気持ち良い!!良雄、イキそうだわ!!』
良雄は『僕の顔に沙耶香様の愛液を思いっきりかけてください!』
そう言って舌の動きを早くした。
『もう我慢できないわ!!出ちゃう!!!』
私は良雄の顔に思いっきり潮を吹いた。
ハァハァと荒い息遣いの中、私は良雄に『ご褒美をあげなくちゃいけないわね』と言って顔面騎乗の体位からそのまま69の体位になり、良雄のおチンポを丁寧に舐めた後、咥えて上下に動かした。
良雄は『あぁっ!!』と何度も喘いだ。そして、私の口内に沢山の精液を出した。
私は口の中の精液を飲み込まず、良雄に口移しをした。
そして『全て飲み干すのよ。美味しいでしょ?』と言った。
良雄は精液をゴクリと飲み込み、一瞬眉間にシワを寄せたが『美味しいです。沙耶香様。』と言った。

◎新たな調教
最近の私達は新しい調教もしている。野外調教だ。夜中に上半身裸で下半身は白ブリーフ1枚の姿の良雄を首輪につけた手綱を引っ張り、まるで犬の散歩のように歩いている。
もちろん野外での調教も忘れない。木の幹におしっこをさせたり、ベンチに座った私の脚を舐めさせたり…誰かに見られるかもしれないという状況が私達の性欲を更に掻き立てた。

私の可愛いペット、奴隷豚の良雄。
これからも色んな調教を良雄にしていきたいと思っている。

Posted by mazotown