どこを開発されたい?M男が求める開発希望部位3選

SMを楽しむための情報

M男の身体は性感帯開発によって、今よりももっと気持ちよくなれます。
性感帯と一言にいっても色々ありますが、その中でもM男性が喜ぶ開発されたい身体の部分について、
開発方法や詳細など紹介していきましょう。

性感帯開発の基本

自分の性感帯でも、相手の性感帯でも開発する上で重要なのは回数と根気です。
1日や2日集中して開発してもすぐに開花するなんて事はありません。
自転車の乗り方やスポーツと同じで、何度も何度も練習をして時間をかける事で上達していくのです。
そして開発中は興奮して勃起している事も重要です。
性感帯の開発中に勃起させ、それを繰り返す事で体が「ここを刺激されると興奮して勃起するんだ」と記憶してくれます。
そういった興奮のトリガーを身体に覚えさせる・作っていく事が性感帯開発で大事な事です。

乳首

男の性感帯としては王道の部位。
誰かから開発されなくても、自分からより感度を上げるために乳首開発に勤しんでいるM男も多いです。
そして性器の次に開発しやすい部分が乳首。
男性にとって重要な性感帯になりえる比較的メジャーな部位なのでまずは乳首からという人も多いでしょう。

開発について

女性の乳首と比べても男性の乳首は小さく、感度も低いと思われがちですが、開発によってその感度も上げていく事が可能です。
重要なのは、開発中は常に乳首を立たせておくこと。
オナニーする時と同様に、勃起していないチンコを扱くよりも、ギンギンに勃起したチンコを扱いた方が気持ち良いのと同じ原理です。

感度が上がっていくペースは人それぞれありますが、とにかく常に乳首をいじり続けるのが重要です。
自身で開発する場合は、いじれるときは常にいじり、オナニーをしている時にも触ると効果的なので意識して触るようにしましょう。
パートナーのM男を開発する場合も、セックスしていない時でもいじってやりましょう。服の上からでも効果はあり。

耳の開発は「感触」に加えて「音」の要素でも開発できる部分。
どちらも男性にとってはあまりメインに責められない箇所です。
感触はナチュラルに舐められたり齧られたりする事で興奮を促し、音は舐められている時の音もそうですが、相手のセリフなども影響します。

開発について

耳の五感で大事な所なので乱暴にせず、ソフトに優しく開発していきましょう。
自分で開発するのは少し難易度が高く、誰かに開発してもらうのが一番効果的。
響きや振動を感じ取って音を聞いているので、ヘッドホンでAV鑑賞などをするのが良いでしょう。
重要なのは耳元から近い距離感で行う事です。

背中

女性も男性も背中に性感帯なんて、なりえるはずがないと思っている方も多いと思います。
特に男性はほとんど筋肉しか無い背中をどうやって興奮するトリガーへと開発するのか疑問ですよね。
でも、マッサージを思い出してみると、うつ伏せになって横になっている時に背中を指圧されると気持ちいい箇所があるように、性感帯になりえるツボはあるんです。
そして背中は比較的広範囲で重い衝撃や感触は頻繁に受けていますが、くすぐったさやソフトな感触には慣れていない事が多く案外敏感。
背面は自分で開発するのには向いてないので、誰かにやってもらわなければならないのですが、十分性感帯になれる要素です。

開発について

背骨のラインやわき腹に近い辺りは背中の性感帯として基本。
男性の場合は女性の胸が優しく触れるだけで気持ちいいスイッチが入る事もあります。
背中も開発にはとにかく継続が重要で、本格的な指圧のマッサージよりもローションを使って舐めるように優しく触れていきましょう。
そして手で行うよりもやはり口を使って、背中全体をランダムにキスや舌を使って刺激していくのが効果的です。
また、背中は自分で見えない分、外部からの強い刺激には敏感なので、痛みや鋭い感触を与えてしまうと防衛本能的に拒絶してしまって効果は弱くなると考えます。
なのでとにかく優しくソフトに、手で愛撫する場合は爪を立てないように注意しましょう。

M男性向け情報, 性感帯

Posted by mazotown