▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

日本の女王様と外人の女王様の調教コンセプトの違い

M初心者向け

様々な分野でグロバール化が進んでいる現代。SMの世界も例外ではありません。
SM倶楽部では外国人女王様の在籍数が増えつつありますし、ネットなどでも外国人モノのSM動画を気軽に見る事が出来るようになりました。
それだけに外国人の女王様に調教されてみたいと憧れるM男性も少なくないですよね。

そこで気になるのが、日本と海外での調教内容やコンセプトの違い。
今回は日本人の女王様と外国人の女王様の双方に“日本と海外のSMにおける調教内容の違い”というテーマでアンケートを実施。調教における考え方やコンセプトについて語っていただき、それぞれの違いを比較してまとめてみました。

同じ調教でも日本と海外ではこんなに違う!

Costume clothing.

日本でも海外でも女王様がM男を虐げるという形には変わりなく、同じようなプレイがたくさんあります。
しかし同じプレイであっても文化が違えばその内容に大きな違いが出てくるのも必然。

そこで女王様へのアンケートから同じ調教でも日本と海外では大きな差があったものをピックアップして紹介したいと思います。

言葉責めと言えば?日本は淫語責めで海外は罵倒責め

『私はSM倶楽部でS嬢をしていますが、言葉で責める時は“チンチンの先、ヌレヌレだね”“どこに何が欲しいの?”など、わざと官能的な言葉を使ったり、言わせたりする事が多いですね。ちょっとキツめに過激な言葉責めをする時は惨めな気持ちになるように意識して卑猥な言葉を使うようにします。いずれにしても同じ言葉の羅列だと単調で飽きられてしまうので、語彙のバリエーションを増やして今までM男が言われた事のないような言葉責めが出来るようには工夫しています。ちなみに新人の頃は“キモーい”とか“この変態”とかありきたりな言葉での罵倒ばかりしか言えず、全くリピートのお客さんがつきませんでした。けれど言葉責めを大事にするようになってから急激にリピート客が増えるように。言葉責めってかなり重要なんだなと日々実感させられています。でも海外だとそこまで言葉責めを重要視していないイメージですね』(日本人女王様)

『言葉責めと言えるか分からないけれどM男をバカにするような言葉を投げかけるわ。でも日本のSMみたいに言葉責めがメインになる事はないわね。相手の名前を呼ぶ代わりに侮辱的な言葉で罵倒する感じかな。例えば“dickhead(チンカス野郎)”とか“jerk(ダメ人間)”とか。やっぱり言葉で責めたって大して楽しくないから、体を痛めつけるのが中心になっちゃうわね。それでもあえて言葉で責めるというプレイをするのなら、M男の耳元で鼓膜が破れそうなほど大声で罵倒。こんな感じかしら』(外国人女王様)

日本ではSMプレイの一つのジャンルとして言葉責めが定着しており、多くのM男性の支持を得ていますよね。その魅力と言えば、官能的な言葉で囁かれ、あるいは卑猥な言葉で蔑まれ、精神的な興奮を高められるところです。
だからこそ日本における言葉責めはバリエーションも豊富で言葉責めのみでプレイが成り立ちますが、海外ではそもそも言葉責め自体あまり馴染みがないよう。それは精神的な興奮よりも肉体的な興奮に重きをおいているからかもしれないですね。
それゆえに海外の言葉責めというとバリエーションは少なくただ罵倒するのみという形になるのだと思われます。

拘束と言えば?日本は縄で海外はボンデージ

『日本と海外のSMの違いと言えば拘束の手段に縄を使うかボンデージを使うかだと思う。日本でも拘束具を用いる事はあるけれど、緊縛が出来ない初心者S女が手軽に拘束をするのに使っているという印象。あるいは縄では戒められない場所へ使うなど、あくまで補助的な扱い。やはり縄での緊縛が出来てこそ一人前の女王様だと思うし、熟練した女王様が施す縄化粧は本当に美しく芸術性すら感じる。同時に縄での緊縛は世界に誇れる日本ならではのSMプレイだと思う』(日本人女王様)

『海外のSMプレイで拘束するとなるとボンデージですね。簡単でなおかつ確実に自由を奪う事ができるので。あとM男には革に対するフェチシズムを持つ者も多いので、ボンデージには革が多く用いられているのだと思います。また海外のSMでは多種多様なボンデージを使うのが当たり前になっています。手枷、足枷の他にも腕全体を拘束するようなものもあれば、ボールギャグや全頭マスクをはじめとした顔面用の拘束具もあります。貞操帯も拘束具の一つですね。これらのボンデージ――手枷や足枷、その他の拘束具は元々罪人を捕らえ刑罰を与えたり拷問をするために用いられていたものがSMプレイ用にアレンジされているので種類が豊富なんです』(外国人女王様)

SMプレイにおいて、拘束具でM男の自由を奪うというのは日本も海外も共通のようです。
けれどその方法として用いられるのが日本では縄、海外ではボンデージ、という違いがあるみたいですね。

海外のボンデージはかつて罪人を捕らえ刑罰や拷問を与えるのに用いられたとの事。
一方、日本のSMで用いられる縄も江戸時代を中心に罪人を捕らえる術の一つである捕縄術がルーツだと言われています。この捕縄術には様々な流派があり、用途によって様々な緊縛方法があったのだとか。

つまり海外では罪人を罰するのに拘束具が使われた結果、SMプレイの拘束において様々なボンデージが用いられるようになった。日本では縄を使って罪人を捕らえていたため、様々な緊縛方法がSMに取り入れられるようになった。
いずれも罪人に対して使われていたものが現代においてSMに用いられているというのはとても興味深い点でもありますね。

家畜プレイと言えば?日本は豚で海外は馬

『家畜プレイと言えば豚ですよね。デブのM男に首輪を着けて鼻にはフックで四つん這い。そしてどれだけ醜くて卑しい生き物かという事を言葉責めで分からせる。時には鞭で叩いて折檻したり、家畜らしくお尻などに焼きごてで印を入れられるなんて場合もありますね。あと、家畜とは違うけれど、動物という意味では犬にさせる事も多いですね。首輪を着けてリードで四つん這いの散歩をさせたり、アナルにディルドを挿入して尻尾に見立てる事もあります。いずれにしても動物なので本格的なものになると、檻に入れて飼育。衣食住の全ての管理を女王の側で行うというのが、大まかな流れでしょうか』(日本人女王様)

『日本ではあまりやらないようだけど、海外では家畜と言えば馬なの。馬は人間に従順な家畜の象徴だからね。馬らしくハミを咥えさせて連結した手綱を飼い主が持って操縦、というのが基本のプレイになるわね。その状態で馬車を牽かせる事もあるし、四つん這いになった馬の上に乗って乗馬をする事も。飼い主の思い通りに動かなければ鞭が入るのは当然よ。そういえば日本では人間を動物のように扱うのに見た目は人間のままよね。海外では動物に扮するためのマスクや衣装、靴なんかがあるの。例えば馬なら蹄がモチーフになっている爪先だけで歩くブーツとかね。マスクだって馬や犬、猫など豊富な種類があるわ』(外国人女王様)

家畜プレイにも日本と海外で大きな違いがありました。
確かに日本ではM男を馬に見立てて調教するのは全くないとは言えないけれど少数ではあります。やはり豚を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
その理由は、豚はでっぷりと太っていて醜いイメージ(あくまでイメージです)として定着しているから。日本において人間が豚に形容されるという事は最高の侮辱となるのです。

一方、海外では馬として調教を行うのが一般的なようです。ポニープレイという言葉もある事からその認知度が窺えますね。
海外において馬は従順な生き物で人間のために過酷な労働を行わせるための家畜と認識されています。M男を馬として扱う事が支配の象徴となるようです。

つまり、日本では醜く無様な生き物だという事を分からせる意味合いが強く、海外では支配されるべき生き物だという事を分からせる意味合いが強い、という違いがあると言えるでしょう。

また、家畜プレイに限らず人間を動物のように扱うプレイはヒューマン・アニマル・ロールプレイと呼ばれていますが、日本ではせいぜい首輪やリード、尻尾を着けさせる程度ではないでしょうか。しかし海外では動物そのものの格好にさせるためのボンデージファッションが存在します。

この事から家畜プレイを含めたヒューマン・アニマル・ロールプレイにおいて日本では動物扱いをするという行為そのもので精神的な屈辱を与えるのが最大の目的なのに対し、海外ではその形になりきるというビジュアル的な要素を重んじる傾向にあるのが窺えます。

日本と海外における調教コンセプトの違いは?

pn065_210115_002

同じ調教でも日本と海外でその内容に大きな違いがあるものを紹介しましたが、調教におけるコンセプトにも何らかの差はあるのでしょうか。

ここでは日本と海外における調教コンセプトの違いについて、女王様へのアンケートの結果から興味深かったものを集めてみました。

日本では辱めを重視し海外は苦痛を重視する

『日本のSMでは辱める事に重点を置く場合が多いわね。肉体的に痛めつける苦痛責めもないわけではないけれど、ハードSMに分類されるし、M男なら誰でも受け入れるわけじゃない。羞恥プレイや痴女プレイというものが独立して存在していて、一切肉体的苦痛を伴わないプレイがあるっていうのは日本のSMの特徴ではないかしら』(日本人女王様)

『海外のSMは痛めつけるのが基本です。それは暴力を振るうという事だけではなく、重い物を運ばせるなど肉体的に過酷な命令を出すという意味も含めてです。SM調教では何かしらの肉体的な苦痛は必ず伴います。“僕はマゾヒストです。でも痛いのは嫌いです”なんてM男はいません。Mとして調教志願してくるからには苦痛に耐え抜ける事が前提となっていると言ってもいいかもしれません。もちろんSMには辱める意味合いもありますが、それはSM調教というストーリーの中の一部であり、肉体的な苦痛を伴わず辱めるだけのプレイが独立しているというのはあまり聞いた事がないですね』(外国人女王様)

羞恥プレイはSMの中でも代表的なもので、M男性の中でも特に人気の高いプレイですよね。それだけにSM倶楽部では羞恥プレイ専門のコースを設定しているお店もありますし、羞恥プレイを中心に展開されたAV動画も山のように存在します。
このように日本では一つのプレイとしてSM界の中で市民権を得ているのが羞恥責めです。

しかし、海外では羞恥プレイなるものは存在しないよう。SM調教の中で見せしめにされたりする事で羞恥を味わう事はあってもそれ単体がプレイとはならないとの事。あくまで肉体的に苦痛を与える事がメインとなるようです。

以上を踏まえると、日本では精神的な苦痛が好まれ海外では肉体的苦痛が好まれると言えるのかもしれませんね。

日本では1対1の調教が主流で海外では複数が主流

『SM調教は1対1で行うのがベースになっていますね。複数プレイとか多頭飼いなどもあるけれど、オーソドックスではないと思います。たとえ複数の奴隷を持つ女王様でもみんな集めて一度に調教というのは珍しいのではないかなと。ただ、SMイベントによく参加していたりSMコミュニティに入っていたりすると複数でのSM調教の機会も比較的増えるかもしれません。けれど、そういうのは特別な機会ですし、日常的に複数で調教するというのは馴染みがないと思います。やはり、SMは秘め事という意識があるからなのかなとも思います』(日本人女王様)

『複数でのSMプレイは当たり前のように行われています。女王様に服従する奴隷が一人なんて、その女王様に力がないと言っているのと同じです。奴隷がたくさんいればいる程、女王様として魅力的、そんな考えがありますね。他の女王様も混じって、その女王様が所有する奴隷と合同で調教するなんていった事も日常茶飯事ですよ』(外国人女王様)

SMというと基本的には二人だけの密やかな行為、というイメージがありますよね。イベントなどで複数プレイが行われる事もありますが、それは特別な事であり大抵のSMカップルは二人きりで楽しんでいるという人がほとんどではないでしょうか。

その一方で海外では当たり前のように複数プレイが行われるようです。確かに海外のSM動画などを見ると女王様が2人いたり、奴隷が複数人いたりするものが多いですよね。

これらの違いは日本人と外国人の性格の差に寄るものかもしれません。
日本人は比較的内向的な性格とされていて、自分の考えや思いを内に秘める傾向にあります。
SM趣味があるなんて極力知られたくないという考えから限られたパートナーにしか性癖をさらけ出さないという人も多いでしょう。
逆に外国人はオープンな性格で少しでもSMに理解ある人とは性感を共有し合いたいという考えを持つ人が多く、積極的にSM趣味のコミュニティを築こうとします。
その違いが1対1のプレイになりやすいか、複数のプレイとなりやすいかに表れているのではないかと考えられます。

ただ、ネット社会が当たり前になっている今、日本人も同じ趣味を共有して楽しむ機会が増えてきました。それだけに今後日本におけるSM調教でも複数プレイが当たり前、という時代がやってくるかもしれません。

日本のSMはM男主体で海外のSMは女王様主体

『SMというと女王様が上位に立ち、M男を服従させるプレイを言いますが、一見女王様が主導権を握っているように見えて実はM男の願望を叶えるべく動かされているのが多くのSMの実情だと思います。もちろんそういったSMが全てとは言いませんが、“SMのSはslaveのS、MはmasterのM”なんて言葉があるだけに、M男主体で行われるのが日本のSMなのかなと思います』(日本人女王様)

『海外では女王様が絶対的な権力を持っているわね。あり得ない事だけど奴隷が何か指図をしたら懲罰ものだしM男はそういうものだって理解した上で調教を志願してくるわ。もちろん本当に危険な行為はしないとか、M男がセーフワードを示したら中断するとか、ルールは守るけれど、そのルールの範囲でなら女王様がしたいと思った事は何でもするし、もしそこで抵抗を見せようものなら徹底的に罰を与えて何が何でも従えるM男に躾けるの。それが調教ってものでしょ?』(外国人女王様)

日本ではSMというとM男を満足させる事が目的となっている場合が多々あります。女王様がM男の様子を伺いながらM男に合わせた命令を出している、という形ですね。

一方、海外では女王様がしたい事をM男に行う、出来なければ出来るように躾ける、というのが調教の基本となっているようです。
確かに“調教”なのですから、こちらの方が理に適っているように思われますが、となるとなぜ日本のSMはM男性が主体となっているのか、考えさせられますよね。

その理由として考えられるのは日本におけるSMの多様化です。
本来SMとは海外で行われているもののように、支配者と服従者が確実に決められていて、その立場を崩さず様々な調教や命令が行われる行為を指すはずです。

しかし日本では前述した通り、羞恥プレイのような苦痛を伴わない調教もSMの一つとされています。他にもソフトSMや痴女プレイなどありますが、これらは全てM男性を満足させる事に特化したプレイです。
そして比較的受け入れられやすいプレイである事から、このようなM男性を満足させる事に特化したプレイを楽しむ人口の方が本来のSMよりも多く割合を占めています。

それゆえに、日本でも支配者と服従者の立場を崩さない正しい意味での“調教”が影を潜め、M男性主体の調教が目立つようになってきたのではないかと考えられそうです。

貴方は日本派?海外派?グローバルな調教を楽しもう!

日本と海外における調教内容や調教コンセプトの違いについて比較してみました。

あなたは日本らしいSMを好む派だったでしょうか?それとも海外のSMに興味を抱く派でしたか?

今やSMもグローバルな時代となっています。外国人の女王様に出会う機会もそう珍しい事ではないので、もし海外のSMにも挑戦してみたいと思った方は外国人女王様との出会いを探してみてもいいかもしれないですね!

Posted by mazotown