前立腺調教を受けてドライオーガズムまで至る道のり超解説

M初心者向け

このブログに訪れる人ならほとんどの人がすでに理解しているように、ドライオーガズムとは前立腺調教を受けて初めて体得できるものです。

といってももちろん一人で自分自身に調教を施して前立腺を敏感になるまで育てることもできます。

しかしだからといってその自己調教が上手くいくことはなかなかむつかしいところがあるでしょう。

なぜならば、そういった自分ひとりで行う独学に近い前立腺調教は、あまり的確にスムーズに前立腺を刺激できるわけではないからです。

たとえば前立腺開発を長年一人で行ってきたにも関わらず、その開発したと思っていた前立腺の位置がまったく違っていたり、ついに実感できたはずのドライイキが、いわゆる本当のドライオーガズムというものとはかけ離れたものだったりもするのです。

こういった勘違いや調教の方向性の違いだけで無駄な体力と時間だけを長く消費してしまうということが実際世の中には沢山あるものなのです。

そこでやはりドライオーガズムを実体験したいと考える人たちにとって重要になってくるのは、自分を効率よく正しい前立腺開発への道に導いてくれる人の存在です。

私の場合は実際に、これまで全く刺激したことも興味を抱いた経験もなかった前立腺という部位を、ある女王様と出会って前立腺調教を受けたことで開発することができました。

この体験はとても幸運だったと思うと同時に、これがなければまったく前立腺を覚醒させるすばらしさを理解できなかったと思うとぞっとします。

そこでここではそんな私自身の体験から多くの人が参考して頂けるように、素人男性が前立腺調教を受けてドライオーガズムを感じるまでに至る道のりについて詳しく解説していこうと思います。

前立腺調教の前にアナル開発を

前立腺は男性の体にある膀胱のすぐそばにあります。そしてここを上手く効率よく刺激するためには、肛門から異物を挿入し、直腸やそのさらに奥にある壁を上手く刺激しなければなりません。

つまりは前立腺を出来る限り早く確実に開発していくためには、それ以前に肛門と直腸を上手く弄ることのできるアナル開発が必要になるのです。