【踏まれるならピンヒール?ブーツ?】踏みつけられるのに適した女王様の履物7選

女王様に踏みつけられ、踏みにじられたい。と熱望するM男性は少なくありません。

そんなM男性にとって重要なポイントは、女王様の履物です。

当たり前の事ですが、女王様の履物によって皮膚への感触は全く違います。そして、それ以上にM男性自身の気持ちの高ぶりが違ってきます。

そんな中で、どんな履物が踏みつけられるのに適しているのか、と考えた事がある人もいるかもしれません。

結論から言うとそれはM男性一人一人の好みによります。言い換えればM男性の数だけ踏みつけるのに適した履物があると言っていいでしょう。

では、世のM男性はどんな履物で女王様に踏みつけられたいのか。その代表的なものを7つ紹介したいと思います。

ピンヒール

pn064_200124_001

『ピンヒールで踏みつけられるのが大好きです。痛みは強いですが、踏みつけられているという実感も強くなりますし、何より身体に残ったヒールの後を見て調教していただいた後も余韻に浸る事ができるのが僕にとっては非常に嬉しいポイントです』

『女王様には常に美しくあって欲しいのです。女王様にはボンデージとピンヒールブーツがお似合いです。そんな女王様のお姿で僕を見下すように踏みつけられたら…と考えるだけで、僕の卑しいイチモツは早くも勃起してしまいます』

M男性でなくとも、女王様のイメージといえばピンヒールのパンプスやブーツを履いている姿を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

それだけにピンヒールで踏みつけられたいと切願するM男性は数えきれません。

ピンヒールは先端が細いだけに、踏みつける力が強いと、ヒールが皮膚に食い込みかなりの激痛を伴います。

しかし、M男性にとってはそれさえも悦びだと感じる人は少なくないようですね。

ピンヒールは痕が残りやすいので、踏みつけてもらう際はお尻や背中、太ももなど、衣服で隠れる場所にお願いするのがいいと言えるでしょう。

HAJAKAN

厚底ブーツ

pn064_200124_002

『ずっしりと重みのある厚底ブーツが踏みつけられ感を一番感じる。広範囲をグリグリと踏みにじられるのが好きな自分にとっては厚底ブーツで踏まれるのが一番いい』

『ヒールでも踏まれた事があるのですが、結構痛くて気持ちイイとは感じられなかったので、厚底ブーツで踏みつけられるくらいの刺激が初心者の僕にとってはピッタリでした。女王様に踏みつけをリクエストする時はいつも、厚底ブーツでとお願いしています』

厚底ブーツも女王様のイメージが強い履物。ピンヒールと違う点はヒールが太い、もしくはないという点です。

それだけに、ピンヒールでの踏みつけが痛くて苦手というM男性には厚底ブーツが人気。

底が分厚いので重量感があり、踏みつけられた時にしっかりとブーツの存在感を感じられるという点も、人気の秘訣となっているようです。

ローファー

pn064_200124_003

『僕はいかにも女王様、という感じの女性よりも清楚な雰囲気の女性に蔑まれて踏みにじられるのが好きです。そしてそんな女性に似合うのがローファーだと思っています。ローファーを履いた女性にバカにされ、嘲笑されながら乳首やチンコを踏みつけられるのが僕の憧れのシチュエーションです。女性の神聖なローファーを僕の汚い汁で汚してしまい、罵倒されながらローファーを舐めて掃除したいとも考えています』

『ローファーを履いたスーツ姿のお姉さんに踏まれたい。新入社員と先輩OLみたいな関係性が理想。“アンタは何回言っても仕事を覚えないのね、この出来損ないの役立たずが!!”と罵られて踏みつけられるのが最高!』

ローファーで踏みつけられたいというM男性も少なくないようです。

ローファーには清楚さや大人の女性といったイメージがある事から、女王様というよりは一般社会に馴染むS女性に虐げられ踏みつけられたいというM男性に受け入れられる傾向があるようです。

Fetishgram

スニーカー

pn064_200124_004

『普段履いているスニーカーで踏まれたい。できれば新品じゃなくて、普段履いているスニーカーがいい。土や泥、もしかしたら犬のウンコでも踏んでるかもしれないスニーカーで全身踏みつけられて汚されると、自分は汚く惨めな生き物だと実感させられて興奮する』