気になるSMコミュニティに参加してみましょう!(2つ以上利用するのがオススメです)

逆レイプによる複数の女王様との調教体験談

M奴隷調教

日本国内のみならず世界中のマゾヒストたちにとっての一つの憧れは、一度に複数の女王様から調教を受けるということでしょう。

一対一によるSM調教はまさにSM業界では最もスタンダード、定番の調教方法ではありますが、これだけをどれだけ極めたとしても、受ける刺激はマンネリ化しやすくなるものです。

そこでプレイの内容をあれこれ工夫するよりも、より直接的に大きな効果を発揮すると考えられるのが、一度の調教相手の数自体を複数に変更するということです。

複数の女王様から一度に調教を受けるということは、一人の女王様から調教を受けるよりも多くの刺激や快楽、幸福感を得られるものです。

ここではそんな複数の女王様とのSMプレイにおいて、特に大きな快楽を引き出せると評判の逆レイププレイについて、実際それを受けた体験談、感想などを交えて詳しく魅力などについて解説していこうと思います。

01

複数の女王様から逆レイプを受けるということの現実

一対一のSM調教と違って複数の女王様から調教を受けることは、場合によっては調教に全く隙間がなく、絶え間なく心身に刺激を与えられるということを意味します。

そのため例えばSM拷問調教と呼ばれるような比較的ハードな調教を複数人から受けると、初心者であれば裸足ですぐに逃げ出すような過酷な事態に直面することになるでしょう。

また、たとえ初心者と呼べるようなマゾでなくても、拷問と呼べるような過激なSM調教はやはり複数の女王様から受けるのはとても危険なことだと言えるでしょう。

実際私自身がこれまでに受けた複数の女王様によるSM調教は、三人によるものが最大でしたが、彼女たちから拷問調教を受けるのはあまりに辛すぎて挫折してしまいました。

特に睾丸や乳首など敏感な部位を洗濯バサミや拘束具で弄られるのは、神経が参ってしまうくらいに強力な刺激ばかりで耐えることがほとんど不可能でした。

一方、同じ三人でも割とソフトな調教を受けるとちょうど良い刺激を受けることができたため、SM初心者が複数から刺激を受ける場合はソフトSMを受けるのが無難でお勧めと言えそうです。

ただSM中級者から上級者に至ってはソフトSMだと物足りない感じがする上、拷問調教だと前述したように辛いだけのことが多いため、意識してバランスを保つことが大切です。

そこでおすすめなのは複数のSM女王様からアナルを使った逆レイプを受けることで、これはアナル開発さえちゃんと進んでいれば、拷問調教に比べれば何とか耐えられるくらいの刺激を受けることができます。

複数の女王様による調教の場合でも、彼女たちから受ける刺激の入り口となるアヌスは一つのままですし、そこを刺激している女王様以外の二人にはペニスや口などを攻めてもらうことが可能です。

それらの箇所は普段から刺激を受けることが多い部位であるため、敏感な部位に過酷なまでの刺激を与える拷問調教に比べれば易しく、複数の女王様からこれまでにない快楽を得たいと思っているマゾヒストには最適のプレイと言えるでしょう。

複数女王様の連携プレーとマゾ男役割

conclusion

マゾヒスト, 連携プレー

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!