逆レイプによる複数の女王様との調教体験談

M奴隷調教

日本国内のみならず世界中のマゾヒストたちにとっての一つの憧れは、一度に複数の女王様から調教を受けるということでしょう。
一対一によるSM調教はまさにSM業界では最もスタンダード、定番の調教方法ではありますが、これだけをどれだけ極めたとしても、受ける刺激はマンネリ化しやすくなるものです。

そこでプレイの内容をあれこれ工夫するよりも、より直接的に大きな効果を発揮すると考えられるのが、一度の調教相手の数自体を複数に変更するということです。
複数の女王様から一度に調教を受けるということは、一人の女王様から調教を受けるよりも多くの刺激や快楽、幸福感を得られるものです。

ここではそんな複数の女王様とのSMプレイにおいて、特に大きな快楽を引き出せると評判の逆レイププレイについて、実際それを受けた体験談、感想などを交えて詳しく魅力などについて解説していこうと思います。

マゾカスタム

複数の女王様から逆レイプを受けるということの現実

一対一のSM調教と違って複数の女王様から調教を受けることは、場合によっては調教に全く隙間がなく、絶え間なく心身に刺激を与えられるということを意味します。
そのため例えばSM拷問調教と呼ばれるような比較的ハードな調教を複数人から受けると、初心者であれば裸足ですぐに逃げ出すような過酷な事態に直面することになるでしょう。

また、たとえ初心者と呼べるようなマゾでなくても、拷問と呼べるような過激なSM調教はやはり複数の女王様から受けるのはとても危険なことだと言えるでしょう。
実際私自身がこれまでに受けた複数の女王様によるSM調教は、三人によるものが最大でしたが、彼女たちから拷問調教を受けるのはあまりに辛すぎて挫折してしまいました。

特に睾丸や乳首など敏感な部位を洗濯バサミや拘束具で弄られるのは、神経が参ってしまうくらいに強力な刺激ばかりで耐えることがほとんど不可能でした。
一方、同じ三人でも割とソフトな調教を受けるとちょうど良い刺激を受けることができたため、SM初心者が複数から刺激を受ける場合はソフトSMを受けるのが無難でお勧めと言えそうです。

ただSM中級者から上級者に至ってはソフトSMだと物足りない感じがする上、拷問調教だと前述したように辛いだけのことが多いため、意識してバランスを保つことが大切です。
そこでおすすめなのは複数のSM女王様からアナルを使った逆レイプを受けることで、これはアナル開発さえちゃんと進んでいれば、拷問調教に比べれば何とか耐えられるくらいの刺激を受けることができます。

複数の女王様による調教の場合でも、彼女たちから受ける刺激の入り口となるアヌスは一つのままですし、そこを刺激している女王様以外の二人にはペニスや口などを攻めてもらうことが可能です。
それらの箇所は普段から刺激を受けることが多い部位であるため、敏感な部位に過酷なまでの刺激を与える拷問調教に比べれば易しく、複数の女王様からこれまでにない快楽を得たいと思っているマゾヒストには最適のプレイと言えるでしょう。

複数女王様の連携プレーとマゾ男役割

これは実際私が女王様三人から逆アナルレイププレイを受けたことがあるからこそ言えることですが、複数からSM調教を受ける場合は、女王様同士の連携とマゾ男である自分の役目はとても大きな意味を持ちます。
たとえば女王様同士の連携は、上手く行けば複数人に責められることのメリットを大きく高めてくれる分、下手だった場合は人的リソースの無駄遣いだけを実感することになるでしょう。

上手く連携がとれている場合ならアナルを攻められている間に別の箇所も責められて大きな快感を味わえるものと思いますが、下手な場合はただ一人ずつから順番に責められるだけで終わってしまうかもしれません。
そしてこのような女王様による連携は、それぞれの女王様の性格や女王様同士の付き合いの長さ等によって変化するため、複数プレイを行う際の女王様の選定はとても重要な点であると言えます。

と言ってもそのような女王様の選定ができるほどの人脈、女王様たちとの広いコネクションを持っているマゾ奴隷は比較的少ないため、複数の女王様とのプレイはそれそのものがかなりの上級者向けと言える点はあると思います。
また、そういった女王様同士の連携プレーをより高めるためにも、調教を受ける本人であるマゾ男の役割がとても大きくなるという点も十分に理解しておく必要があるでしょう。

もしもマゾ男の段取りが悪い場合はせっかくの複数プレイも楽しさが半減するでしょうし、そもそもコミュニケーション能力が低かったり性格が悪かったりすると、どれだけ運良く複数プレイにたどり着けても、それ以後長くプレイを楽しむ機会は訪れなくなるかもしれません。
本当に運が良ければマグロなマゾ男性でも全てを女王様に任せておけばプレイが終始上手く行く、なんてこともあり得るとは思いますが、そういった幸運を期待しているだけでは夢を追ったり博打をしたりしているだけであるのと変わりないでしょう。

複数の女王様から調教を受けるという特殊なシチュエーションにおけるSM調教というのは、それこそ特殊な分チームで連携を取って最高のプレイが楽しめるように努めていく必要があると思います。
そしてそのために自分自身のコミュニケーション能力やマネジメント能力を高めようと努力するのはとても大切なことですし、様々な現場でのトラブルにすぐ対処できるように、自分が受ける調教について理解を深めていくことも大切になるでしょう。

複数の女王様と出会うための方法として最適なものとは

これまでに書いてきたような複数人数の女王様からSM調教を受けるということは、前述したようにまずは調教に参加するメンバーを揃えることが第一条件であり、同時に難関であると言えます。

この難関を突破するには長年のSM調教経験と、SM業界におけるコネクションの広さが必要、と考えるのは自然なことです。
しかし実際に複数の女王様と関係を持つために長年の経験などを駆使している人は多くなく、むしろSM出会いサイトを利用し始めた結果、ビギナーズラックのようなものだけで勢いで複数の女王様に調教してもらった経験を持つ人も少なからず居るものです。

そのためこれまでに一度もSM調教を実践したことがないという男性であっても、複数の女王様とのSMプレイを本気で楽しみたいと考えている場合は、それを楽しむためにまずはSM専門サイトでの出会い探しに専念してみると良いでしょう。
一人の女王様と深く信頼関係を構築した結果、芋づる形式で友達の女王様を誘っての複数プレイに発展する場合も少なからずあるものなので、自分でハードルを上げて尻込みするくらいなら一度SMサイトで一人の理想的な女王様探しから始めてみてほしいと思います。

マゾヒスト, 連携プレー

Posted by mazotown