緊縛S女王様に聞いた「SM風俗の実際にいた変なお客さん」

SMを楽しむための情報

風俗のお仕事ってなると色々な方が来ますよね。特にSMの場合M性癖の男性の場合思いがけない趣味とかプレイをお願いされたり
逆にお願いされなかったりと不思議なプレイを望んでくる方や女王様に求めるものがこちらの想像外で驚かされる方など実際に緊縛S女王様にお聞きした変なお客さんの体験談をご紹介していきます!
自分もしてみたい or されてみたいプレイもあるかもしれません。AMというのはその人数だけ満足するプレイがあると思うので人のプレイを聞く機会って言うのは面白かったです!

マゾカスタム

緊縛S女王様Aさんに聞いた「SM風俗の実際にいた変なお客さん」

変なお客さん1:ガチ傷害を求めてくるお客さん

痛いのが気持ちいいというのは判るんだけど、それやったら多分社会的にアウトになる行為を求めてくるお客さん。
幸いなことに刃物を持ってきて切って欲しいって人は居なかったらしいんですが(もしいたとしても断ったら刺されそうだし危険すぎますね)なんと縛った後しばらくプレイしてたら手の指を折って欲しいという要求があったそうです…。
当然そこまでは出来ないので断ったそうですが、もし頼まれたからと言ってやったとしたら立派な傷害事件になりかねません…それに自分も普段の生活に支障をきたすでしょうに興奮しすぎてついつい普段しないような痛みを要求してしまったんでしょうか…?
自分の指を折って欲しいだからまだいいんでしょうが逆だったら…と思うとそちらもぞっとします。まあ、折りたいって思う人ならまだわからなくもないですが折られたいって言うのはちょっと理解が出来ません。
実際にプレイで骨を折ったことある人もいるのかもしれませんがなかなか考えられないプレイの発想に唖然としました。

変なお客さん2:カップルで来たお客さん

彼女同伴で風俗に来て、スタッフさんからそういうのOKか聞かれたんでOK出したんだけど(もちろん金額も二人分で)どうやらどちらも縛ってもらうプレイをして欲しい、女性の方と最後はセックスして終わりたいというご注文。
言われた通りプレイを開始、お客さんもつれてきた女性も縛って、まずは女性の方を攻めて欲しいという事だったので激しくプレイ、それを見て男性の方はかなり興奮してもうギンギンにしちゃってるんですよ。で、女性のほうが良き整うまでは男性の方に言葉攻め&焦らしプレイ。
最終的には両方を攻めながらガッチリ縛られてる男性とある程度動ける縛り方の女性とカップル二人でそのままセックスさせながら私も二人を責めるというプレイになりました。レズ系が好きなのかMなのか何なのか、二人の性癖的にはよく判りませんが一種のスワッピングみたいな気分なのかな?と思っています。
男女カップルで来たとの事ですがもし彼女だったらSM風俗に行くなんて抵抗ないんでしょうかね?カップルできたって言うのがその一回だけだったので話聞いてみたりする機会が無かったそうなのが残念です。

緊縛S女王様Bさんに聞いた「SM風俗の実際にいた変なお客さん」

変なお客さん3:延々と近況報告をしにくるお客さん

たまに話だけしにくるお客さんって言うのはいたりするんだけどそのお客さんの場合は1か月に1回くらいのペースで毎月来て、そして毎月プレイはしないで近況の報告だけ聞いてもらうのを楽しみにしてるって言う変わったお客さんのお話です。
もちろん、楽だし良いんだけど同じ事するのにわざわざ高いSM風俗じゃなくて普通の風俗でもできるのになぁ…とか思っていたそうです。SMとはあんまり関係ない話ですが、確かに女性に話を聞いてもらいたいだけなら普通の風俗でもできるでしょうし何より女王様を指名する必要もありません。
そして近況報告をして罵ってもらいたいわけでもなく、ただ普通に話を聞いて欲しい時があるのは理解しますけど…あまりに頻繁に、それも緊縛S女王様に普通に話をしに来るって言うのは変わっていますよね。
ちなみにその話に来る人は、仕事で体というか精神的な部分を壊して手当金で生活していたらしいのですがやはり心が疲れてしまったとかで、癒しを求めていたのでしょうか…?

変なお客さん4:作りこまれた設定と説明解説ページを持ち込むお客さん

シチュエーションプレイで女性に攻められたがる人はたくさんいますが、その人が指定してきたのは二人が付き合ってて、男性が浮気をしたのがばれて責められるシチュエーションという事でした。
これだけだとそこまで変じゃないのかな?と思いますが、問題はスマホを見せてきてなんかの小説?みたいなページでものすごいしっかりと設定を説明されることでした。なんでもそのページ自体、プレイのために自分で作ってるという事で見せて貰った以外にもいくつか自分のやりたいシチュエーションの二人の関係性とか呼び名とか
プレイの流れの説明のページがあるらしいんです。その情熱がもの凄いとは思いましたし、きちんと読んでやってもらう為にロングコースで入れてくれるのでいいお客さんなんだろうけどその設定を間違えないようにするのが大変だったらしくてまあS嬢相手として考えると変なお客さんだと思いました。
ただ、お金を払って楽しむんですからそれぐらいの情熱をかけるというのも納得できる気がしますし、イメクラだったら判るんですがSMで緊縛S女王様相手でもいるんですね…。

緊縛S女王様Cさんに聞いた「SM風俗の実際にいた変なお客さん」

変なお客さん5:子供向けのパンツ穿いてるお客さん

服装的に女性用下着を身に着けてるお客さんは多いのですがその中でも特段際立ってたのが女児向けっぽいショーツをはいていたお客さんだそうです。話すのとかは普通で、普通の緊縛プレイだったんですが緊縛プレイの時も下着はつけたままでその異様な光景がずっと頭に残っててゾッとしてしまったそうで、次回からはNG対応にしてもらったそうです。
個々人の服装にとやかくは言いたくありませんが確かに変なお客さんですしいい年下大人の男性が女児向けのショーツをはいていたら犯罪性というか嫌悪感が出てしまうのも仕方ないですよね。そこ以外は普通の人で普通のプレイって言うのも異様さを際立たせていたんだと思います。

変なお客さん6:初めてのトコロテンで感涙したお客さん

アナル調教は自分でもしていて、他店でもしていたんだけど今までトコロテンをしたことが無かったというお客さん。キッチリ縛って体の自由を奪って、お決まりのM男調教をアナル中心にしていたところどうやら初めてのトコロテンを達成したらしく、落ち着いた後に快感に感涙してしまいもうプレイどころじゃなくなってしまいました。
その後は、感涙していたお客さんを落ち着かせてどういう風にしたらよかったとか他のお客さんから聞いたことがある、実際に攻めているやり方を教えながら女王様と下僕というよりはお母さんと子供のようなよしよししながら色々と教えてあげるプレイ?に移行しちゃって…プレイ内容で変わったお客さんというわけじゃないけどここまで感激して泣いちゃう人は経験が無かったので今回の変わったお客さんの話に入れてくれたそうです。
ここからそのお客さんは色々と目覚めちゃいそうな話ですよね、初めて射精した時、初めてドライオーガズムした時、初めてトコロテンした時、初めて射精した時の感覚は思い出せないですが確かに感動する気持ち良さだったと思いますのでなんとなく共感できてしまいます。

今回はそれぞれお店も地域も違う3人の緊縛S女王様に変なお客さんの話を聞いてみましたが変とはいっても、ヤバい系ではない…いや、ヤバそうなお客さんも居ましたが(笑)
普段普通に調教を求めてしまうのよりも変わった趣味、変わったプレイ、変わった楽しみ方を聞く事が出来ました。
ほどほどにと言う前置きが必要ですが変わったプレイを楽しむ、その参考になれば幸いです。