女王様が行うM男へのアナルの開発方法

M奴隷調教

SM調教の中でも特に人気のあるプレイの一つにアナル開発があります。
一度アナルの快感に目覚めると射精の快感など比べものにならない程気持ちいいとも言われているだけに、その快感を味わってみたいと憧れるのはM男性なら当然の心境ですよね。

アナル開発はセルフ調教でも不可能ではないだけに、中には試しに指や玩具をアナルに挿入してみた事がある人もいるのではないでしょうか。
そしてその多くはアナルの性感帯を見つける事が出来ずに挫折したという苦い経験を持っていたりするものです。

それだけにもし、

「自分でやってみたけれど上手くいなかったから僕はアナル性感の素質がない」

と諦めているM男性がいるなら、声を大にして言わせてください。

諦めるのはまだ全然早い!!

アナル性感で重要なのはアナルの性感帯でもある前立腺を正しく開発する事です。
逆に言えば、正しい開発法を行なえば正常な前立腺を持っている男性なら誰でもアナル性感を味わえる素質があるという事。

そこで今回は、アナル開発の経験が豊富な女王様に正しいアナルの開発方法をレクチャーしてもらおうという事で、これまで百人以上の素人アナルをドライオーガズムを体感できるまでに導いてきたアナル開発の達人、魔弥女王様に話を聞いてみました!!

 

前立腺の中には子宮がある!?だからアナルが気持ちイイのは当たり前!

pn064_200710_001

そもそもアナルの性感とはどんなものなのか、なぜ開発する事で快感を得られるのか。気になっている人も多いと思います。

魔弥女王様曰く、

『アナル性感は女性が膣で感じる快感に近いもので、それは男性も前立腺の中に子宮をもっているから』

との事。
男性に子宮!?この事実だけでも驚きですが、これは医学的にも証明されているようです。

そのメカニズムは以下の通り。

ヒトは胎児の段階で全員“女性”として出現します。この時点で既に子宮の元となる器官を誰しもが持っている事になります。
その後、性別を決める遺伝子の作用で男性になるか女性になるかが決まり、男性ならチンコや金玉が発達し、女性ならマンコが出来て子宮が発達するわけです。
では、男性となった場合元々持っている子宮はどうなるのか?というと、退化して前立腺の一部として取り込まれてしまいます。
医学用語ではこの器官を“前立腺小室”と呼び、女性の子宮に相当するとされているのです。

さらに詳しく魔弥女王様に話を聞いてみると、

『私は女だから実際にアナル性感やドライオーガズムを体感した事はないし、明確にこういうものだと断言は出来ないけれど、アナル開発をしてきたM男達の話だと、

“射精の快感は一瞬、けれどドライオーガズムはイッた後も快感がずっと続く”

“射精の気持ちよさは一瞬ものすごく気持ちよくて、ドライオーガズムはアナルの中が甘く痺れるような疼くような気持ちよさ”

だと言うの。

それを聞いて、それって何だか女性でいうところの中イキみたいだなって。という事は前立腺には女性器に似た何かがあるのだろか、って調べてみたら前立腺には子宮の名残があるというのを知って納得したわ。
私自身、それまで漠然と前立腺を弄っていればドライオーガズムにたどり着かせる事ができると考えていただけに目から鱗だったけれど、前立腺には子宮がある、女性器みたいなものと意識して開発するようになってから、よりアナル開発がスムーズにできるようになったの』

という事でした。

確かに、前立腺の中に子宮があるとなるとそこへ刺激を与える事で女性が感じるような気持ちよさを体感できるのは理に適っていると言えそうです。
また、上記の理由からアナルの性感帯である前立腺は女性器だとも考えられるだけに、アナルが気持ちイイのは当たり前というわけですね。

 

アナル開発が上手くいかない理由

pn064_200710_002

アナルの性感帯である前立腺はいわば女性器みたいなもの。正常な前立腺を持っている男性なら誰でもアナル開発でドライオーガズムを得られる素質があるというのは分かっていただけたでしょうか?

けれどその一方で、実際にやってみたけれど上手くいかなかったという人がいるのも事実。
なぜ上手くいかないのか、もしかして僕は不感症?と思うM男性もいるかもしれないですが、魔弥女王様曰く、アナル開発が上手くいかないのには理由があるとの事。

一体どんな理由があるのか、詳しく語っていただきました。

『アナル開発が上手くいかない理由としてまず考えられるのが、不安要素が強いという事。
“痛いかもしれない”“途中でウンコが出てきたらどうしよう”
こんな不安を抱えながら行なっても気持ちよくなれそうにないのは想像に難くないのではないかしら。

次に多いのがとにかくドライオーガズムを体感するんだ!とむやみやたらにアナルや前立腺を刺激し続けてしまう事。
激しくすればする程痛みが優勢に働いて快感どころではなくなってしまうの。
と言うと、
“女性だって指やチンコでマンコを激しく掻き回されたら気持ちよさそうに喘ぐし潮吹いてイクじゃないか、前立腺が女性器だっていうならこれでドライオーガズムしないなんておかしい”
なんて考えるM男もいるかもしれないけれど、それはAVの見過ぎ。
激しくされて歓ぶのは、中イキに慣れて膣全体が敏感になっている女性か、無茶苦茶にされる行為自体に興奮を覚えるM女くらいじゃないかしら。
それだけにM男の中にもとにかくアナルを無茶苦茶にされる事で歓びイク人もいないわけじゃないけれど、少なくとも未開発の時点ではあり得ないわね。

また、意外と盲点なのがチンコを触ってしまう事。
早く気持ちよくなりたい一心で、アナル開発の最中についチンコをしごいてしまうM男は結構な数いるわね。もしかしたらこれを見て“えっ?ダメなの?”って思った人もいるんじゃないないかしら。
オナニーの方法なんて自由だからアナルを弄りながら射精したいなら好きにすればいいと思うけれど、ドライオーガズムを目的とするならチンコをしごくのはNG。
なぜなら瞬発力でいえば射精の快感の方が強烈だから、前立腺の快感が霞んでしまうの。どうしてもチンコを触りたくなったら、射精に影響のない亀頭だけにしておく事をおすすめするわ。

そして一番の難点が、アナル開発に正しく集中できていない事。
不安もない、無理矢理弄ったりもしていない、チンコも触らないのにドライオーガズムに達しないというM男はここでつまずいている事がほとんどね。
意識しているように思っていても、それはただの焦りだったりすると逆効果。
解決策は訓練あるのみ。徐々にアナル開発へ正しく意識が集中できるようになってきたら、ドライオーガズムも目前よ』

アナル開発が上手くいかなかったM男性の中にはこれを読んで思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか?
でも逆に言えばこの点を改善できさえすればドライオーガズムも夢じゃない!という事です。

 

【絶対失敗しない】魔弥女王様流アナル開発法!

アナル開発が上手くいかない理由について語っていただきましたが、それを踏まえた上で絶対に失敗しない魔弥女王様流アナル開発法についてもうかがう事が出来ました!

 

下準備を入念にしておく

pn064_200710_003

『私がM男へアナル開発を行なう際は、下準備を念入りに行なうようにしているわ。これはM男をアナル開発に集中させるために必要不可欠な事でもあるの。

手順としては、まず最初にベッド周りにアナル開発で使用するものを全て準備しておく事。

・エネマグラやローターなどの前立腺開発器具
・ローション
・コンドーム
・ゴム手袋
・ティッシュ(できれば濡れティッシュがおすすめ)

こういったものを全て手の届く範囲に置いておく事で、開発プレイの最中にアレがないコレがないと、中断して取りに行く必要がなくなるので、開発だけに集中できるというわけ。
また、ベッドが汚れるのが心配な場合はバスタオルを敷くようにしているわ。

必要なものをベッド周りに揃えたら次は腸内の洗浄。
直前に排便していないようならグリセリン浣腸を用いてウンコを出させた後に、エネマシリンジやシャワー浣腸でぬるま湯を用いての腸内洗浄を行なうの。
ここまで出来たら下準備は完了よ』

 

時間をかけてアナルマッサージを行なう

pn064_200710_004

『下準備が整ったらベッドに寝転がらせてのアナルマッサージ。
この時の体勢はM男が一番楽なポーズで行なう事がポイントよ。体を横たわらせて膝を曲げ、背中を丸めた体勢を取るM男が多いわね。

M男の体勢が整ったらアナルにたっぷりとローションを塗って、ゴム手袋(もしなければコンドーム)を装着し、中指をアナルに挿入。この時、M男が緊張しているようならゆっくり大きく息を吐かせるようにしているわ。そうする事でスムーズに入るの。

挿入できたら中指で腸壁に沿って円を描くように優しくマッサージしながら抜く、そして再度挿入してマッサージして抜く、を何度か繰り返す。こうする事で段々とアナルがほぐれてくるの。
ある程度ほぐれてきたら今度は人差し指を加えた二本の指で同じ要領でマッサージをするわ。
二本は若干キツいはずだから、挿入する時に息を吐く、抜く時は肛門に力を入れて少しいきむ、という事を意識させているわよ。

私の場合、指が二本入った時点でマッサージをしながら前立腺を探り、その箇所を重点的に刺激するようにもしているわ。
ちなみに前立腺は指を根元まで挿入した状態でチンコ側に折り曲げた辺りにあるから興味のある人は自分で探してみてもいいかもしれないわね。

そんなアナルマッサージのポイントはとにかく優しくゆっくりと時間をかける事。私は最低でも2~30分はマッサージを行なうようにしているわね。もし途中で滑りが悪くなってきたらローションの追加も忘れないようにね』

 

器具挿入後は体と心が心地よくなる空間や状況を作る

pn064_200710_005

『アナルマッサージが終わったらいよいよ前立腺開発用の器具を挿入。専用の器具は数多くあるだけに何を選べばいいか悩むところだと思うけれど、こればかりはM男の好み次第。
私がM男のアナル開発で使ってほしいと頼まれるのは振動の刺激があるロータータイプのものが多いわね。
ちなみにドライオーガズムが目的のアナル開発では必要以上の拡張は不要だから、ローターの太さも直径2cm程度のもので充分よ。

器具にコンドームをかぶせて挿入したら後はドライオーガズムがやってくるのを待つだけ。
私はM男の気分がより高まるように、乳首や会陰などチンコ以外の性感帯を愛撫したり、耳元でいやらしい言葉を囁いたりするわ。
けれど中にはこういった他の刺激を与えられる事でアナルに集中できなくなるM男もいるだけに、器具を挿入した状態でどうやって過ごすのがベストなのかはM男によって様々。

ただし、一つ言える事は“絶対に今日、ドライオーガズムを体験するんだ!”と意気込みすぎない事。
期待だけが高まってしまう事が焦りになって逆効果になる場合もあるから、気持ちが逸りそうになった時は深呼吸して気分を落ち着かせる事も大切よ。
むしろ“今日はドライオーガズムでイケなくてもいいや”くらいの心の余裕がある方がいいかもね』

 

女性になりきる

pn064_200710_006

『入念に下準備をして、丁寧にマッサージをして、器具を挿入してドライオーガズムがやってくるのを待つだけ。
というのは簡単だけど、実際にやってみてもなかなか思うようにいかないのがアナル開発。
それは正しい手順だけでなく、正しいイメージングもアナル開発を成功させる上で大事な要素だから。
それだけに何度もトライしているのになかなかドライオーガズムにまで達しないM男も決して珍しい事ではないの。
そんなM男達に私がアドバイスしているのが、

“女性になりきる”

という事。

最初にお話したけれど、前立腺は女性器みたいなもの。女性になりきる事で、自分のアナルを膣に見立てやすくなり正しくアナル性感のイメージングがしやすくなるというわけ。

女性になりきるには文字通り、女装やメイクをするという方法をとっても構わないし、レズ物のアダルト動画を見て徹底的に感情移入するのもあり。
自分が出来そうな方法で挑戦してみて。
実際に私がアナル開発したM男の中には疑似レズプレイによってドライオーガズムを経験した人がたくさんいるだけに、手順は合ってるはずなのになかなかドライオーガズムを得られないってM男は“女性になりきる”って事を意識した上で挑戦してみてはいかがかしら』

 

セルフ開発に限界を感じているM男性は女王様にお願いしてみるのもアリ!

今回は魔弥女王様にアナル開発について詳しくレクチャーしていただきました。
アナル開発の達人というだけあって具体的な開発方法を話してくださいましたね。セルフでアナル開発をしているM男性にとっては、新たな発見や参考になる事もたくさんあったのではないでしょうか。

前立腺がある限り、男性なら誰でもアナルでドライオーガズムを体感する事は可能。

興味はあるけれど実践にまで至れなかった人、あるいは開発途中で挫折してしまった人は魔弥女王様のレクチャーを参考にしながらアナル開発に挑戦してみてはいかがでしょうか。

その上でもしセルフ開発に限界を感じるようなら、アナル開発が得意な女王様にお願いしてみるのもアリですね!