S女とM男は射精管理が大好き!射精管理の良さを教えます!

M奴隷調教

射精管理といえば、射精を管理することです。

普通は男性が自分の好きな時にオナニーをして射精すればいいんです。

セックスの予定があればセックスで射精すればいいんです。

ですが、射精管理は通常、女性が男性の射精をどうするのか決めて、いつするのか、いつまでしないのかを調整したり、強制的に手コキなどで射精させたり、連続で射精させたりします。

男性用の貞操帯を使う事もあります。

男性は女性の意思に従うのみです。

自分の意思は関係ありません。

そして、M男性はS女性の言いなりになりたい人が多いので、射精管理が大好物なんです。

普通のカップルでも嫉妬深い妻や彼女が浮気防止のために射精管理をしていることもあるそうです。

でも、大半はSMカップルが多いと思います。

貞操帯のメリット・デメリット

主に女性用の貞操帯の方が有名ですが、男性向けの貞操帯もあるんです。

形はだいたいはペニスと玉を覆うタイプの物が多く、排泄はできるものが多いようです。

どのような運用をするのかは当事者間で話し合われるしかありません。

もし、何等かのアクシデントで貞操帯の着用が難しくなったら、M男側でも取れるように鍵の管理をしておいた方がいいでしょう。

肌に合わずにかぶれてしまう人もいるようです。

ただ安易に外して勝手にオナニーや射精をしてしまうM男もいるので、お互いに信頼が必要でしょう。

メリットはS女とM男の信頼関係が深まることでしょう。

お互いの信頼が無いと、このような管理は無意味なものとなります。

射精していないなどの嘘がつきにくいので、射精管理がしやすいこともメリットです。

デメリットは性器や排泄器に近いので、きちんと管理しないと不衛生な状態になります。

比較的、頻繁に洗浄できるようにしないと病気になるリスクもあります。

チンカスやニオイフェチなら、もしかしたらそれがメリットとなるかもしれませんが、病気になったら射精管理の継続が困難になります。

ほどほどにしておかないとフェチも楽しめませんよ。

射精管理の体験談

射精管理がどんなプレイなのかはわかりましたが、実際にはどんな感じなのでしょうか?

射精を管理されることの何が楽しいのでしょう?

みんなの射精管理体験談を見てみましょう。

Aさんの場合:出会い系で知り合ったS女に射精管理される

出会い系でいい感じになったS女様。

今度会おうってことになって一週間前から射精禁止を命令された。

もちろんオナニーも禁止。

一日目、二日目は余裕だったけど、三日目から少しずつ辛くなってきた。

もう最終日はおしっこするのも大変だったくらいだ。

毎日、S女様に射精できなくてキンタマがパンパンです。って報告するのが恥ずかしいけど、楽しかった。

そして当日。

女王様と待ち合わせて、ホテルに行くまでも変な動きをしてしまうくらいに暴発寸前だった。

女王様は思ったよりもおっぱいが大きく、セクシーな恰好で、これからに期待しまくっていた。

ホテルに到着。

服を急いで脱いでいると、S女様も服を脱いでいた。