ソフトSMで募集が多いSM王道サイト

最新の記事

M男は乳首、絶対乳首。乳首沼にハマったM男が乳首の魅力を語る

こんにちは。
M男のプレイといえばどんなプレイを想像しますか?
言葉責め、焦らしプレイ、SMプレイなど色々なプレイがあります。
今回はその中でも乳首プレイを紹介します。
男の乳首責めって変態的に聞こえるかもしれませんがM男界隈では割と代表的でもあります。
僕自身が乳首に目覚めたきっかけとなる実体験を元にした体験談も後半に載せています。
よかったら読んでみてください。

M男なら乳首でイクべき

M男はとにかく女性に責められたいと思っています。
女性に責められてイカされることが何より快感です。
でも世の中のほとんどの女性ってMなんですよね。
セックスがMとMでは全く噛み合いません。
必然的に世の中の女性に必要とされるのはS男性です。

しかしそんな需要の少ないM男を求めるS女性も少なからずいます。
S男性を求める女性がSであればあるほど喜ぶように、S女性もM男性はよりMである方が喜ばれます。
乳首プレイは自分のMっぷりを見せつけるのにとても効果的なプレイ。
乳首でもイケる男はS女性にとってとても特別な男に映ります。

乳首でイケるメリット

pn064_221006002
乳首イキができるようになれば色々ないいことがあります。
どれも性生活が楽しくなるものばかりです。

乳首は何度でもイケる

乳首には射精というものがありません。
乳首で絶頂することができれば何回でもイクことができます。
女性に何度もイカされるというのはM男の憧れとも言えると思います。

オナニーの幅が広がる

オナニーは射精すれば終わりです。
しかし乳首でもイケれば射精の前後でも乳首で感じることができます。
乳首でオナニー(チクニー)しながらペニスをシゴくというテクニックもあります。

S女性に必要とされる

S女性はM男を求めます。
世の中にS女性が少ないようにM男性もまた少ないんです。
出会いは多くはないしモテないかもしれませんが、M男は確実に需要があります。

1回のプレイ時間が長くなる

オナニーでもセックスでも乳首プレイができるようになれば、プレイを長く楽しむことができます。
セックスが淡白でつまらないと感じている人にも乳首はおすすめ。
パートナーにSっ気があれば挑戦してみるのもいいかもしれません。

乳首イキのデメリット

tikubi
乳首はペニスと違ってすぐに快感がわからないことも多いです。
それが乳首プレイがあまり一般的にならない理由でもあります。

乳首の感度には個人差が大きい

乳首は普通に生活しているとあまり触る場所ではありません。
そのため基本的に刺激に慣れていません。
乳首を触ってもくすぐったいだけという人も多いです。
感度が低い人は楽しさが全然わからない場合もあります。

感度を上げるためには開発が必要

乳首で最高に気持ちよくなるためには開発が必要です。
特に絶頂できるレベルまで達するにはある程度の期間が必要になります。
しかし乳首の快感さえ知ってしまえば、日常的に乳首を触りたくなってきます。
開発というとハードルが高く感じますが、要は乳首を触り続ければいいだけではあります。

乳首が黒くなったり大きくなる可能性も

これは聞いたことがあるかもしれません。
都市伝説のようなものだと思っていました。
しかし乳首に刺激を与え続けていると、メラニン色素がどうとかで多少黒くなる説が濃厚です。
メカニズムについては詳しいことは忘れたので、興味のある方は調べてみてください。

目指すべき乳首プレイのゴールとは?

samune344
乳首は射精という明確なゴールがあるペニスと違います。
では乳首プレイはどこを目指すのが正解なのか?というお話です。

オナニーの快感増幅

まずは上のほうでも少し書きましたが、ペニスでの普通のオナニーに乳首をプラスする方法。
乳首の快感を全身で感じつつ、下のほうでもイキます。
下半身だけの快感に上半身も加わるのでオナニーがさらに気持ちよくなります。
特に感度があまりよくないうちは乳首の快感が脳に伝わるので効果的です。
これがいちばんかんたんな乳首のフィニッシュ方法です。

ノーハンド射精

ノーハンド射精とは手を使わずに射精することです。
乳首で射精するので別名「チクシャ」。
乳首の快感に耐え切れなくなってチンポが暴発するようなそんな感じです笑
ペニスに手を触れずに射精するなんてこんなにファンタスティックな光景はありません。
しかしノーハンド射精は乳首系AVでもあまり見かけません。
乳首系AVもだいたいペニスへの刺激でイッてるんですよね。
ということで難易度は高いです。

ドライオーガスム(メスイキ)

ドライオーガスムはある意味乳首プレイの最終目標というべきゴール。
射精をせずに乳首の快感だけで女性のように絶頂するというイキ方です。
これができるようになると女性のように何回も乳首で絶頂することができます。
M男にとって夢のような話です。
しかしこれも特殊なイキ方なので難易度は高いです。
AVとかたまにありますが、見てもドライオーガスムって内部的なことなので全然わからないんですよね。
「なんか気持ちよさそうだな」ぐらいしかわかりません。
身体を貫くような絶頂という見えない部分の話なので、乳首でこれができる人はなかなかいないのではないでしょうか。

M男なら乳首を開発しよう

chikuni-
乳首で快感を得るためには開発はとても効果的です。
乳首の開発方法は特に難しいものではないので、すぐにでも挑戦することができます。
やり方やコツの紹介です。

日常的に愛撫する

まずは基本にしていちばん大切なのがこれです。
先にも書きましたが乳首は刺激されることに慣れていない部分です。
そのため「刺激」という教育が必要です。
やり方は指で乳首を気持ちいい感じに触るだけでOKです。
素肌と服の上からでは快感のタイプも違うので両方やってみましょう。

道具を使う

乳首開発には様々な道具が使えます。

・電マ・バイブ
・乳首用ローター
・ニップルクリップ
・乳首吸引ポンプ
・塗るタイプの媚薬

アダルトグッズならこういった物が使えます。
また、日用品にも乳首開発に使える物があります。

・洗濯バサミ
・綿棒
・筆(フェザータッチできる物なら何でも)
・電動歯ブラシ

イキやすくするためのコツ

特に重要だと思うのはイメージです。
乳首で感じるのは女性というイメージが強いので、自分を女性だと思い込むとイキやすくなったという人が多くいます。
他にも「S女性に責められている」というイメージもいいかもしれません。
イメージしながら乳首に全神経を集中させてみましょう。

乳首責めされた体験談

以下は僕自身が乳首に目覚めるきっかけとなった体験談です。
よかったら読んでみてください。

飲み会の帰りに二人で

yopparai
カナちゃん(仮)は酔っていた。
飲み会の帰り、僕とカナちゃんは電車の路線が同じだったので駅まで一緒に歩いていた。
するとカナちゃんは駅近くになってカラオケの看板を見つけ、「カラオケ行きたい」と言い出した。
「えっ」と思ったが家に帰っても寝るだけだし、特に断る理由もなかった。
まあまあ酔ってるけど大丈夫かな?と思いつつ、受付を済ませてとりあえず部屋に入った。

Tシャツの上から乳首を触られる

カナちゃんは結構酔っていて唄う気にもなれないのでなんとなく話していた。
カナちゃんは僕にやけにボディタッチをしてきた。
そして乳首を触られた。
服を着たまま乳首を触られた僕は敏感に反応した。
僕の反応を面白がったカナちゃんはどんどん乳首を触ってきた。
サワサワした感触に僕は声が漏れていた。
「痴女…」僕はそう思った。
カナちゃんは痴女だった。
酔っているカナちゃんはそのまま乳首を触り続けていた。
僕はどうしていいかわからず「気持ちいい…」とか言っていると、カナちゃんは僕の服をめくってきた。
男の服の下はすぐ乳首だ。
カナちゃんは僕の生乳首を1ミリの迷いもなく触ってきた。
恥ずかしさと感触に僕は興奮しまくり「ああ…」とばかり言っていた。
「すごい反応するじゃん。絶対Mでしょ?」

パンツ一枚のまま乳首を責められる

僕は服を脱がされパンツ一枚にされた。
カナちゃんは乳首をガンガン責めてきた。
両乳首が指先で弄ばれる。
チロチロした快感に僕は「ああっ」と何度も情けない声が漏れてしまった。
パンツ一枚の下半身はビンビン、乳頭も勃起してビンビンになっていた。
膨れ上がっているパンツをカナちゃんは時々チラリと見た。
「M男くんだ」
カナちゃんの乳首責めのテクは凄かった。
「こんな責め方されたら誰だって乳首に目覚めちゃうんじゃないか?」
今ではそう思っている。
カナちゃんのおかげで乳首に目覚めたM男が他にもたくさんいるかもしれない。

カナちゃんは乳首を舐める時も片方の乳首を愛撫してきた。
舌先のねっとりした快感と指先の乾いた快感の同時多発快感。
僕は身体をくねらせていた。
乳首はどうあがいても小さい。
どれだけ乳首の大きな人でもそれは所詮乳首レベルの話。
こんな小さな所でこんなに感じている自分が恥ずかしくなってくるが抗えなかった。

乳首責めされながらのフェラ

tikubifera
パンツの中身を見たくて仕方なくなったカナちゃんは僕のパンツを脱がせた。
幽閉から解放され自由になったチンポがその勢いでブランと揺れた。
「わお」
カナちゃんは乳首を責めながら頭を下半身に移動させてチンポをくわえ出した。
乳首責めしながらのフェラ。
乳首の快感でガクガクする下半身をカナちゃんがくわえて離さない。
腰ガクガク浮く。
その動きはちょうどカナちゃんの口にピストンをするような形になっていた。
上から下から襲いかかる快感に僕は身悶えしていた。

「ああ…イキそう…」

僕がそう言うとカナちゃんは口に含んでいたチンポをズポッと離す。
そしてまた乳首責めに戻る。
こんなことが延々と繰り返され、僕は何度めかの乳首責め×フェラでイッてしまった。

真っ白な熱い液体がカナちゃんの口の中で出た。
カナちゃんは「イッちゃった」と言って口からザーメンを滴らせていた。
「気持ちよかった?」
「最高…」

カナちゃんはネチョネチョのそれを指に絡めて僕の乳首に擦り付けた。
擦り付けられた白いザーメンはゴッホの名画、星月夜のように見えた。

それから

乳首責めされている男の姿は結構情けない。
大人っぽくてかっこいい人を外で見かけると「この人も実はM男なのかもしれない」と思うようになった。
乳首舐められてはぁはぁ言っているのかもしれない。
そう思うとなんか嬉しくなってしまう。

まとめ

長い人生でもなかなか陽の目を浴びることのない男の乳首。
この体験がきっかけで僕は真剣に乳首を開発してみようと思いました。
あなたがM男ならあなたも絶対乳首で感じるようになれるはず。
乳首でイクことができれば、S女性も喜んでくれるのでかなりおすすめです。

真性M男専科