拘束・緊縛プレイはセーフ・ワードは必ず必要!その理由とセーフ・ワードの決め方

M男の心得

マゾカスタム

緊縛プレイをするにおいて注意しなければいけないことが沢山あるのを知っていますか?

このネット社会、ネットで検索すると様々な緊縛方法がいとも簡単に手に入ります。
だからそれを元に興味本位で本格的な緊縛をしていく若者が増えてきているのです。
車と同じで車を運転する人が増えれば事故が増える…と言うことは緊縛をする人が増えれば事故も増えるのです。
緊縛というのはもはや伝統芸能、初心者がネットを見るだけで簡単に習得できるものではないのです。

かの有名な緊縛師も師匠がいて、その師匠に縛られることでその技を盗んだと言われています。
つまりは緊縛をする側も緊縛をされてみないとわからないことだってあるのです。

とは言っても気軽に師匠に弟子入りなんてできないのが現実ですよね。
少し慣れた方でも初めて緊縛をするときは緊縛される側の人によって体調や体格によってかなり差があるので思わぬ事故が起きてしまう場合もあります。
そんな時におすすめななのが「セーフワード」です。

セーフワードとは危険だと察知した時や嫌だなと思った時などに言える、2人の合言葉のようなものです。
合言葉があることで、万が一の事故などが未然に防げる場合があります。

【なぜセーフワードが必要なのか】

セーフワードが必要な理由についてですがまずは緊縛時に起こり得る簡事故について簡単にお話をしていきましょう。

縛られた先が紫色になる

こちらはチアノーゼという症状で、血の流れが極めて悪くなったり、血液中の酸素濃度が低くなったりするときに生じる症状です。
縛られた本人には自覚症状がない場合もあるので紫色に肌が変化していたら速やかに緊縛を解き、マッサージなどを行なって、血のめぐりを良くしましょう。

手足のしびれや感覚麻痺

縛られている時に若干手や足の縛られているところがしびれてきて、それをそのままにしておくと手や足がマヒしてしまい、感覚がなくなってしまうことがあります。
これはたとえ回復したとしても100%回復するわけではなく、何十年たってもたまに力が入らない場合があります。
もし感覚がマヒしてしまった場合は早急に、血の巡りを良くするためにマッサージと、マヒしてしまったところを温めてすぐに病院に行くことが大事です。

過呼吸

精神的な不安や恐怖から過呼吸になることもあります。
この場合は紙袋やビニール袋などを口と鼻に当て、しばらく安静にすることで落ち着いています。
緊縛に対しての恐怖心がなくなるように軽い拘束などから始めることをおすすめします。

血栓症

血の塊ができやすい人は血栓症にも注意しなければいけません。
簡単にいうと血が固まってしまってそれが緊縛を解いた時に脳まで流れていき、最悪の場合脳梗塞や肺塞栓症になってしまう。
震災の際に話題になったエコノミークラス症候群と同じ状況が緊縛でも起こってしまうという恐ろしい結果になってしまいます。
予防としては緊縛前に水分を良く取っておくことですが完全に予防できるわけではないのでご注意を。

もっと沢山、緊縛時に起こり得る事故はありますがこれらを放っておいたり、そのまま緊縛を続けていったりすると大変なことになります。
最悪の場合、死に至ることもありますし、そうでなくてもTwitterなどのSNSで「緊縛事故」と調べてみてください。
きっと思っているより沢山の方が緊縛事故に遭ったことがあるとツイートを見ることになると思います。
その中には何十年たっても手の麻痺やしびれが治らないという方もいらっしゃいますのでそうならないためにもセーフワードというものは必要です。

セーフワードには具体的にどんなワードがあるのかを調べてみました。

【みんなが決めているセーフワード】

色で伝える

欧米で多いようなセーフワードですが国内でも風俗店などで使用されることが多いセーフワードです。
基本的には「青」「黄」「赤」などの色の名前を発するだけですぐに緊縛をやめるということがあるみたいですが、欧米ではご主人様や女王様が「お前は今何色だ?」と質問をし、「今は青です」と答えていき、それを繰り返しながら緊縛を行うと言うやり方もあるみたいです。
青が全然大丈夫、黄色がちょっときついかな、赤が今すぐ縄を解いてほしいみたいな感じで色を決めて行うことがいいかなと思います。

行為に全く関係ないことを言う

「ピンク」「バナナ」「ドア」など、緊縛やSMプレイに全く使用しない言葉を発することによって「あ!今結構やばい状況なんだ」と縛り手が理解できるよようにする方法。
こちらが多分、一番多い場合ではないかなと思います。

場が完全にしらける言葉を言う

欧米では「aardvark !」と叫ぶこともあるみたいですが意味は「ツチブタ」と言う意味です。
確かに完全にばが白けてしまいそうですよね(笑)
でもこうした言葉を言うことによって場の雰囲気をぶち壊して助けを求めると言う点もあります。

以上が調べてみて多かった例えや面白いなと思ったことでした。

セーフワードを決めるにあたって注意することはワードセンスです。
「いや」や「無理」「もうだめ」と言う言葉を使用すると、行為の中でも発しそうな言葉ですしどれが本当にダメな時のサインなのかわかりませんよね。
もしこのような言葉を設定する場合は何回か繰り返して言ったりするなど、様々な工夫が必要になります。

【セーフワードの決め方】

セーフワードはどうやって決めているのか気になりますよね?
先ほど紹介したセーフワードを使用するのもいいですがやっぱり2人だけの合言葉にしたいと思うこともあるでしょう。
セーフワードを決める時に重要になるのがそのワードの長さです。

例えばことわざのようなものやセリフのようなものをセーフワードに設定した時に、苦しかったり声を発するのが難しい場合には大変困難な作業になってしまいます。
そのまま気づかずに緊縛を続けていると上記でも紹介した通り大変なことになってしまいます。
だからセーフワードはできるだけ短く、言いやすい言葉がオススメです。

あとは恥ずかしい言葉なんかもあまりおすすめしません。
縛られている方が恥ずかしがり屋さんな場合、言えなくて我慢してしまう場合もあります。
これは羞恥プレイではありませんし、相手の性格などを考えてセーフワードを決めることも重要です。

【まとめ】

セーフワードについて話をしていきましたがどうでしたでしょうか?
2人の今後の関係や自身の体のためにもセーフワードは大変重要な役割をする言葉だと思います。

今回ネットでセーフワードのことを検索する中で元女王様と緊縛後の事故のために慰謝料を請求すると言った事例もありました。
そこまで大ごとにならなくても病院代を縛り手が負担しているということも実際沢山あります。
なんだかそう言うことになるとお互い気分も悪く、どちらもトラウマになってしまって緊縛に打ち込めなくなってしまいそうではないでしょうか?
大事なパートナー、そして自分のことを守れるような関係性で緊縛を楽しむのが一番素敵な関係ですよね。

そう言ったことも含め、予防という形でセーフワードを是非決めて緊縛プレイを行なってみてください。
緊縛の方法を教えてくれる講習や緊縛に潜む危険を学ぶことができる教室も実際に沢山存在しますし、緊縛に関する本なんかも沢山の種類のものが出版されているので事前に調べてみてはいかがでしょうか?
みなさんが楽しく安全にプレイできることを願っております。
今回もご愛読ありがとうございました。