SMプレイのリスクの一つ緊縛の危険性。不幸な事故を防ぐために絶対知っておきたいこと!

SMを楽しむための情報

女王様とチャットで調教

SMプレイと事故は切り離せないもの。マニア性を追求すればするほど危険性は上がっていきます。

SMプレイが好きな人ならば一度は経験したい緊縛プレイ。緊縛はプレイを盛り上げる調教としてやってみたいプレイ上位ですが、危険度の高いプレイでもあります。
安全に緊縛を楽しむためにもその危険性を知っておくのはとても重要です。
今回は緊縛プレイの危険性を上げてみようと思います。

どんな緊縛が危ないのか

宙吊りの緊縛

緊縛の中でももっとも危険な宙吊り緊縛。特に逆さ吊りは危険度MAX。人を吊るすという縛り方は調べてもあまり出てこないのが見よう見まねでやってはいけないということなんだと思います。
緊縛の中でももっとも練習が必要で危険意識を持って取り組まなければいけません。
「吊るす」という縛りは絶対に初心者がやってはいけないし、緊縛師などちゃんとしたプロに教えてもらってもあまりやらない方が安全だと思います。

片脚や片手を上げての緊縛

関節が外れやすくなったとか痺れて感覚がおかしいというようなことが沢山上がっています。片脚上げに限らず全ての緊縛に共通することです。わりと簡単に出来て調教のしやすい姿勢となるところに危険が隠れています。
アンバランスな姿勢で少しの時間過ごすことになります。全身に痛みを感じたり、無茶な調教で気分が悪くなったり体を悪くしたりすることもあります。

関節や筋を痛める

吊るしたり上げたりする以外にもふさいではいけない血管に当たっている、関節を無視している、筋肉の付き方を理解していないといったように無知である人が緊縛をすると簡単な結び方でも思わぬ事故につながることがあります。
とくに長時間同じ姿勢・同じポーズを取らせるのは危険です。腕を曲げっぱなし、足を固定しっぱなしなど人は同じ姿勢やポーズを長時間取れるような体のつくりをしていません。ただでさえ体に負担がかかっているのに、縛るということで血流を悪くし、筋肉にダメージを与えています。

初めての人を縛る

緊縛されるのが初めてという人を縛る時は特に注意が必要です。初めてなので縄の気持ちよさを感じにくく、体の痛いや気持ちいいという反応をキャッチしにくい人もいます。また違和感を感じていても縛られているからそう感じるだけかもしれないと体の信号を気にしない人もいます。(実際には大きなダメージを受けているのに未経験の事柄に危険と安全の境がわからない)
力の入れ具合を考えたり、体の弱い部分(関節や皮膚の柔らかいところ)を縛るなど十分に注意が必要です。
力加減を知るには練習と感覚が必要です。

慣れている人を縛る

慣れている人なら絶対安心なのか?といえばそんなこともありません。初めての人よりも縛る相手への安心感はありますが体を壊してでも気持ちよさを求める人もいれば、これぐらいならまだいけると少し無理をする人もいます。
一度事故や怪我をした人は慎重になることもありますが、それにもかかわらず縄の気持ちよさを求めてしまう人もいます。感覚的に壊れている人は事故につながっても止められない中毒症状にも似た人もいるので縛る方も注意が必要です。

事故エピソード

緊縛に酔いしれたM女性

緊縛が好きだと、手や足の痺れに気付きにくいということがある。

毎日のように緊縛調教を受けていた。
S男性は緊縛をする前には体の状態を聞き、縄をほどき終わった後も状態を確認していた。
M女性は少し痺れはあるものの、数時間でしびれが引くため特に気にしていなかった。
しかし、毎日のように緊縛をされているある日のこと、調教が終わって縄を解くと手が動かない。力が入らない。指が動かせない。
でもこれもいつものように数時間したら痺れも消えていつも通りに戻るだろう。そう確信しきっていた。
M女性の予想とは裏腹にしびれは治まることはなく感覚が戻らない。
縛っていたから血流が悪くなり感覚がないだけかもしれないと、手を温める。それでも違和感が消えず、湯船に浸かる。
それでもおかしい。そこで初めて “ヤバイ!” と感じる。
そして病院へ駆け込んだ。

緊縛を続けて受ける、長時間縛られるということはとても体に負担がかかります。それもわからずに自分の快楽の為だけに続けてしまったM女性。
病院で長い期間をかけて治療を受けることになりますが、ちゃんと完治。
その後も「緊縛はやっぱりやめることが出来ない」と続けているようですが前よりも危機意識はもって調教を受けているようです。

初めての吊るしに挑戦した女性

緊縛事故は、神経系だけではありません。

吊るしの緊縛を初めて受けた女性。
ある程度緊縛経験があるので吊るしも長時間じゃなければ大丈夫だと簡単に思っていた。
緊縛をする相手は自分のSMパートナー。今までに緊縛でけがをしたことは無いし安心しきっていた。
いつものように身体を縛りいよいよ吊し上げる。ドキドキと緊張が走りいつもにはないスリリに興奮していた。
初めは横向きになり吊るされ、いちゃいちゃしたあと仰向きに変更しくるくるまわされた。ショーや動画などでよく見る光景だ。
縛る方も女性もすっかり気持ち良くなり、一旦降ろして今度は結び方を変え足を開いた状態でまた吊し上げた。丸見えの股を弄られ調教の締めくくりをした。
長時間の調教で満足した二人は疲れたのか少し注力散漫になっていた。
そっとほどいて降ろすはずの女性をガタンと尻もちをつかせて降ろしてしまい女性はダメージをくらう。また手は後ろ手に固定して縛り、足は片脚ずつ縛っていたので関節や靭帯を痛めてしまった。
体が痛いのは尻もちをついたからなのか調教なのかわからずにいたが体が言うことをきかないのはおかしい。
抱きかかえられるように病院に行く。
足首を痛めて捻挫、尾骨の打撲、人体損傷など思わぬ大きな事故に繋がった。

安心している相手でも完全に油断するのは禁物です。プレイ中では「言いにくい」とか「まさかこの人がそんな適当なことをするはずがない」という人もいますが危険を承知で行っていることなので何よりも安全を優先するべきです。
ましてや長時間の縛ったまま、吊るしたままの緊縛は危険です。

慣れという危険性

人は慣れている作業には頭をあまり働かせず感覚で行えてしまいます。その油断が危険へと繋がるのです。慣れているプロであっても事故を起こします。
緊縛事故は本当によく起きています。
楽しさや快楽という感情を優先して、体の危険信号を見逃すことがないように緊縛プレイを楽しみたいものです。

緊縛を行う前には

・経験は有るのか無いのか
・経験者なら今までに緊縛をされてどうだったか?
・縄をほどいた後の体の状態はどうだったのか?
・緊縛する時は、その日の体調はどうか?気分はどうか?どこか痛めているところはないか?
ということは最低限でも確認しましょう。

終わりに

このように「緊縛」というものは「縛る」という知識だけではなく「人体」のことも少しは理解していないとできない難しいプレイです。
十分すぎるほど安全確認をして、その人の体の状態を知ることは基本中の基本です。
事故を起こしてから、こうなるとは思わなかった。知らなかった。では済まされません。
緊縛を楽しむなら、その危険性も理解したうえでしっかりとした知識を持ってプレイをしていきましょう。