オナホを使ってSな女の子に何度も強制射精させられた嬉し恥ずかし体験談

M男の心得

俺には友達以上恋人未満の関係の女友達、ゆり(25歳)がいる。

元は、大学時代のバイト仲間で気が合う事もあってバイト辞めた後もちょくちょく会っていた。

そんなゆりに同性の友達と話すノリでついぽろっと、「俺、オナホ使った事ないんだよね」と言ってしまった日の事だった。

「え~!○○くんオナホ使ったことないの?男の人ってそういうの一度は使ったことあるのかと思ってた(笑)」

「ないない。気持ちいいとは聞くけどさ」と答えると、ゆりはすっごい食いついてきた。

「ふ~ん(笑)気持ちいいなら試してみたら?それに今、○○くん彼女いないじゃん(笑)」

ニヤニヤしながらバカにするような目でこっちをみるゆり。

それについ釣られてしまって、半ば冗談「じゃあオナホ試してみたいからゆり付き合ってよ」と言ってしまった。

一瞬ビックリした表情を見せたゆりだったが、すぐにニコッとして「いいよ♪」とOKをもらった。

そのまま流れで、タクシーに一緒に乗り込んで途中ドンキでオナホを買ってラブホへ。

道中、楽しそうにしているゆりとラブホに近づくにつれ緊張している俺。

だって普通、オナホ使いたいから付き合ってなんていわないだろうし(笑)

色々考えている内にラブホに到着して早速部屋へ。

「じゃあとりあえず舐めてもらおっかな。いいよね?」

そう言いつつ俺はズボンとパンツを脱いで、チンコを曝け出す。

「いきなり(笑)けどいいよん♪」とゆりはちょっと驚きつつも、フェラしてくれた。

まずはフェラくらいしてもらわないと(笑)

しっかし、これがまたゆりはフェラはなかなか気持ちよくて、上手い具合にチンコに舌が絡みついてくる。

001

「ん・・・じゅる・・・ちゅ、っは・・・」

いやらしく舐めるゆりはいつもと違いセクシーに見えて、このままじゃ逝っちゃう勢いだ。

「ゆっ、ゆり・・・ちょ、ちょっと・・・ストップ」

俺は気持ちよさのあまりうまく声が出せずにいた。

SM体験談, 強制射精

Posted by mazotown