BARで本物S女に出会う為のチェック項目10ヶ条とは?

SMを楽しむための情報

マゾカスタム

学生から社会人になると一日の生活が激変する人は多々居るものです。
毎日講義を適当に聞き流したあとは、昼間から自由な時間を酒と女で埋め尽くすなんて人が昭和や平成には多々居たと思います。

しかしそんな生活も社会人になると不可能で、毎日遅くまで残業をして毎晩職場の近くの立ち呑み屋でくだをまいているという人も多そうです。
そしてそのような生活を何十年も続けてきた結果、酒と女で遊ぶというより酒と女に遊ばれるだけのみじめな一生を送っているおじさんも多いでしょう。

妻も彼女も居ないどころか女性との接点すら全く持ち合わせていない人も居るかもしれません。そしてそんな人生を長く歩んでいるのはとてももったいない話です。
そこでそんなみじめな人生を大変革するために必要なことは、まずは普段のプレイべートタイムでの遊び方を改めることだと言えるでしょう。

たとえばあなたが普段訪れる呑み屋を、おしゃれなBARに変えるだけでも人生は大きく変化します。
ただおしゃれなバーに着ていくための服すらないという、今どき学生ですら言わないような恥ずかしいことまで言ってしまうくらい追い詰められたおじさんも多いかもしれません。

ですからそういった、とにかく自分は非モテな人生を歩んできた気持ち悪いおじさんだと自覚しているタイプの男性は、BARはBARでもSMBARに通うのがお勧めです。
SMをテーマにしたBARはそのアブノーマルな見た目から多くの人に敬遠されているタイプのお店だと思いますが、しかし同時にそれはたしかにアブノーマルな人たちには居心地の良い場所でもあります。

ですからダサいブサいウザいの三拍子が揃った誰にも相手にされないダメマゾ男であれば、むしろこういった場所では世間の評価と反対に高い評価と多くの人脈を得ることができるかもしれません。
実際SMBARに通いだしたことで自分自身のマゾ男としての才能と喜びに目覚め、本物のマゾ男として女王様に平伏す日々に満足できるようになったという人は多いのです。

そこで今回は実は何かとダメな男に優しい仕様のSMBAR等で、本物のS女と出会って遊ぶために必要な項目を10個ほどご紹介していこうと思います。

被虐に悦ぶ感性

サド女王様と出会うためには第一にマゾヒストとしての素質が必要になります。
たとえば他人に暴言を吐かれたり悪意を向けられた場合に怒りや悲しみが湧く人は論外です。

あくまでそれらが一瞬湧いたとしても、最終的にはその被虐の体験に対して利益や喜びを感じられないといけません。
そのような悦びを理解できるのであればあなたはマゾとしての素質があるということであり、それさえあれば時間と労力を賭けさえすれば女王様との出会いはいつか叶うと思います。

卑屈な精神

誰かに何かを指示されたらそれに脊髄反射のようにすぐに何かを実行してしまう。
そんな人はある種の病人として捉えられてしまうかもしれませんが、とにかく誰かに媚びて誰かの意志に歯向かわないように徹底する、卑屈な精神というのはS女との出会いに必須でしょう。

いきなりBARでこれをやれとS女に言われて、どうして俺がそんなことを、などという普通の返答をしているようではマゾヒストとしては失格です。
誰にでもなんにでも卑屈になって、自分なんかノミの価値もないと普段から心がけることが大切です。

いつだって笑顔で

JPOPでも頻繁に謳われているように、笑顔で居ることはマゾヒストにとっても極めて大切なことです。
それもその笑顔が多くの人に不快感を与えるような、とびきりの気色悪い笑顔ならなおさら高評価が得られることでしょう。

どのような激しいSM調教を受けても常に笑顔で居られるような人はSM女王様にとってウェルカムですし、普段からキモイ笑顔をしている男性は拷問を加えて弄ぶには最適な人材です。

ウザい口調や性格

普通ならウザい口調や性格をしている男性は社会の底辺に追いやられます。
しかしSM業界でマゾとして生きることを決心したような人は、むしろその底辺に進むように生きていくと良かったりします。

なぜならウザい男はSM女王様にとってハードなSM調教をするかいのある人物ですし、サドとマゾの関係を長く良好に保ちやすいパートナーと見なされるからです。

醜悪な見た目

あなたがハゲでデブでメガネで毎日ヨレヨレで埃だらけのタンクトップを着ているなら、老若男女ほぼすべての人があなたを醜い人と呼ぶでしょう。
そしてそんな醜い見た目の人がSM調教で攻められている光景はある意味美しいものなので、SM女王様はそんな醜い男性をよく求めていたりするものです。

個性的な見た目と言動

アクの強い見た目や言動はSM女王様に好まれやすいものです。それは平々凡々としたペットより個性的なペットを好む人が多いのと同じです。
自分だけのオリジナルなスレイブが欲しいと願うのはよくあるニーズなので、オリジナリティ溢れるマゾヒストはサディスティックなウーマンたちにベストなチョイスです。

とにかくハイテンション

テンション低めで落ち着いた性格の人はマゾヒストに向いていないかもしれません。
それはSMプレイの多くがテンション高めでないとドン引きしてしまうくらいにひどい内容が多かったりするからです。

それも自分が相手を攻めるのではなく、逆に攻められることが多い場合は、そのテンションに陰りがあるとまともプレイを続行することすら叶わないでしょう。

実は必要な教養

マゾがサドな女性に好かれるためには、ある程度の教養を必要とします。
どれほど醜くてKYで愚かな男に見えても、その奥底には芯の通った教養がなければSMパートナーとして受け入れられにくいでしょう。

みんな馬鹿だから馬鹿な自分も安心して楽しもうと思っていたら、実はそんな風に考えている馬鹿は自分だけだったなんてことはよくある話です。

地道に続ける根気

なにごとも飽き症な人はそれをものにすることなくやめてしまうものです。

SMプレイのための出会い探しだって同じです。なにかと理由をつけてすぐに物事をやめてしまう人にはマゾヒストすら向きません。

あくまでSMはSとMの協力関係が大切なのだということを肝に銘じ、毎日根気よく相手と良質なプレイを目指していく姿勢がとても大切なのです。

最も大切なのは行動力

SMBARなどで本物のS女と出会うために最後、10個目に挙げられる大切なことは、行動力を持つことです。
BARに出向くのは緊張するという人なら、まずは今すぐ誰にも顔を見られずに始められるSM専門出会いサイトの利用を始めてみるのも良いでしょう。

今回学んだ10個のチェック項目を丸まる反転した特徴を持つS女性を探してみるのも、あらゆる場所でSM女王様と上手く出会うためにとても大切なことだと知っておくと損はないと思います。

マゾヒスト, 性格

Posted by mazotown