まさにクンニ地獄!いや天国?顔面騎乗で強制クンニさせられ続けた体験談

M男の心得

マゾカスタム

pn064_190809_001
僕の目の前に現れたのはお尻の大きさが際立つ女王様、ルリコさんだった。

ルリコさんとの始まりは一週間前、マッチングサイトでの事。
『従順で顔面騎乗が好きなM男募集。初心者でも可』
経験こそあまりないものの顔面騎乗に興味があり、従順さには自信のあった僕は、この書き込みに思いきってメッセージを送ってみた。
『初心者ですが、僕を顔面騎乗奴隷として調教してください』
これがきっかけで一週間後にルリコさんと出会う事になる。

初対面はまず簡単に食事から。31歳の僕より3つ年上のルリコさんは芸能人でいうと女優の波瑠に似た雰囲気の女性で、気さくに話をしてくれた。
正直に言うとあまりSっぽい雰囲気は感じられず、本当にS女なのかな?という印象だった。

食事を済ませた後はそのままホテルへ。
部屋に入った瞬間、ルリコさんの雰囲気が一変した。
「じゃあ早く準備してね」
「へっ?」
「奴隷に服なんて必要ないでしょ?マヌケな返事をする余裕があるならさっさと服を脱ぎなさい」
食事の時には感じなかったSの雰囲気が言動から露わになり、ああこれから調教が始まるのだ。と僕は気持ちを引き締めた。

「奴隷の挨拶はした事ある?」
急いで服を脱ぎ、全裸になろうとしているところでルリコさんはこう言った。
「ありません」
今まではセックスの延長線で女の子にイジメてもらうようなプレイばかりだったので、挨拶というのはした事がなかった。怒られるかなと思ったけれど、嘘を吐いても仕方ないので僕は正直に答えた。
「じゃあ全裸になったらそこに正座して座りなさい」
と、ベッドに腰掛けているルリコさんは自身の足下を指さした。挨拶の経験がない事を咎められる事はなかったので、最初に初心者だと言っていてよかったのかもしれない。
僕は言われた通り、全裸になるとルリコさんの足下で正座した。

「とりあえず自分で奴隷の挨拶だと思う挨拶をしてみて」
僕は戸惑った。普通の自己紹介や挨拶でさえあまり得意とは言えないのに奴隷の挨拶とはどんな風にしたらいいものか。
「早く」
言葉に詰まったまま考え込んでいるとルリコさんから催促の言葉が飛んでくる。僕はとりあえず当たり障りのない挨拶をした。
「僕の奴隷調教をよろしくお願いします」
「つまらない」
言い終えると同時に却下された。
「あんたは顔面騎乗が好きな変態でしょ?変態らしいさが伝わる挨拶をしなさい」
変態らしい挨拶と言われてますます困ってしまった。それでも何か絞り出さないといけない。
「顔面騎乗が好きな変態奴隷に調教をお願いします」
ルリコさんに言われた事をほぼそのまま伝えた形になってしまったが、挨拶下手な僕にとってはこれが精一杯だった。
「…まぁいいわ」
私が言った事そのままじゃない、やり直し。と言われるかもしれないと思ったけれど意外にも受け入れてもらえた。もしかすると僕にこのような挨拶をさせるためにヒントとして言ってくれたのかもしれない。

「次からは土下座しながら今の挨拶をするのよ。じゃあせっかく私の足下に座っているのだからまずは足への奉仕から始めてもらおうかしら」
そう言いながらルリコさんはスカートをたくし上げた。
「私のパンストを脱がせてくれる?手は使わずに口でするのよ」
「はい!」
僕はすぐさま女王様の腰辺りに口を寄せ、ストッキングのウエストテープ部分を咥えた。
「破るんじゃないわよ」
僕は歯を立てずに唇だけでストッキングを挟みながら徐々に脱がせていく。意外とゴムがキツいので唇だけで下ろしていくのは大変だったけれど、5分ほどかけて脱がせる事に成功した。
「じゃあまたそこにひざまずいて、足の舐め奉仕をしなさい」
僕は差し出された足に唇を這わせる。
「親指から小指にかけて丁寧に舐めるのよ」
「歯を立てないで」
「舌で包むように舐めるの」
「右足が終わったら次は左足」
女王様の指示に従い、足の舐め奉仕を進めていく。
一通り舐め奉仕をしたところで、
「もういいわ」
と女王様の声がかかった。

「じゃあ今度はクンニ奉仕してもらうわよ。念願の顔面騎乗でやらせてあげるから私を満足させるのよ」
「ありがとうございます!」
床に寝そべるように促された僕はすぐに応える。そしてルリコさんの聖器を顔面で迎える準備を整えた。
ルリコさんは僕の顔に向かってゆっくりとしゃがみこむ。段々と近づいてくるルリコさんの聖器に僕の胸は高鳴った。
顔面に着地した瞬間、ルリコさんの聖臭が鼻いっぱいに感じられた。聖水が蒸れたようなムッとした匂いと生暖かい感触に僕の股間はすぐに反応してしまう。
「あんたのチンコは正直ね。早速ビンビンになってるわよ」
ルリコさんは僕の股間の方を向いて座っているので僕の反応はすぐにバレてしまう。恥ずかしい気持ちになりながらも、ルリコさんが僕の股間に注目しているんだと思うと、ますます興奮してしまった。

ルリコさんのお尻で視界は塞がれているものの、舌を使えば聖器の場所はわかる。僕は聖器の輪郭に沿って舌を這わせた。
レロレロジュルジュルジュパジュパ
音を立てながら舐めて吸ってしゃぶり回した。ルリコさんの聖器からは愛液が溢れ出てきて口内は愛液の味で満たされた。
ルリコさんの聖器を顔面いっぱいに感じながらのご奉仕はとても幸せで、夢中になって奉仕をした。
「上手に出来るじゃない。じゃあもっと本格的にやってもらおうかしら」
ルリコさんはこう言うと同時に僕の顔面に全体重を乗せた。ルリコさんの大きなお尻の重みを顔面で受け止める。さっきまでは腰を浮かしてくれていたようだ。
ルリコさんの聖器が僕の顔面に密着する形となり、一瞬にして息苦しくなった。それでもルリコさんに満足してもらうために奉仕を続けなければならない。
しかし、息は長くは続かない。舌を動かす事よりも息をする事が優先となってしまった。

「さっきまでの奉仕はどうしたの?舌が動いてないわよ。私がいいと言うまで奉仕し続けるの。いいわね」
ルリコさんは足で僕の頭を押さえホールドする。頭を動かせなくなった事でますます呼吸は苦しくなった。
「ウグー、ウグー」
堪らず僕は声にならない声を上げてしまう。
「奉仕をサボって無様な声を上げるんじゃない!」
「アウググゥ…!!」
と思いっきり乳首をつねられてさらにみっともない声を出してしまった。
僕が限界だと感じ取ってもらえたのだろうか、ルリコさんは再度少し腰を浮かせ、呼吸を許してくれた。しかしそれはほんの一瞬で、またルリコさんの聖器で口を塞がれた。
けれど、一度呼吸が出来た事で僕は改めてクンニ奉仕に取り組む事ができた。息苦しい事に変わりはないけれど、ルリコさんが身じろぐ際にほんの少し空間ができるので、呼吸をするタイミングが掴めるようになった。
顔面騎乗でのクンニ奉仕を始めてもう何十分経っただろうか、ようやくその時が訪れた。
口に押しつけられたクリトリスを吸いしゃぶっている最中にルリコさんの太ももがけいれんするのが伝わってきた。と同時に聖器がけいれんしてヒクヒクとなるのを顔面で感じた。ようやく、ルリコさんにイッてもらえたようだ。そしてトロトロと口の中に流れ込んでくる大量の愛液。これは奉仕を頑張った僕へのご褒美だと思った。

「もういいわよ、ありがとう」
ルリコさんのお尻から解放され、開放感と達成感で満たされたけれど少し寂しさも感じた。
正直、経験する前に想像していた顔面騎乗とは比べものにならない程苦しくて大変だったけれど、僕はこの後もルリコさんと会うたびに顔面騎乗での奉仕をさせてもらっている。それほど顔面騎乗はクセになる魅力があった。