M男として女王様に満足してもらう射精時間になるための自己鍛錬法

M男の心得

貴方は早漏ですか?遅漏ですか?

射精管理をはじめ、女王様から調教していただく際には、射精を我慢しなくてはいけない場面が多々あります。

初心者M男は、憧れの女王様を前に、耐えきれずすぐイッてしまうこともあるでしょう。
早漏を「可愛い」「面白い」と言ってくださる優しい女王様もいらっしゃるかもしれません。
しかし奴隷たるもの「射精するな!」と言われれば、命令通り我慢できるようになりたいもの。
焦らしプレイや寸止めプレイの際にしょっちゅう暴発していては、シラけてしまいますし自分自身も楽しめませんよね。
もちろん粗相をしてしまった時のお仕置きも嬉しいものではありますが…。

女王様にじっくり楽しんでいただきSM調教を満喫するためには、早漏よりも射精をコントロール出来た方がよいでしょう。

かといって、鈍感で遅漏の奴隷は面白くありません。
ただ遅漏になればいいというものではなく、女王様の命令にきちんと応えられる、我慢強いペニス作りが必要です。

ペニスを鍛えて射精コントロールを習得しよう!

「射精コントロール」という言葉をご存知でしょうか。
言葉通り、射精のタイミングを自分でコントロールできる状態のこと。
早漏や遅漏に悩む男性なら耳にしたことがあると思います。
多くの場合、早漏や遅漏は適切なトレーニングにより直すことが可能です。

また、必要なタイミングで射精をしなければならないAV男優さんは、この「射精コントロール」を習得している方が多いです。

射精コントロールができるようになれば、命令で何度も寸止めさせられたり、たっぷり焦らされた後に思いきり射精したりと、女王様の思うままに弄んでいただくことができます。
そこには今よりもっと強い快感が待っています!

射精コントロールを習得するためのトレーニング方法

まずは自分のオナニーを見直そう

・ペニスが乾いた状態でオナニーをする

唾液たっぷりのフェラチオが気持ちいいように、オナニーの時もローションを使用したり我慢汁を塗り広げて扱くと気持ちいいですよね。
しかし、ペニスを鍛えたいならウェットオナニーは禁物。

ヌルヌルした状態だと敏感になりイキやすくなってしまうため、射精コントロールを習得するためには、乾いた状態でオナニーをしてペニスを鍛えます。

・適度な強度で、スタンダードなオナニーを

オナニーの時に毎回オナホを使用している。
うつ伏せで股間を押し付ける床オナや、足を伸ばした状態でイク足ピンオナニーをしている。
あるいは、非常に強い力で扱いているなどの場合、セックスで射精しにくくなったり遅漏になったりするケースがあります。
アナルオナニーや乳首オナニーも同様です。

射精コントロールを習得するため、また、M男として女王様の前で最高の快感を得るためにも、いつも特殊なオナニーばかりするのは禁物です。

1回のオナニーで3~4回射精を我慢

射精をコントロール出来るようになるためには、射精しそうになった時に我慢することを繰り返すのが基本です。
出そうになってもグッとこらえる寸止めオナニーをしましょう。
1回のオナニーにつき、3~4回程度寸止めしてから射精します。

このトレーニングは早漏治療法『セマンズ法』とほぼ同じ手法です。
『セマンズ法』は自分ではなくパートナーの女性に手淫してもらい、イキそうになったら手を止め休憩してから再び刺激…を繰り返し、4度目で射精するというもの。

このようにトレーニングを重ねていくことで、射精閾値が上昇し、射精までの時間を徐々に伸ばすことができます。

寸止めオナニーの際は間違ったやり方をしないよう注意してください。
間違った寸止めオナニーとは、イキそうになった時にぐっと根元をおさえて精液が流れ出るのを防ぐやり方です。
このやり方では流れ出ることのできなかった精液は逆流してしまいます。
一度や二度ですぐに危険があるわけではありませんが、尿道や膀胱に負担がかかりますので、何度も繰り返すのはやめましょう。
正しい寸止めオナニーは射精しそうになったら手を止めて我慢するだけです。
射精感が落ち着いたら、再び扱き始めましょう。

射精を我慢する感覚を体に覚えさせる

はじめはイキそうなときに我慢するのが難しいかもしれません。
以下の方法を試してみてください。

・金玉引っ張り
射精したくなった時、金玉を下にキュッと何度か引っ張ると、股間の緊張状態がほどかれ射精しにくくなります。
俗に「金玉ブレーキ」と言われます。

・アナルを締める

肛門に力を入れて引き締めることで、射精感が遠のきます。
オシッコを我慢する時を思い出してください。肛門近くの筋肉をキュッと締めていますよね。
射精のときも同様に力を入れると我慢しやすいです。

・鼻呼吸をする

呼吸を整えることも射精コントロールの基本。
興奮すると呼吸が浅く短くなりますが、このとき身体は緊張状態で交感神経が活発になっています。
鼻で細く長い呼吸をすることで、副交感神経が優位になり、射精を我慢しやすくなります。

射精を我慢する感覚を体に覚えさせましょう。

PC筋を鍛える

肛門を締めるときに使われるPC筋(骨盤底筋)は、衰えると尿の切れが悪くなったり中折れしやすくなります。
PC筋が鍛わると、勃起力・持続力が長持ちし、射精コントロールもできるようになっていきます!

肛門を5秒締め、5秒緩める。
これを繰り返すことでPC筋は鍛えられます。
10回をワンセットとし1日に4セット、1日40回を目標に続けてみてください。

早漏・遅漏改善アイテムを使う

コックリング

早漏改善、遅漏改善TENGAがそれぞれありますので、それらを使用してトレーニングするのもよいでしょう。

日常的に使用することで早漏改善が期待できるコックリングというのもあります。
仮性包茎の場合、平常時は亀頭が皮に包まれていますよね。コックリングを使用し普段から露出させておくことで、亀頭がこすれる機会が増え、刺激に慣れて早漏が改善される効果があります。

精神的にリラックスすることも大切

ここまで、射精コントロールができるようになるためのトレーニング方法をご紹介しましたが、早漏や遅漏の原因には心因性のものもあります。
いつも早く射精してしまう…また上手くいかないかも…。というような、性行為に対する不安やプレッシャーが原因で、すぐに射精してしまう、あるいは射精できないといった場合です。

まだ経験が浅かったり、性行為にトラウマのある男性は、そういった精神面からの影響ですぐに射精してしまう、逆に気持ちよくなるもののなかなか射精できない、という方もいるかもしれません。

その場合、まずはパートナーを心から信頼しリラックスすることが大切です。
ガチガチに緊張していてはよいセックスやSMプレイは行えませんよね。

特にSM調教では、女王様を崇拝すると同時に、心を開いて自分の変態性や肉体をすべてさらけ出すことが重要です。

奴隷になった時から自分のペニスは自分のものではなく、女王様のオモチャ、女王様の所有物です。
「自分は女王様に支配されている」「調教していただいている」という意識を強く持つことで、射精をコントロールしたり長時間我慢できるようにもなっていくはず。

射精を思うように我慢できないという方は、まだまだM男としての自覚が足りないかも知れません。

女王様に調教していただきつつ、自己トレーニングも重ねて、M男として日々成長していきたいですね!

Posted by mazotown